《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ドイツ/フランクフルト [Frankfurt am Main]:アフリカクイーン [Africa Queen Restaurant]

訪問:2017/5/25 18:20
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
半月ぶりのドイツ。目的地はブルガリアだが、安い運賃だとフランクフルトで1泊しないと乗り継げないことから、再入国することになってしまった。

ちなみに、JALのダイヤモンド会員資格で長距離路線インボラアップグレード無し連続記録は、20回に更新中だ。こうなると、どこまで記録が伸びるか楽しみ(!?)になって来るし、これからJALの上級会員を目指す方への価値判断のための指標にもなるだろう。(☞ インボラアップグレード実績マーク付きビジネスクラス機内食レビュー一覧

Africa Queen RestaurantAfrica Queen Restaurant

夕食は不味いドイツ料理を避けて(笑)、トリップアドバイザーで上位1%に入っていたアフリカ料理店を選んだ。
アフリカ料理って、日本ではまず食べれないので、やはり興味がある。

英語メニューもあるだろうと思っていたら、出てきたのはドイツ語ベース。
どこの国か分からないが、アフリカ現地語とドイツ語だけでは何が何だかわからないので、アフリカの文字が入ったものを注文することにした。


Afrikanischer Salat
Afrikanischer Salat(€4.50)
Kopfsalat, Oliven, Tomaten, Zwiebeln, scharfe Paprika


まずは、アフリカン・サラダ。
変わった食材を使っているかと思っていたら、ごく普通の羊乳のチーズとオリーブの入ったサラダだが、野菜のカットや盛り付けが丁寧で美味しそう。

ドレッシングも特段変わったものではなく、オリーブオイルに乾燥香草を加えたシンプルなものだが、普通のサラダとしては非常にまとまっている感じで美味しくいただけた。


Afri-Queen DishAfri-Queen Dish
Afri-Queen Dish(€12.00)
Derho, Qulwa-Lahm od. Rindfleisch und vegetarisch auf Injera serviert


トリップアドバイザーに投稿されている写真で群を抜いて多かったのが、この帽子みたいなものと、色々な煮物みたいな料理が並んでいた料理で、それを食べたいとは思っていた。

そこで、店名の入った料理を選んだわけだが、大当たりだ。
周りの客もこの料理を頼んでいたので、店の看板メニューなんだと思う。

Afri-Queen Dish

人数によって乗っている料理の種類が増えるみたいだったので、1人前だとやや寂しい感じだが、皿の底にアフリカのクレープ(?)を1枚敷いて、その上に肉や野菜の煮込み料理を少しずつ盛ってある。
何だか、南インド料理のミールスの親戚みたいな感じの料理だ。



このクレープみたいなもの、メインの皿の上に2つ折りにしたものが1枚と、別皿でも4つ折りにしたものが1枚付いてきたが、ご覧のように掌に広げてみると、少し厚めながらもやわやわであることが分かる。
しっとりしているので、結構重量感もある。

甘いか小麦粉だけの無味だと思っていたら、少し酸っぱい。
アフリカでも酸っぱいクレープを食べるのか、ザワークラウトを代表に酸っぱい料理が大好きなドイツ人仕様だからかは不明だが、この酸っぱさが単独では美味しい煮込み料理と合わないなぁ。個人の味覚の問題だとは思うが。

そうそう、ラップのように包んで食べるものと思っていたが、やわやわでちぎれてしまうので悪戦苦闘していた私を見て、店員が食べ方を実践して教えてくれた。大きいままで巻くのではなく、料理を挟める程度の一口サイズにちぎって、そこに具材を挟み込んで、ソース(皿の両端部分にある料理がソース扱いのようだ)を付けて、口の中に放り込むようだ。

日本人の口コミでミールスみたいに手食いで食べると書いていた人がいたが、なるほどと思った。
隣のグループが、料理が出てきたと同時に全員がトイレに向かったのは、手を洗いにいったからだろう。
ナイフとフォークで食べることも可能だが、ここは流儀に従った方が良いと思う。(事後処理も含めて、濡れナプキン必須!)


お会計

デザートも試したかったが、メインの量が多く、デザート別腹ではないので断念してお会計。
フランクフルト中央駅から歩いて5分もかからない中心部にありながら、GW旅行で食べたレストランと比べて激安価格。
お財布にも優しいし、珍しいアフリカ料理をいただけるので、お勧めしたい。

なお、複数人で出かける場合は、事前にメニュー写真のドイツ語を翻訳して、何を食べるか選んでおくことをお勧めする。
「Afri-Queen Dish」は1人前だけにして、他の料理を色々頼んでシェアした方が楽しいと思う。


※メニュー(HPにも掲載されています):前菜野菜料理、メイン①②、デザート

【店舗詳細情報】
店名:African Queen Restaurant
電話:069-24248505
営業:11:00~24:00(日祝は12:00~)
定休:無休
住所:Stuttgarter Str. 21, 60329 Frankfurt am Main
GPS:50.103149, 8.663001 (☞ Bing Map


訪問したドイツのレストランリスト

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ドイツ/アシャッフェンブルク [Aschaffenburg]: Hilar's Wirtshaus "Lila Häuschen"

訪問:2017/5/8 13:50
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
いよいよ最終日は、ニュルンベルクからフランクフルトの空港までの高速道路での移動だ。


▲今日のルート実績(by Geo Tracker)

もちろん、道中にある
 マリエンベルク要塞 [Festung Marienberg]
 メスペルンブルン城 [Schloss Mespelbrunn]
 ヨハネスブルグ城 [Schloss Johannisburg]
に寄ってから、空港に到着している。

Lila HäuschenLila Häuschen

2017GW旅行の最後の午餐は、ヨハネスブルグ城の近くにある店。朝食抜きだったためにおなかペコペコだったので、城を見に行く前に適当に入った店だ。
Wirtshausの意味を知らなかったのだが、居酒屋という意味らしい。

いかにもドイツという年季の入った店内の客層は、昼間からビールを煽っているおっさんばかり。
もちろんメニューはドイツ語だけ。英語も通じないので、二人でサラダ系2品を頼むことにしたのは、不味いドイツ料理は、もう勘弁してほしいという気分だからだ。
窓際のオッサンたちはピザを食べていたが、さすがにピザを頼むという発想は出てこなかった。


カプチーノ

家内が頼んだカプチーノ(€2.00)、居酒屋で安いだけあって、凄いのが出てきた。
こんな居酒屋でも、欧州では必ず珈琲に小菓子が乗ってくる。日本も見習ってほしいよなぁ。
パンはサラダごとに違うものが出てきたが、スーパーで安く売っているものだろう。


Schweizer Wurstsalat
Schweizer Wurstsalat(€6.50)

ドイツ語はまったく分からないので、私のチョイスは1枚ものメニューで目立っていたサラダ。
想定外のものが出てきて、驚かされた。

Schweizer Wurstsalat

後で調べたら、「おばあちゃんの古い料理本から」という見出しで「スイスのソーセージのサラダ」だった。
しかし、ホントに安物ソーセージハムの千切りばかり。
こんなソーセージハムの千切りサラダをドイツ人は食べるわけだから、味覚が発達しないんだ。


Salatteller a la Chef
Salatteller a la Chef(€9.50)
mit Tomaten, Gurken, Paprika, Ei, Käse, gegrillten Putenstreifen und Joghurtsauce dasu Weißrot


家内は一番高いシェフズサラダ。
こちらは、良い選択だった。

Salatteller a la Chef

Google翻訳ベースだが、トッピングされているものは、焼き七面鳥だったみたい。


お会計

※メニュー:Aus Oma's altem Kochbuchサラダ小皿料理①豚肉料理ステーキピザ

【店舗詳細情報】
店名:Hilar's Wirtshaus "Lila Häuschen"
電話:06021-219593
住所:Strickergasse 19, 63739 Aschaffenburg
GPS:49.977063, 9.142932 (☞ Bing Map


訪問したドイツのレストランリスト

この後、ドイツのディスカウントスーパー「LIDL」(日本のBig-Aみたいな店)で食材を購入して、フランクフルトからJAL便で帰国。相変わらず満席にもかかわらずダイアモンド会員でもアップグレードなしで(ANAではほぼ100%確実だったプレエコすら無い!)、これで長距離路線19連続インボラなしという大記録更新中だ。(ANAでは2桁連続記録は無い。もちろんJALと同様に常に最安値運賃で購入していての話だ)

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 90250円(成田<>フランクフルト、19562マイル獲得)
現地宿泊費: 90344円(€722.75/11泊、うち朝食付6泊、5つ星1泊)
現地交通費: 41837円(€334.70)レンタカー&燃油・駐車場
飲食雑費等: 60457円(€483.66)飲食費・入場料等
国内交通費:  2826円
旅費合計:  285714円...2人で約57万円(39124マイル獲得)

この後は、初訪問のブルガリア旅行を現地からお届けする予定だ。
6月は3週連続海外旅行が控えているので、最低でも1日1本ペースで登録していこうと思っている。
家内ベースの古城ホテル巡りと違って、気ままな一人旅で時間にゆとりがあることから大丈夫だろう。
 

【マリエンベルク要塞 [Festung Marienberg] の風景】
月曜休館の博物館以外は入城無料(GPS: 49.790432, 9.916220)
Festung Marienberg – WürzburgWiki案内掲示①駐車場案内(€3.00/1回)


▲左:最初のゲート  右:そのゲートから駐車場を拝む


▲次のゲートはトンネル仕様


▲3つ目のゲート。まだある!


▲最後のゲート





 

【メスペルンブルン城 [Schloss Mespelbrunn] の風景】
案内掲示①(GPS: 49.905942, 9.306479/入城ゲート、49.905783, 9.299519/駐車場)
入城料:€5.00、周辺駐車場:€2.00/1回

Googleナビが示したルートは一般車進入標識があり5Kmほど大回りさせられたうえに、近隣駐車場はみんな有料。小さな何もない城なのに入城料5ユーロと、腹が立つことばかりで入城取りやめ! 集落全体がグルっていう感じで印象の悪い街だった。

Schloss Mespelbrunn
▲無料区域から見れるのは、これが精いっぱい


▲左:駐車場にある案内版  右:入場券売り場
 

【ヨハネスブルグ城 [Schloss Johannisburg] の風景】
Bayerische Schlösserverwaltung案内掲示(GPS: 49.975601, 9.142158)

Schloss Johannisburg




テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ドイツ/ニュルンベルク [Nürnberg]: Restaurant Mount Lavinia

訪問:2017/5/7 18:50
評価点:総合★☆☆☆☆★☆☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP☆☆☆☆☆
10日目は、昨日と違ってわずか50Kmの移動だけ。最終的に狙っていた古城ホテルの部屋が取れなかったことから、6年前に泊まった Holiday Inn Nürnberg を前日予約した。
5日前の宿泊でIHGプラチナ会員にランクが上がったことが確認できたので、早速その効果を見てみようとの思いもあった。(ちゃんとアップグレードされた)

ニュルンベルクの街は2度目なので、家内を城に案内してから旧市街を縦断し、12月にクリスマスマーケットを見に来たついでに行こうと思っていたDB博物館[DB Museum Nürnberg]へ。ここは、ちょっと期待外れだったかなぁ。

Restaurant Mount LaviniaRestaurant Mount Lavinia

ディナーはドイツ料理を避けようということで、日本では少ないスリランカ料理店を選んでみた。
インドカレーの類であることは日本のスリランカ料理店で知っているし、現地のメニューでも確認している。
しかし、テーブルクロスは交換していないようだし、掃除をろくにしていないのか汚い店だ。


Lassy
Mango Lassy(€3.50)Maracuja Lassy(€3.50)

まずは、インド料理系の店ではお決まりのラッシー。
私はマンゴーにしたが、家内は何か分からないながらもMaracujaを選んでいた。カレー好きなので、こんな時は冒険するようだが、あまり味の違いが分からず。
後で調べたらパッションフルーツだったけど、怪しい。


Chicken Kottu Roti
Chicken Kottu Roti(€16.00)
Chopped roti soaked in thick gravy with vegetables and chicken


メインは、シンガポールのリトルインディアで見つけた Kottu(Kothu)(☞ ANJAPPAR)があったので頼んでみたが、お値段3倍もするのに貧弱な皿が出て来たし、量もシンガの店の半分程度とメインプレートにならない。
西欧でもアジア系料理店は安くてボリュームたっぷりなものだが、見事に裏切られた。

Chicken Kottu Roti

お味はというと、撃沈。
日本の激安ネパールカレー屋よりも劣るスパイス感の乏しい薄いカレーソース、Kothuの具材も悲しいものだ。
これが1皿2000円というのだから、ぼったくりも甚だしい。


Prawn Hodi
Prawn Hodi(€19.00)
Prawns mildly spiced cocoa-saffron-lemongrass sauce, red rice and salad


家内は、お決まりの海老カレー。Hodiはスリランカのカレーを意味するようだ。
サラダは、日本だと千切りキャベツになるところがブツ切りキャベツで出てきた。

Prawn Hodi

味見ベースだけど、海老カレー、mildly spicedってあるけど味が薄くて(Kothuに付いていたカレーソースよりはマシ)スパイスの種類も少なそう。
ここまで不味い単品カレーは、日本では有りえないという水準。

red rice

赤米は食べてないので不明。

海老カレーをアップ

海老だけを取り出して盛った写真も紹介しておくが、海老は日本の安いネパールカレー屋よりはマシかな?
家内が言うには、日本で食べる各国料理が日本アレンジされているのと同様に、ドイツアレンジされたカレーの類ではないかと。つまり、我々の味覚とドイツ人の味覚は、ことごとく合わないということだ。


お会計

お会計をお願いすると、像の木彫りが出て来たけど、どこに伝票が入っているのか悩んでしまった。
中央に長方形の切込みがあるものの、それを開ける術が分からず、無理やりこじ開けて伝票を取りだしたが、実用性の無いものを使うのはいかがなものだろうか。(欧米人には受けるのかもしれないが、アジア人には無理だ!)

しかし、不味いドイツ料理を避けて無難なインドカレー系にしたのに、ドイツ料理よりも不味いカレーに遭遇してしまうとは・・
Google Mapの評価点、信用できるかと思っていたが、これで一気に使う気が無くなった。
やっぱり、写真ベースでトリップアドバイザーを見る方がいいか。上位1%なら今のところ確実だし。

※メニュー:コース①ベジタリアン定食前菜スープ肉①魚①・Kottu Roti魚②・サイドタイ料理①・デザートタイ料理②

【店舗詳細情報】
店名:Restaurant Mount Lavinia
電話:0911-227009
営業:11:30~14:00、18:00~24:00
定休:日曜日の昼
住所:Jakobsplatz 22, 90402 Nürnberg
GPS:49.449042, 11.070396 (☞ Bing Map


訪問したドイツのレストランリスト
 

【DB博物館 [DB Museum Nürnberg] の風景】
公式HP(入場料:€6.00、月曜休館)(GPS: 49.445498, 11.074424)


▲左:本館入口  右:別館入口


▲まだ乗ったことが無いICE(Intercity-Express)、カッコイイ!


▲狭い本館の展示は無理がある


▲ジオラマは9:30~16:30(週末は10:30~17:30)の1時間毎。転車台も動く!












▲Web Trend Map 2007/V2は、どこかで見た地図だなぁ(クリックで大きな画像で見れます)
 池袋がMSN、新宿がGoogle、渋谷がYouTube、四谷がAppleで、東京がAdobe、新橋がWikipedia

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
イタリア/ヴァレス峠 [Passo Valles]: Rifugio Capanna 2017/07/16
イタリア/San Martino di Castrozza: Hotel Colbricon 2017/07/14
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Ritratti e Sapori 2017/07/12
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Gelateria Il Sorriso 2017/07/12
イタリア/ヴェローナ[Verona]: ヴェンキ [Venchi] Via Cappello-Casa di Giulietta店 2017/07/11
イタリア/ヴェローナ[Verona]: トラットリア・アルポンピエーレ [Trattoria Al Pompiere] 2017/07/09
台湾/桃園空港: 浮雲遊子大餛飩 2017/07/08
台湾/桃園空港: 鬍鬚張(Formosa Chang) 桃園二航店③ 2017/07/07
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ③ 2017/07/07
台湾/高雄・市議會駅: 周記当帰鴨 [周記當歸鴨] 2017/07/06
台湾/高雄・市議會駅: (201)侯記鴨肉飯 2017/07/06
台湾/高雄・西子灣駅: 重慶涼麺 [重慶涼麵] 2017/07/05
台湾/高雄・巨蛋駅: 富民路無名鴨肉麵 2017/07/05
台湾/高雄・西子灣駅: 羅師傅麵食館 西灣店 2017/07/04
台湾/高雄・市議會駅: 三民市場鴨肉飯(三民街無名鴨肉飯) 2017/07/04
台湾/台南: 黄記鱔魚意麺 [黃記鱔魚意麵] 2017/07/03
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒羽田(HND) 2017/07/02
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:マドリード(MAD)⇒ドバイ(DXB) 2017/07/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>