FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: O Forninho

訪問: 2019/11/2 12:00
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]2日目のランチは、子豚の丸焼き専門店らしき店を見つけたので試してみることにした。



12:00開店とGoogle Mapに出ていたので、時間ぴったりに出向いたのだが、店頭看板に子豚の丸焼きが描かれてはいたものの、実際の店はパン類を売っているカフェっぽい。



そこの店員にレストランは? と聞いたら、まだ開店していないような事を言われたものの、奥まで確認しに行ってくれてOKとのこと。右側の通路を奥に進むと、真っ当なレストラン仕様の店があった。

スタッフ陣が賄いを食べていた最中だったので、少し待たされたが問題なし。
開店時間は12:30が正解のようだ。



お目当ての子豚の丸焼きは、重量制で30€/Kgとのこと。メアリャーダ[Mealhada]の子豚の丸焼き街道沿いの店よりも2~3割安い価格設定だ。
前にNova Casa dos Leitõesで、ハーフキロと言って頼んだことがあるので、今回もその手で注文することにした。余計なものを食べなければ、一人でも大丈夫だろう。

ドリンクはお決まりのダイエットコーク。
例の、食べたら課金されるパン・オリーブ・パテも一緒に出てきた。



Patê de Leitão(1.50€)

まずはパテだが、子豚のパテという表記だったので興味はあったものの、予想よりも量が多いので手を出すのをやめることにした。本命の子豚の丸焼きを残すことになったら、本末転倒だ。



Azeitonas(0.90€)
Cesto de Pão(1.50€)

オリーブは量も少ないし、こういった店のものは当たることが多いので手をだした。
少し酸味はあるものの、まずまず。
セットで出てきたパンは、もちろん手を付けず。



Leitão(15.00€/500g)

本命の子豚の丸焼き到着。
ハーフキロの量は、Nova Casa dos Leitõesで食べた時の印象よりも、若干多めな気もする。



反対側から。やっぱり少し多いかな?
前回は家内と2人で食べているので、これを1人で食べるとなると覚悟しなければ。




付けダレは、鍋に入れて出してきた。
このパターンは初めて。



Salada Mista(2.50€)

なぜか自動的にサラダが出てきたが、肉ばかりだと厳しいのは間違いないので、課金されても構わないと手を付けることにした。(後で課金されていることを確認)

ただ、この店の方針なのか、他の客の様子を見ていると一律サラダを出していた。
パン類と同様に頼んでない物を出して来ているので、仮に食べなかったら課金されないのだろうか?



Batata Frita(2.50€)

子豚の丸焼きのお供であるポテチは、他の店と同様にデフォルトで出てきた。
ところが、これも課金対象だったので、ちょっと唖然。(だとしたら、この量で2.50€は高すぎだ!)

肉の代金を安くしている代わりに、サラダとポテチ合わせて5ユーロを課金するという姿勢なら、ちょっと運営姿勢は好きでないな。まあ、肉が安いので許容はするけど。




さて、とりあえず半量を取り皿に移してみた。
焼き立て感はないが、奥の焼き場(?)から子豚の丸焼き2頭を厨房にワゴンで移動しているところを目撃したので、店で焼いている可能性は高そうだ。(写真を撮り損ねたが、Google Mapの投稿写真にある)

嬉しいことに、ほぼ全部のカットにカリカリの皮の部分が付いていた。
皺になっている皮もあるが、北京ダックじゃないけどこの皮は子豚の丸焼きの楽しみのひとつだ。



残りの分がこちら。結構残っているので、食べきれるか・・



最初に取り分けた肉をひっくり返してみると、内臓側にしっかり胡椒ソースが塗り込まれていた。
1週間前にポルトのCasa dos Leitões Das Devesasで食べたものは、内側にソースが塗られていなかったので、このアプローチがコインブラ周辺の子豚の丸焼きの特徴?

いや、違うな。ポルトの店の方が独特という気がする。




そこに、別鍋で出てきたソースを付けていただくわけだが、元々の豚肉にしっかり味が付いているうえに、このソースがメアリャーダ[Mealhada]の子豚の丸焼き街道沿いの店3軒(☞ Churrasqueira RochaRestaurante Rei dos LeitõesNova Casa dos Leitões)で食べたものと同様に胡椒も塩もきついので、たっぷり付けていただくわけにはいかない。

肉質は、ジューシー感はそれほどでは無かったものの再加熱品という感じはしなかったので、ポルトガルでの子豚の丸焼き専門店は、どこで食べてもそれなりの水準であることが予想できる。これで6軒目になるが、スペインのようなハズレは一度も無いのだ。
ただし、デパ地下とかスーパーで時々見かける子豚の丸焼きの量り売りはお勧めできない。
一度試しているが、よほどうまく再加熱しないと肉が硬いので美味しいとは思えないはずだ。




お会計は、前述の通りサラダとポテチも課金してきたので、コーラ代を加えて22.45€也。
ポルトのCasa dos Leitões Das Devesasは断トツの安さだが、こちらも本家子豚の丸焼き街道沿いの店と比べたら安めだ。

今回私が食べた量は、他のテーブルで2人で同じ量を食べていたのを見ているので、2人で割り勘と考えれば相当の満足感を味わえると思う。ただし、何もこの店まで遠征する必要は無いので、ぜひポルトガル各地にあるであろう「Leitões」の文字の入ったレストランを探して、出かけて見てほしい。


※メニュー:魚・肉・サイド・デザート

【店舗詳細情報】
店名:O Forninho
電話:233 043 275
営業:12:30~15:00、19:00~22:00
定休:水曜日、日曜日の夜
住所:Pescadores 97, 3080-331 Buarcos
GPS:40.163177, -8.871596(☞ Bing Map


ポルトガルの訪問レストラン一覧(地域別ランキング順)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: Cervejaria Sagres

訪問: 2019/11/1 18:50
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
ビゼウ[Viseu]から再びRede Expressosの長距離バスに1時間20分乗って、子豚の丸焼き目当てに何度も来ているコインブラ[Coimbra](正確には、子豚の丸焼き街道がある北部のメアリャーダ[Mealhada]がお目当て)のバスターミナル到着。(8.50€)

今回は子豚の丸焼き街道に向かうのは時間的に無理なので、コインブラB駅[Coimbra-B]まで10分ほど歩いて向かい、1時間に1本ある近郊路線でビーチリゾートで有名らしいフィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]に向かった。(2.80€)




夕飯は、ホテルの隣にあった写真付きの看板を派手に掲げていた海鮮料理店にした。
写真の内容を鵜呑みにしないとしても、典型的な観光地なのに価格設定が安い上に、規模が大きいことから繁盛している店だと判断できたからだ。



オフシーズンかつ時間帯が早いので、普通の店なら4軒分ぐらいありそうな広い店内はガランとしていたが、それでもテラス席を含めて5~6組の客はいた。

渡されたメニューを見ると、これまたすべて写真付。やっぱり、写真は重要だ。
1週間前のスペインのビーゴ[Vigo]で食べた(☞ Rias Baixas 1)1人前用の海鮮盛りがあったので、それを注文。



カニの殻を割るための蟹鋏の代わりに、石鎚とミニまな板が出てきた。



Mini Mariscada com Lagosta(19.80€)

ここでも、メニュー掲載写真よりも良さそうな感じで出てきた。日本の観光地とは違うなぁ。



1番のお目当ては、過去見たことはあっても食べ方が分からないので頼む勇気のなかったコレ。(名称は知らない)
海鮮盛りの一部に含まれているのなら、食べれなくても問題ないと思ったわけだ。



どのような生態系なのか知らないが、右側の部分から分かれて小さなのが付いていたので、そこが地面か岩に吸着している部分かな?



たぶん管の部分が柔らかい皮になっているので、それを剥いて食べるのだろうと悪戦苦闘していたら、店員がこうやって食べるんだと教えてくれた。
硬い部分の大きい側の上部を持って、付け根の皮の部分を折るように引っ張ればきれいに皮が抜ける。

お味は、海水が結構含まれているのでしょっぱいけど、貝類系の味かな。
剥く際に、袋状になっている皮の中に含まれる海水が飛び散ることがあるので注意。




意外に良かったのが、どこでも出てくる茹で海老。



普通は味噌の部分が真っ黒で食べても苦いだけだが、卵巣みたいな赤い部分がギッシリだったのだ。
蟹で言うなら内子になると思うが、これは甘くておいしい。

それが理由かは分からないが、海老の身も甘くて美味しかった。




ロブスターは、写真掲載通りのサイズ感。日本のビーチでは誇大表示が当たり前なので、絶対に無いな。

これも、単に焼いただけではなく、表面にかけてある甘い根菜系(味わい的には玉ねぎの甘さに似ていた)のものが、好みのお味。なんとなく、海老味噌の代わりに詰めたような感じだった。



海老の身も、この値段なら上等だろう。
底のオイルはアヒージョのノリだと思うが、それほどニンニクは香らず。




巻貝は、ツブ貝と似たようなお味。
蟹は2種類乗っていたが、こちらは可食部少なくて味が分からなかった。




もう一方の蟹は、例の石鎚で殻を割って食べるわけだが、上手く割れないものだ。
蟹爪の半分は潰れてしまって、こんな感じの写真しか撮れなかった。
まあ、普通に蟹の味ですな。




ということで、お会計はコーラ代を含めても 21.10€也。
ビーチ真正面の一等地でこのお値段。予想外に内容も伴っていたし、コーラ代が1.30€という安さからも、支持されている理由は分かる。海鮮料理目当てなら、下手な店に行かない方が良い気がした。


※メニュー:海鮮料理①スナックパン類前菜・サイド・デザート・ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Cervejaria Sagres
電話:233 424 354
営業:12:00~28:00
住所:25 de Abril 15, 3080-153 Figueira da Foz
GPS:40.150059, -8.866439(☞ Bing Map


ポルトガルの訪問レストラン一覧(地域別ランキング順)
 

【フィゲイラ・ダ・フォス [Figueira da Foz] の風景】
夏の海水浴目当てだけの街っていう感じで、それ以外の季節は正直魅力なし!


▲左:ビーチ沿いのホテル&コンドミニアム街  右:砦[FORTE]って大きく書かれてた


▲左:メインビーチの灯台通り反対側ビーチ(?)  右:メインビーチ


▲とりあえず灯台まで。(稼働していない残骸)


▲左:灯台残骸から  右:ビーチの反対端(2Km先)の本来の(?)街の中心(?)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ポルトガルの古城ホテル: ブサコ宮殿ホテル [Palace Hotel do Buçaco]

訪問2017/10/14~15 (Room Type: Standard(No.28)、朝食付2名 18367円
食事: 総合★★☆☆☆、味★☆☆☆☆、サービス★☆☆☆☆、雰囲気★★★★★、CP★☆☆☆☆
宿泊: 総合3.5、予約個室3.5、建物全体5.0、サービス2.0、CP3.0


実質最終日の前夜は、旅行前半に家内が見つけたブサコ宮殿ホテルに泊まることにした。
ポザーダ[Pousada]とかパラドール(Parador)と比べると高額だったことから、一番安いスタンダード部屋でエクスペディアから予約。最近愛用していたBooking.comの使い勝手が悪くなってきていることや(ウザいポップアップや無駄な表示)、騙す姿勢(割引関連や口コミ評価点)や情報を隠す行為(例:規模や面積)が顕著になってきたことから、エクスペディア系の予約サイト利用率が上がってきている。(実際、Booking.comよりも千円以上安く予約できた)

ホテルは公称5つ星だが、せいぜい4つ星という感じだ。サービスは3つ星格だろう。
宿泊を検討している方のために、気になった点を最初に書いておこう。
・部屋でWiFiが使えないだけでなく、使えると案内されたラウンジでも接続不安定多々
・アメニティが他の3~4つ星ホテルでも採用されているホテル汎用品の中国製安物
・ヘアードライヤーが、今時見かけない20年前に主流だった壁固定ホースタイプ
・部屋に冷蔵庫がない(ここまで泊ったポルトガルの4つ星ホテルのほとんどに付いていた)
・くず物入が部屋にない(洗面所の小さなステンレス蓋付きのものだけ)
・レストランのスタッフの水準が低い(オーダーを間違えるし、頼んだものを持ってこないこと2度)
・フロントで地図を貰おうとしたら、外にあるインフォメーションで貰えと!

【CONTENTS】
夕食@Restaurante Mesa Real
朝食
泊まった部屋(Standard No.28)
宿泊者のみが入れる宮殿内部
一般入場者が入れる宮殿内部
宮殿敷地内風景
 



ディナーは20:00~22:00の営業。(ランチは13:00~15:00)



最低25ユーロのセットは魅力がないし、40ユーロからのコースを頼むぐらいなら好きなものを頼んだ方が良いだろうと、アラカルトでお願いすることにした。




Couvert(€5.00/人)
Selection of regional bread, suckling pig bread, butter, choice of olive oils, flute of Bairrada brut


まずは、コペルトの品々。
1人5ユーロは高いなぁと思っていたら、地元のスパークリングワインが付くからのようだ。
時々このパターンがあるが、何も聞かずにいきなり出してくるとは、アルコールがダメな人の配慮がない。



パンは、バスケットから選ぶ形式だったが、メニューに書かれている乳飲子豚のパンがどれかを教えてくれない。
幸い小さな1個がそれだったので食べることができたが、サービスの悪さはこの段階で察していた。
期待のパンは、大したことなかった・・



Bairrada suckling pig feuillete D.Cardos style(€13.50)
orange gel, mixed lettuces, balsamic vinaigrette


前菜は1種類を2人でシェアで。
良いお値段だったのに、出てきたのは肉まんサイズの小型のパイ包み焼き。
ちょっとシェアしづらいなぁ。



麓のメアリャーダが乳飲子豚の丸焼きで有名なので(☞ Churrasqueira Rocha、他)、英語で乳飲子豚を意味する suckling pig という文字に惹かれて頼んだわけだが、単なる豚肉入りクリームコロッケの具という感じ。
これで1800円も取るのか。



24 hours slow-cokked suckling pig belly(€23.50)
lace potatoes, marinated carrots, Algarve orange


メインでも24時間低温加熱したという suckling pig のバラ肉をチョイス。
皮目にしっかり焦げた跡があるので、最初に高温でローストした後に24時間低温加熱したっていうことかな?



本来、乳飲子豚は柔らかジューシーなのに、見るからに硬そうな肉質。
長時間低温加熱する意味のないというか、そんなことをしたらいけない食材なのだ。

肉よりも、下にたっぷり敷かれているマッシュカボチャ(人参って書いてあったけど、カボチャだと思う)も美味しくない。



Duckling breast with fine herbs from the Buçaco plateau(€22.50)
potato and Alcobaça apple, young vegetables with vinegar


家内は、無難に鴨肉をチョイス。



フレンチ風に仕上げてきたが、あまり美味しくないと。
私も味見したはずだが、メモを忘れていたようで記憶にない。



Busasco nuts and honey Morgado(€8.50)
walnut ice cream, Buçaco Tinto Reservado gel


家内が口直ししたいというので、デザートも注文。
クルミのアイスクリームに惹かれて選んだみたいだが、ナッツクリームのミルフィーユ仕立ても含めて無難との評。



Reinvented rennett apple(€7.50)
chocolate, caramel, dried fruits


私はリンゴのデザートを頼んでみたが、千円もするのに2口で行けそうな極小サイズが出てきて唖然。
中身が美味しければ良いのだが、単なるマジパンみたい感じで芸無し。最悪だ!




お会計は、ビールとコーラを含めて €92.00也。
お値段の割には内容が貧弱、サービスも出来ていないし、良い点は雰囲気だけだった。
こんなことなら、麓のメアリャーダ・子豚の丸焼き街道まで出かけて、通算4軒目の子豚の丸焼きを食べに行けばよかったと後悔したのは言うまでもない。


※メニュー:前菜・スープメイン・チーズ・デザートコース①(英語版)(英語版)
 



朝食は、前日のランチタイムに食べていた人達がいるのを見ていたので、庭園が見えるテラス席を狙ったが、無事確保できた。
ビュッフェ台から原価の高い料理がなくなっても補充が遅く、相変わらずサービス面ではかなり劣る姿勢が見えていた。



とりあえず、こんな感じで取ってきたが、生ハムとかスモークサーモンといったものは無し。



最初からデザートに手を付けるしかなかったが、このリンゴ丸ごと1個を焼いたポルトガル定番といえるデザートがあったのは嬉しい。



一通り食べ終わって、何か補充されていないかと様子を見にいったら、生ハムが出ていたのでゲット。
別に食べなくてもよい水準だったけど。


【詳細情報】
名称:Palace Hotel do Buçaco
電話:231 937 970
住所:Mata do Buçaco, •3050-261 Luso
GPS:40.376137, -8.364818 (敷地入口:40.382783, -8.371889、40.377883, -8.361198)


宿泊した古城ホテル・シャトーホテル
訪問したポルトガルのレストラン
 

【泊まった部屋(Standard No.28)】









▲部屋からの眺め


▲左:手動ドア式のエレベータの右奥が部屋の入口  右:部屋の配置図(左上端が28号室)
 

【宿泊者のみが入れる宮殿内部】















 

【一般入場者が入れる宮殿内部】










▲ラウンジ・バー
 

【宮殿敷地内風景】



▲左:階段を上った中央付近がホテル入口




▲宿泊者専用駐車場前(扉の内側が、バー・ラウンジになっている。宿泊者以外でも飲食可能)




▲Fonte Fria(☞ 案内掲示


▲左:広大な敷地内にある別棟のひとつ  右:入口ゲートのひとつ(宿泊予約があれば無料で入れる)

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:インドネシア⑨:バリ島
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
10月:ロシア:ウラジオストク
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: 旭日(彭强)肉骨茶 [Yuk Yat Bak Kut Teh] 2019/12/15
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Amphawa Thai Tea & Co 2019/12/14
マレーシア/KL・Berjaya Times Square: Portugis Ikan Bakar 2019/12/14
マレーシア/KL・Bukit Bintang駅: Restoran Al Sarifa 2019/12/13
マレーシア/ペナン・Hard Rock Hotel Penang: Starz Diner 2019/12/13
マレーシア: ペナン国際ドラゴンボートフェスティバル 2019 (PIDBF) 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Holiday Inn Resort Penang: Authentic Indian Cusine ② 2019/12/12
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Razak Banana Fritter 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Boatman Restaurant ② 2019/12/11
マレーシア/ペナン・Batu Ferringhi: Satay@Long Beach Cafe 2019/12/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>