《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/イベリア航空: マドリード(MAD)⇒メキシコシティ(MEX)

搭乗:2018/2/4 13:05発 IB6403便
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆
成田からマドリードまで14時間15分かけて到着し、当日乗継が出来ないため1泊してから目的地のメキシコシティまで。こちらも12時間15分かかる。



マドリードのイベリア航空ラウンジの食事は、過去何度か利用して割と優秀であるという印象だったが、朝食時間帯だからか品揃え的にはいまひとつだった。



それでも、サラダやスモークサーモンにチョリソやチーズ、スペインオムレツに加えて、多品種のサンドイッチ類が用意されている。
乗継便ということで機内食の量と水準は予想できたので、これだけ取ってしまった。



**********

機内食レビューは、ひとつ前の成田⇒マドリード線の記事で細かく書いたので、今回は同じ部分は省略して書こうと思う。

アメニティは同じものだがドアクローズ後にヘッドホンが配られ、その後に配られた。スリッパは無し。
ウエルカムドリンクは同じ選択肢、メニューは安定飛行に入った段階で配られた。
日本路線と違う点は、メニューにワインリストが掲載されていた点と、中間食が掲載されていない点。せっかくなので、ワインリストも掲載しておく。

「Lunch」表記の1食目の注文は、昨日と同様に左前から取り始めて右後ろを回って最後が右前席。
左最後方の席だったが、すでに魚料理が売り切れで肉かパスタしかないとのことで、またまた肉料理になってしまった。
こうなると、残り2回の搭乗で何が何でも魚料理を食べなければ(笑)



小さな皿に乗せたおしぼりが配られ、ワゴンサービスで食前酒のサービスは同じ。
もちろん、日本路線で美味しかったオリーブとナッツの両方をゲット。今回はピーナッツが多め。



Startes

まずは前菜。日本路線と違ってスープが付くが、同じような感じのトレーで出てきた。


Lemon-grass prawns on almond and cinnamon couscous

前菜のメイン(?)は、マリネされて味の付いた海老3尾。微妙に小さめだが、普通に美味しい。
下に味付クスクスがたっぷり敷かれているが、アーモンドとシナモンって書かれているけど、そんな味はしなかったなぁ。バカ舌なのかも?


Endive, pear, watercress and blue vien cheese salad
Balsamic vinegar of Pedro Ximenez vinaigrette

サラダは、ラウンジにもあったブルーチーズを加えたエンダイヴとリンゴの水煮みたいな食感の洋梨。
例の美味しいバルサミコドレッシングのボトルも付いていたが、ブルーチーズの味が強いので、ここでは使わなかった。
生のエンダイヴを食べた記憶が無いが、ミニ白菜みたいなのに結構甘くておいしい。


Warm bread and extra virgin olive oil

パンは2種類からのチョイス。
バスケットで配らず、トレーを運ぶ台車(名称失念)の上に乗せてあった。
このパン、ちょっと硬めだけど割と美味しい。


Veal consomme
Cream cheese(Cantabria) with quince sweet and grape

コンソメスープは要るか否かを聞かれ、コーヒーを入れる保温瓶から注ぎ入れてくれるタイプ。
味噌汁に見えてしまうのは、何の成分なんだろう?

チーズは、クリームチーズって書かれているけど、普通のハードタイプ。
これは、イマイチだったかな。



Pork knuckle with soya, ginger and honey sauce, roasted potatoes and onion

前菜を片付けた人から順にメイン料理を持ってきてくれる。
出てきたとき、ドイツのアイスバインの小型版に見えてしまい、これは外したかなぁと。



下処理まではアイスバインと同様(すなわち、ハム製造の漬け汁に漬けたもの)だと思うが、アイスバインやハムのように塩分が強いことも無く、程よい塩加減でホロホロ崩れる肉の食感が良かった。

底に敷かれていた生姜と蜂蜜のソースも上々。
イベリア航空の厨房陣、ソースづくりが上手いようだ。



Citric fruits ice cream with pearly orange topping

デザートは日本路線と同じように、タルトかアイスクリームだったので、今度はアイスクリームをチョイス。ハーゲンダッツみたいに硬くて、食べるのが厄介だったが、シトラスというよりはオレンジアイスだった。
トッピングは、オレンジシュガー。

**********

中間食は、メニュー上では麺を除いて日本路線と同じ内容で載っていたものの、頼まないと出してくれないようでパスして、2食目の「Light Meal」。


Iberico ham and cured loin, butifarra sausage and cheese
Tomaro and extra-virgin olive oil
Seasonal fresh fruit

日本路線と同様にコールドプレート仕様だが、さらに水準が落ちた印象。
マンゴー・パパイヤ・メロン・ぶどうの4種類で構成されたフルーツなんて、パパイヤ以外は未熟で果肉が硬いし、皮の部分まで微妙に残してあるので食感も悪い。



唯一ハモン・イベリコだけが真っ当な味だったぐらい。


ということで、競争相手が劣悪なアメリカ系航空会社ということもあってか、機内食もアジア路線と比べて落としている印象は否めなかった。
12時間の長距離路線と考えれば、★3つが妥当な線だろう。
帰国便は、さらに期待できないので、寝てようかな。(笑)


※メニュー:食事アルコール・ドリンクワインリストBar Service

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/イベリア航空: 成田(NRT)⇒マドリード(MAD)

搭乗:2018/2/3 11:20発 IB6800便
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆



今日から7年ぶりのメキシコ旅行に出かける。
ビジネスクラス機内食レビュー40社を目指していることから、通算35社目は1年半前から日本に乗り入れたイベリア航空を選び、スペイン経由で向かうことにした。
いつものように、往路最初のビジネスクラス機内食は即日レポートでお届けしよう。

まずは、成田空港の指定ラウンジから紹介。



発行されたインビテーションには、どこのラウンジで使えるとの記載が無いが、チェックイン時にアメリカン航空のアドミラルズクラブ[Admirals Club]と案内されたので、素直に向かうことにした。

米系航空会社はイメージが悪すぎて、アメリカン航空は未搭乗だし(このままビジネスクラス未搭乗で終わるかも?)、いつでも入れたラウンジも未訪問だったのだ。



確かユナイテッド航空のラウンジも和風だった気がするが、こちらも和風の内装。
雰囲気だけ見ればJALやANAのラウンジよりも良いし、意外にも食べ物もそこそこあった。



5年以上前に入ったユナイテッド航空のラウンジで、お稲荷さんとサンドイッチしか無かったというイメージとはずいぶん違うが、食べ物だけならJALの方が断然良い。
でも、JALはファーストクラスラウンジですら激混みで居心地が悪いので、食べもの目当てでなければこちらも良いかも。

ちなみに、置いてあったお箸はJALのもの。
サラダやサラダドレッシングも、種類は少ないもののJALラウンジと同じだった。

**********

恒例の初搭乗時の1番乗りを目指して出発時刻の40分前にゲートに行ったら、向かい風で折り返し便の到着が遅れ、搭乗時刻未定とのこと。延々並んで1番乗りを目指す気力は無いので断念。



ビジネスクラスは、ギッシリ満席。
搭乗ゲートで何人か呼び出しがかかっていたので、エコノミークラスも満席だった模様。



アメニティは分かりにくい場所に隠している感じで、ヘッドホンがすっぽり収まる収納場所のヘッドホンの下に置かれていた。(実は降機直前に存在に気づいた)
ホテルに着いてから中身を見ると、御覧の通りロクシタン製品が4種類。これは見落としたら損だ!



搭乗開始が40分遅れたこともあり、ウエルカムドリンクはドアクローズ後、滑走路に向かって動き始めてからになってしまったようだ。選択肢は、シャンパン・オレンジジュース・水の3択。
パック入りのウエットティッシュも配られた。(珍しい)




1食目は「昼食」表記。
安定飛行に入り無料WiFiクーポン(連続30分かつ20MBまでの容量制限とPC禁止)を配った後で、3択のメインの注文を取りに来た。
注文を取り終えると、皿に乗せたおしぼり(やや小型)が配られ、その後に白いテーブルクロスが敷かれる。

食前酒とおつまみは無いのかと思っていたら、その後にワゴンサービスで出てきた。



オリーブとナッツは注文制で、もちろん両方をゲット。
ナッツは、スペインの平たいアーモンドにマカダミアナッツとピーナッツ。特にアーモンドが美味しい。

オリーブは、塩漬けではないものの、酸味は軽めで美味。
品種的にも上等品を使っているようで、さすがスペインの航空会社といった内容だ。



前菜

せっかく食前酒をワゴンサービスで配って雰囲気を盛り上げていたのに、前菜はJAL方式でワントレーで出てきた。
ただし、内容的にはJALよりも盛りだくさん。しかも日本人とみると、後から箸を持ってきてくれた。サービスいいじゃん!

気になったのは、ナプキンが小さいこと。いつもシャツのボタンに留めて使っているのだが、これではひざ上に置くしかない。食べるときに気を付けないと、シャツを汚してしまう。


温かいパン エキストラバージンオイル添え
ロシナンテ社の山羊チーズ、干しいちじくと赤ブドウ添え

パンはバスケットの中の3種類から選べる。フランスパンを選んだが、他はバターロールと胡麻パンだった。
エキストラバージンオイル添えとあったが、付け忘れたのかな?(写真のは、サラダドレッシング)
山羊のチーズは、どこかで食べた記憶のあるお味で上等なものだろう。

メニューには味噌汁も載っていたが、高血圧に悪いのでパス。
味噌汁ってスープだから、欧州的には前菜になるようだ。


トレビゾチーズとチェリートマト、ピスタチオのレタスサラダ

サラダは、ちょっと他社とは違うアプローチで出てきた。
トッピングのチーズ、欧州定番のフェタチーズだと思って食べてみたら、ソフトな食感に加えてモッツアレラ的な味わいもあって滅茶苦茶好みのタイプ。

中央に配置されているのは、生のピスタチオを茹でたもの。
ローストしたピスタチオしか食べたことが無かったので、これも斬新。茹で落花生のピスタチオ版といった感じ。

パンとチーズの写真に写っているのが、ペドロヒメネス種のバルサミコ酢ドレッシングだ。ボトルラベル(☞ こちら)を見るとオーガニック製品のようだが、これも良かった。


鴨の胸肉ロースト ラズベリージャム添え、ミックスサラダとブラックオリーブ

前菜のメイン(?)は、鴨胸肉のロースト。
これも日本でよくある合鴨の主張のない味のものと違って、ジビエ的な鴨の濃い味。かなり旨い。



付け合わせはミックスサラダと表記されていたが、穀物サラダ。
日本でこの手のサラダは滅多にお目にかかれないが、これも美味しくいただける。

と、前菜の皿の水準の高さから、メインにも期待できそうな予感。



牛のサーロイン マスタードソース、ポテトグラタン、スナップエンドウと人参のグラッセ

メインは3択で、機内食定番のステーキ、パスタ、和食からの選択。
機内食のパスタは良いことが無いので、仕方なくステーキをチョイスしたのだが、なんとも雑な盛り付けでエコノミークラスみたいな出し方をされてしまい幻滅。



しかし、お味の方はまずまず。
肉は柔らかいし(肉内部まで薄塩を感じたので、その手の漬け汁に漬け込んで柔らかくしたのかもしれないが、不自然な食感ではなかったので問題なし)、ソースもフォンドヴォーベースのしっかりした味わいで上等。
メニューにはマスタードソースとあったけど、変更したのかな?



アップルタルト

ここまでは、こまめにドリンクの追加を聞きに来るなど、サービスも含めて★5つペースで来たのに、2択のデザートで裏切られた。
写真のような茶碗皿に無理やり入れたタルトかチョコアイスの選択だったが、他社で可能な「両方」という選択が出来ない。大したデザートでないのだから、人数分以上を用意しておくものだと思うのだが・・



ちょっと暗いが、この写真でも予想できるだろう。硬めのタルトの底にカステラ生地を薄く敷き、その上にカットフルーツを乗せて軽く焙ってからゼリーを流し込んだ感じ。
チョコアイスもまんまアイスクリームだったし、デザートで手を抜いてくるとは予想外だった。

**********

中間食は「時間外のスナック」というお題。



サンドウイッチまたはクロワッサンサンド、カップラーメン、チョコレート、フレッシュフルーツ、ヨーグルト、ナッツ類とメニューに記されていたので、フルーツとナッツにサンドイッチが良ければ食べようかなと取りに行ってみると御覧の通り唖然とする状態で置かれていた。

CAは全員(!!)お休み中なのか誰もいないし、カップ麺やフルーツを食べるための箸やフォークも置いてないし、カップ麺のお湯はどうするんだろうか。



ナッツも無かったので、サンドウイッチに該当するのであろうラップだけをゲット。
ちゃんとしたラップで良かったのだが、セルフサービスは許容するとしても、なんともお粗末な中間食だ。
機内放送ではエコノミークラス側でもあるみたいなので、ビジネスクラスとの差別化が出来ていないということだろう。

**********

到着前の食事のために明かりがついたのは、到着1時間27分前。
特にエコノミークラスと点灯時間を分けていないようだ。


グリルビーフ、イベリコチーズ、カマンベールチーズ、カラマタオリーブの実、ケッパー、チェリートマト、ピクルス

到着前の食事は「洋風のご軽食」と題して、一切の選択肢無し。
パンは1食目と同様に後からバスケットで配られるが、ワントレーで一律に配布される。
しかし、この超手抜きな内容。調理品がひとつも無いのだ!

メニュー上には、ご飯があると載っていたが、出てこなかった。
もちろん、この内容でご飯は無いだろう。


季節のフレッシュフルーツ

唯一救えたのが、他社では見たことも無いような豪華なフルーツ。
ラズベリー、マンゴー、ブルーベリー、高級タイプのメロン、パイナップル。キウイも入っていたかな?

今回は、ちゃんとオリーブオイルが付いていたので、パンを美味しくいただけたが、結局メニュー内容が1食目と2食目で一部反対側に記載されていることに問題があるのかも?


ということで、最初は期待大だった機内食も、だんだん尻すぼみ状態となってしまい、航空会社別ビジネスクラス機内食ランキングのトップ10入りはならず。
この後3回搭乗するので、そこで挽回できるかが鍵だろう。


※メニュー:日本語版①スペイン語版①英語版①

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/日本航空(JAL): ホーチミンシティ(SGN)⇒羽田(HND)

搭乗:2017/11/28 23:55発 JL070便
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★★雰囲気★★★☆☆
ひとつ前の記事にJALのインボラアップグレード率はANAの4分の1だなんて書いて投稿した日にインボラアップグレードされてしまった。
ちょうど記事の境目でもあることから、お得意の即日レポートでお届けしたいと思う。

ANAのホーチミンシティ線では、プラチナ会員から落ちた平SFC会員なのに、昨年一昨年連続してアップグレードされているので、方向が違うものの同じ深夜便という条件の元で比較できる。



まずは、ラウンジ。発行されたインビテーションで入ることになる。
いつもANA便で使っている端っこにあるRose Loungeと、中央付近にあるApricot Loungeのどちらでも使えるとのことで(はしご不可と明記されている)、初めてのApricot Loungeを使ってみた。(WiFiが使い物にならないほど遅い!)



最後の晩餐として食べたものが胃に残っている状態で食欲はわかず、軽くこれだけ試食してみたものの、炒飯がフルーツ系だった以外は肉も野菜も硬くて美味しくなかった。カードラウンジ系としては優秀だと思うものの、航空会社系本拠地ラウンジと比べたら劣るのではないだろうか。
本拠地ベトナム航空のラウンジ、ANAと提携したことから将来使うチャンスがあるかもしれない。

**********

機内食は、2年前のクアラルンプール⇒成田線と同様に事前予約制の紙がシートに用意されていた。
前回撮っているので今回は撮らなかったが、到着2時間前との案内文があったので、前回と多少変わっているみたいだ。しかし、搭乗時間の短い深夜便で到着2時間前に叩き起こされたらたまらない。

比較対象となる同一路線のANAでは軽食が最初に出るが、JALは離陸直後に食べることができる「お好きなときに」と題した中間食だけ。方向が違うので、念のため羽田→ホーチミンシティ線も調べてみたが同じ運用だった。
おまけに、中間食は相変わらず魅力のない「ですかい」シリーズの安物カップ麺。ANAだと高級仕様のものが出てくるので、大きく見劣りする。(どちらも独自仕様のオリジナル麺で、JALのは市販もされている)

先ほど調べてみたら、50分前に出発しているANAは帰国便でも2食構成で、中間食も麺類だけでなく丼ものやサンドイッチまで選べることを確認できた。客の中には、忙しくて食べる暇もなかったというビジネスマンもいるだろうから、ANAの方がはるかに優秀だ。


洋朝食
夢工房くまの カラマンダリンジュース
カラマンダリンは温州みかんの濃厚な甘さとキングマンダリンの爽やかさをあわせ持った交配種です。


東南アジア路線の帰国便の洋食は、相変わらず内山直樹氏の担当のようだ。
紺のテーブルクロスを敷いたうえに、ワントレーで出てくるのも変わらず。

右上のグラスに入ったジュースは、表記の通りこだわりのあるものらしい。
確かに安物パックジュースとは違って味があって美味しいが、フレッシュジュースでない点が残念かな。



フルーツ スターター

前菜扱いのフルーツは、見栄えの良いプレート。
ただし、味の方は伴っていなくて、特にパイナップルは写真判断できるほど白っぽい通り、未熟で硬いだけ。ぶどうは、現地のホテルでも出てきたが、ベトナムの品種らしく酸っぱくて味が薄い。



シーフードキッシュ ベーコンのグリルとほうれん草のソテー

メインは、内山直樹氏らしく出来の悪いキッシュ。
付け合わせのベーコンとほうれん草のソテー・焼きトマトは普通にいただけたが、キッシュは全然だめだ。流石アメリカ料理出身という感じ。



何がダメなのかは、ある程度断面写真でもわかると思うが、キッシュではなく玉子焼きベースであることだけでなく、どこにシーフードがあるのかというほど海鮮系の味が皆無、周りのパイ生地がアメリカンなのか不味くて食べることができなかった。
少なくとも、フランス文化のあるベトナム路線からは外した方が良いだろう。



クロワッサン

クロワッサンは、ベトナム仕様かな?
日本の大手製パンメーカーの袋入りのものよりはマシではあるものの、フランスのものには程遠い印象。



フレッシュサラダ
プレーンヨーグルト マンゴーソース


サラダは普通として、期待のマンゴーソースも話にならない。
見て分かる通り透明のソースで、安物かき氷にかけるタイプだ。


と、機内食は質の面でもANAと比べて大きく見劣りしていたが、運用面では改善が見られた。
この夏に搭乗した英国航空と同様に、最初から100%点灯せず、各自の読書灯を点けないと暗い状況で配り始めた。それも、到着1時間40分前頃から。
寝ている人を起こしてしまう全点灯は、到着1時間10分前。素晴らしい配慮だ。これなら、アイマスクなしでも十分睡眠時間を取ることができる。

ということで、点灯が食事のサービスなのかはともかく、その姿勢を評価してサービス点は星5つ、総合点は星3つという評価になった。


※メニュー:お好きなときに和朝食洋朝食

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 63ヵ国を訪問
45ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
2月:ポルトガル⑨、スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
メキシコ/メキシコシティ: La Casa de Toño (Zona Rosa店) 2018/02/21
メキシコ/トルカ [Toluca]: Potzollcalli Restaurante Mexicano(Toluca店) 2018/02/19
メキシコ/トルカ [Toluca]: Toks Restaurantes(Toluca Centro店) 2018/02/17
メキシコ/タスコ [Taxco]: La Hamburguesa 2018/02/15
メキシコ/クエルナバカ [Cuernavaca]: Las Cascadas @Holiday Inn Cuernavaca 2018/02/13
メキシコ/クエルナバカ [Cuernavaca]: El Barco Pozolerías 2018/02/12
メキシコ/プエブラ [Puebla]: El Mural de los Poblanos 2018/02/10
メキシコ/プエブラ[Puebla]: Tacos Tony (Hermanos Serdan店) 2018/02/08
メキシコ/テオティワカン遺跡[Teotihuacán]: Restaurant Las Piramides 2018/02/07
メキシコ/メキシコシティ: タコス屋台@Revolución駅前広場 2018/02/06
ビジネスクラス機内食/イベリア航空: マドリード(MAD)⇒メキシコシティ(MEX) 2018/02/05
ビジネスクラス機内食/イベリア航空: 成田(NRT)⇒マドリード(MAD) 2018/02/04
IHGスパイア会員(Spire Elite)宿泊アップグレード記録 2018/02/01
マレーシア/クアラルンプール: Kites @Holiday Inn Kuala Lumpur Glenmarie 2018/01/31
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Nasi Ayam Malaysia 2018/01/30
マレーシア/マラッカ[Melaka]: マラッカ夜市食べ歩き(Jonker Walk & Jalan Pm1) 2018/01/28
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Sirocco @Holiday Inn Melaka 2018/01/27
マレーシア/マラッカ[Melaka]: 添好運 [Tim Ho Wan] Malacca店 2018/01/26
マレーシア/マラッカ[Melaka]: 我家鷄飯 (My Chicken Rice) 2018/01/25
マレーシア/クアラルンプール: mixed rice & noodles @Suria KLCC 2018/01/24
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>