FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

フランス/ブリーヴ・ラ・ガイヤルド [Brive la Gaillarde]: Boulangerie de la Gare Sari Bourdet

訪問: 2019/4/7 12:00
評価総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気n/aCP★★★★☆
帰国便の中継地である香港のキャセイラウンジで登録しようとPC(HP EliteBook 820G3)を起動したら、キーボードが効かなくなるトラブルが発生してしまい、自宅に戻ってから登録することになってしまった。USBキーボードを使ってデータを退避することが出来たのだ。
これ、旅行中に発生していたら真っ青になっていただろう。現在の旅行はPCとタブレットの両方を持って行くので、どちらかが現地で故障してもなんとかなると思うが(PCが故障したらブログは無理!)、今年の欧州旅行は3~4週間と長いものばかりなので、対策を考えねば。


さて、この日は、ペリグーからトゥールーズへの移動日。もちろん切符はoui.sncfで早割を事前予約済。(31.90€/1st Class)
ブリーヴ[Brive la Gaillarde]までは地域普通列車利用になるが、そこで約2時間の乗継時間があったことから、駅から1Kmほど離れた街の中心を歩いてみることにした。駅前からずっと下り坂だったので、帰りは上って来なければならない。



旧市街で軽く食べるつもりだったが、観光客に縁のない無名の街だからか(?)見事に日曜休業。仕方ないので、往路に見つけていた駅の近くにあったパン屋で何か買うことにした。
この店、2018年と2019年にバゲットコンクール(?)で入賞したらしいシールが貼られていたので、気になったのだ。

さすがに間もなく閉店時間であろうというタイミングだからか、ほとんど何も残っていない状態だったが、大好物のパルミエ(1.30€)が3枚ほど残っているのを発見。これで軽いランチにしよう。




パルミエを小型化したのが三立製菓の源氏パイになるわけだが、本家パルミエはそこまでパリパリサクサクではないものの、そこそこパイ生地らしきサクッとした食感があるものだ。



ところがこの店のは、愛用していたものの10年ぐらい前に不味くなってから買わなくなってしまった日本のPaulよりもしっとりした食感で、バターの風味が凄い。



コーティングしてあるシロップも少な目で、甘さも控えめ。ひたすらバターの風味を感じるもので、バターたっぷりのクロワッサンを食べているみたいで驚きの美味しさだった。
記憶の限りでは、過去最高のパルミエだ。


【店舗詳細情報】
店名:Boulangerie de la Gare
電話:05 55 24 38 18
住所:45 Avenue Jean Jaurès, 19100 Brive-la-Gaillarde
GPS:45.154165, 1.529967 (☞ Bing Map


フランスの訪問レストラン地域別ランキング
 

【ブリーヴ・ラ・ガイヤルド [Brive la Gaillarde] の風景】
街の地図掲示中心部地図をアップ

▲左:Brive la Gaillarde駅前から旧市街方向  右:駅の左手にあった立派な廃屋(?)


▲左:この教会から放射状に道が伸びる  右:市役所






▲Brive la Gaillarde駅舎  右:このInterCityでトゥールーズへ

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/ペリグー[Périgueux]: Little Cocotte

訪問: 2019/4/6 19:35
評価総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
グルメの街(?)ペリグーの最後は、ミシュランを無視して大衆系の安い店を狙ってみた。



実は、いつ見ても混んでいた別の店を狙っていたのだが、昼も夜も満席と断られてしまい、ウロウロして見つけたのがこの店。3皿コースで25€のほか、アラカルトも安めの設定だ。

入った段階では、室内席はほぼ埋まっていたものの暖房の効いたテラス席の客はゼロ。入口横の狭い席を割り当てられてしまったのでテラス席にしてもらったのだが、30分も経たずに見事に満席になってしまった。



お願いしたのは、Menu Gourmand(25€)の3皿コース。
ディナーだけど価格設定が安いので、大衆食堂のノリでドリンクは無料の水道水だけにしておいた。



Salade Périgourdine(11.00€/単品)
Mixed salad with foie gras, goose gizzards, smoked duck, nuts


まずは、ペリグーのサラダ。
これ、場所が変わると名称が色々だが、結局はどこでも同じ組み合わせになるみたい。
これで4軒目かな? 野菜の構成や味付けは違うものの、乗っている肉はみんな同じだ。



核となるフォアグラ、この値段にしてはずいぶん大きなものが中央にデンと乗ってきた。
ただ、安いなりに混ぜ物フォアグラ。アルコールを加えてある分だけマシだったが、やはり安かろう悪かろうになってしまった。



鴨のスモークハムは、いかにも安物大量生産品という感じ。
同様に、鵞鳥の砂肝も機械的に薄くスライスしてある感じで、恐らく仕入れ品だろう。
まあ、こういった仕入れ品は、大当たりは無いけど大外れも無いものなので、無難という表現が一番。



1/2 Magret de canard sauce aux cèpes(14.00€/単品)
Half duck breast with ceps sauce


メインは、鴨肉。1/2と書かれていたので、まさか半羽じゃないよねと思ったわけだけど当然か。
胸肉の半分という意味だったみたいだ。

フレンチフライは、激マズだったボルドーのBistro Pouletteと同じ感じに見えたが、違った。
やや太めのカットである分だけ脂っぽさが少なく、べちゃべちゃ芋は同じだが、一部薩摩芋が混じっていた感じ。微妙に芋が甘い個体があったのだ。その分だけ美味しく感じて、完食してしまった。




鴨肉の方だが、やや皮の下にある脂身が分厚くて、薄い部分を除いて外していただいた。
けど、焼きが滅茶苦茶だし、いかにも大量調理品という感じで、美味しいものではない。

別添えのセップ(ポルチーニ)のクリームソースは、不自然なほどに風味濃厚。
ここまで濃厚だと鴨のグリルに勝てる感じだけど、やっぱり肉のグリルの濃厚クリームソースって合うとは思えないなぁ。パンに付けた方が、美味しくいただけた。



Cheese cake(6.00€/単品)

デザートはチーズケーキを選んだのだが(なぜかフランス語メニューにもCheese cakeと書かれていた)、なんと大好物のNYチーズケーキ仕様で出てきた。底に砕いたグラハムクッキーを敷いた濃厚タイプ。大昔、ファミレスのココスで好んで食べていたNYチーズケーキと同じ感じだ。

これも本体部分は仕入れ品だと思うが、ケーキ類は安物でなければ量産品の方が美味しいことが多い。特にNYチーズケーキは、そんな傾向にある気がする。



注文時に3種類のソースが選べるみたいだったが、フランス語で唯一聞き取れたキャラメルソースをチョイス。
これ、塩キャラメルソースだった。結構合うものだなぁ。




以上でお会計だが、一番気に入った点が、料理が出てくるまでの待ち時間が短かったこと。
入店から食べ終わるまで40分で済んでしまったが、これはフランスでのディナーとしては驚異的な速さだ。おひとり様の場合は、おしゃべり相手もいないわけだし、さっさと食べて出たいのだ。

また、全員男性スタッフだったが、てきぱきと仕事している感じで高感度大。
どうも、他国と違ってフランスでは男性スタッフの方が好感度が高い傾向にあるようだ。


※メニュー:コース前菜・サラダ・タルタルメイン・バーガー黒板前菜・メイン①黒板デザートドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Little Cocotte
電話:05 53 54 18 84
営業:12:00~14:00、19:00~21:30
定休:日曜日・月曜日・火水の夜
住所:5 rue du Serment, 24000 Périgueux
GPS:45.183954, 0.721333 (☞ Bing Map


フランスの訪問レストラン地域別ランキング
 

【ペリグー [Périgueux] の風景】



▲サン・フロン大聖堂[Cathédrale Saint-Front de Périgueux]








▲Parc Château Barrière


▲Tour de Vésone


▲左:アレーヌ庭園[Jardin des Arènes]の円形競技場(?)跡  右:土曜日の朝市


▲左:常設マルシェ  右:市役所




▲ペリグー駅は、3つの地域圏仕様のローカル列車が集結


▲アキテーヌ地域圏の普通列車は、シート電源にシートライトまで標準装備!

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

フランス/ペリグー[Périgueux]: La Taula

訪問: 2019/4/6 12:45 (☞ MICHELIN Restaurants
評価総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆


ミシュラン推奨店以外を狙うと書いていながら狙った店が満席で入れず、結局ミシュラン頼りになってしまった。
ペリグー・サン・フロン大聖堂[Cathédrale Saint-Front de Périgueux] 前の広場(今朝はマルシェ会場になっていた)の真横に立地する店で、星付店以外では第一候補にしていた店だ。

土曜日なので安い平日ランチが無いからか運よく入れたみたいだが、ほぼ満席と繁盛している。



コースはアラカルトメニューから自由に選べるとのことで、いわゆる3皿コースにスープが付くMenu à 34 €を注文。

ドリンクはランチということで水道水にしたが、かわいいピッチャーに入れて出してきた。



Velouté du jour

まずは、今日のスープ。
Google翻訳だと「その日のクリーム」となるので、今日のポタージュっていう意味になるのかな?

ホール担当の若い女性はフランス語オンリーだったので説明の意味が分からないが、お味はグリーンピースのポタージュ。豆の味の濃いスープに加えて、塩加減が抜群で美味しいスープだ。



Cou de canard farçi par nos soins et sa salade à l'huile de noix

前菜は、追加料金のかかる2種類のフォアグラと最後まで悩んだものの、ここまで当地周辺のフォアグラを食べてきて、フォアグラのミキュイやテリーヌ類の差がほとんど無かったことから、あえてフォアグラは頼まないことにした。



思ったよりも内容が無かったことと、後方のテーブルで頼まれていたフォアグラの皿を見て失敗したとは思ったわけだが、仕方ない。2種類のフォアグラの一方がポワレでなかったので良しとしよう。
フォアグラの街サルラ [Sarlat-la-Canéda]Le Bistro de l'Octroiで食べた2種類のフォアグラは、片方がポワレだったのだ。



Carpaccio de tête de veau et langue cuite, vinaigrette d'herbes fraiches

メインは、仔牛肉のほほ肉のカルパッチョという魅力的なのがあったのでチョイス。
予想と微妙に違ったが、軽く火を通した超薄切り頬肉をきれいに並べたのが出てきた。

超柔らかで超薄切りの肉だが、持ち上げると崩れてしまうので、いったいどうやってきれいに盛り付けたのだろうか?



下味を付けた肉を冷凍し、冷凍のまま超薄切りにして軽く湯通ししたとしても、絶対に肉の形状を保てないと思うので、想像できない。結構手間をかけて盛り付けているのは間違いないだろう。

お味の方は、まあ普通にビネグレットソースの軽い酸味でいただけた。
ちょっとコンビーフみたいな味かな。仔牛肉なので、同系統ということだろう。



Nougat glacé aux noix, coulis de cassis

デザートは、久しぶりに見た好物のヌガーグラッセ。
ナッツ無しでドライフルーツだけの具材で、ちょっと趣味では無かったかな。

トッピングのミカンみたいなのは、味が濃厚。




店のマダム(?)、1つ星店2軒のマダムよりも年季が入っている分おかみさん風で、結構親しみを持てる方。あまりホールに出てこなかったが、英語も多少できるようで、最初と最後は親切に対応していただいた。


※メニュー:前菜・メインデザート・コースドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Restaurant la Taula
電話:05 53 35 40 02
営業:12:00~14:39、19:00~22:00
定休:月曜日のランチ
住所:3 rue Denfert Rochereau, 24000 Périgueux
GPS:45.183752, 0.722033 (☞ Bing Map


フランスの訪問レストラン地域別ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
5月:台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果かき氷)
8月:スイス⑨、イタリア
8月:台湾㊲,インドネシア⑧,他
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:マレーシア
年越:ベトナム⑩:ダラット
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮:(経由地)
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/マルボルク城 [Zamek w Malborku]: Gothic Restaurant 2019/05/26
ポーランド/グダニスク(グダンスク) [Gdańsk]: Mono Kitchen 2019/05/25
ポーランド/ビドゴシュチ [Bydgoszcz]: Karczma Młyńska 2019/05/24
ポーランド/ビドゴシュチ [Bydgoszcz]: Express Oriental Focus Bydgoszcz店 2019/05/23
ポーランド/ビドゴシュチ [Bydgoszcz]: Holiday Inn Bydgoszcz 2019/05/22
ポーランド/ビドゴシュチ [Bydgoszcz]: Pierogarnia Stary Młyn Bydgoszcz店 2019/05/21
ポーランド/トルン [Toruń]: Manekin Toruń Rynek Staromiejski店 2019/05/20
ポーランド/ポズナン [Poznań]: Restauracja Ratuszova 2019/05/19
ポーランド/ポズナン [Poznań]: Express Kuchnia Marché Avenida店 2019/05/18
ポーランド/ウッチ(ウォーチ) [Łódź]: Foodmax 2019/05/17
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>