FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: コロンボ(CMB)⇒成田(NRT)

搭乗:2019/1/16 19:25発 UL454便
評価: 総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
往路は1泊しなければならなかったコロンボ空港だが、復路の乗継時間は2時間半。



ラウンジは、モルディブに飛ぶ際に使ったスリランカ航空の「Serendib Lounge」が指定されていたが、JALやANAのラウンジと違って出ている料理が変更されていた。

一部同じものはあるものの、時間的には早めのディナータイムになるので、ひょっとするとランチメニューとディナーメニューの間にも入れ替えがあったのかもしれない。
しかし、時間帯に合わせてメニューを総入れ替えするって、ANAやJALではあり得ないよなぁ・・



今回は、春巻きと肉団子に魚団子の断面写真を撮っておいた。

**********



帰国便は夜行便。しかも、偏西風に乗れるので往路よりも2時間近く所要時間が短い。
にもかかわらず機内食は2回構成で、最初にヘビーな内容で出てくる。

サービスや注文手順等は往路(☞ 成田⇒コロンボ))と同じなので、食べたものだけを簡単に紹介したいと思う。

ちなみに、今回の離陸前のウエルカムドリンクは、オレンジジュースを選んでいる。
残念ながら、パック入りの安物系だった。




離陸後の食前酒は、定番のダイエットコーク。おつまみは往路と同じカシューナッツ。

モルディブもスリランカも、ZEROではなくlightが標準なのは嬉しい。
ZEROとlightを併売している国もあるのに、なんで日本はZEROだけにしてしまったんだろう?



アラビア風軽食の盛り合わせ:ババガヌーシュ、マグドゥーズ 野菜のグリルを添えて
Arabic mezze consisting of baba ghanoush and makdous presented with grilled assorted vegetables


2択の前菜からは、洋食系ではつまらないのでアラビア風軽食を選んでみた。



日本語だと魅力ないが、英語版に Arabic mezze とあったので、トルコ料理のメゼが大好きなことから飛びついたというわけだ。



パプリカの下にスライスビートルートが乗った前菜、それらを片付けてみたら、小型のナスの中央をくり抜いて、カレーとパプリカ味の挽肉炒めを詰めた料理だった。
こういった料理が出てくる点が、メゼ好きにはたまらない。



スライス胡瓜を巻いてザクロをトッピングしてある方は、刻んだナスと野菜をマリネしてたっぷりのオイルで炒めた感じのもの。これも美味しい。やっぱり、メゼ大好きだ。

後からバスケットで出てきたパンは、カレー味だろうと見えたものを取ってみたが、フワフワの食感に少しだけカレー風味。これも美味。



海鮮ヌードル
イカの天婦羅、キングプラウンのグリル、ポーチドサーモンの海鮮ヌードル オイスターソース風味
Mixed Seafood Noodle
comprising calamari tempura, grilled king prawns and poached salmon cubes
served on a bed of fried egg noodles drizzled with oyster sauce


4択のメインは、あまり魅力的なものが無く(さすが夜行便だ!)、恐らく日本路線を意識したであろう海鮮ヌードルを選んでみた。

右の天婦羅、やっぱり日本で食べるイカとは違った種類を使っているみたい。
ここは、イカ天ではなくエビ天の方が良かったかな。
いや、そもそも炒麺に天婦羅を組み合わせるというアプローチがダメか。



反対側を見ると、白っぽい鮭の大きなブロックが2つ。
キングサーモンのように脂が乗っていないので、ちょっとパサパサ感のある鮭でイマイチ。



一番興味があったのが、モルディブのレストランや食堂のメニュー写真でよく見た麺の形状。
現地では、乾燥インスタント麺の形状のまま出していたので、a bed of fried egg noodlesという表記が、それに該当すると予想したのだ。

微妙に雰囲気が違ったものの、弁当箱に茹でた麺を押し込んで、ひっくり返して皿に盛った感じは少し似ている。
味は期待通り。(期待していなかったという期待)


メインの後は、往路と違って小さなトレーの上にチーズとフルーツを乗せて要るかと持ってきた。
もちろん両方をお願いした。


チーズ
世界各国から選ばれた美味しいチーズを野菜やクラッカーとともに

フレッシュフルーツ
旬の美味しい果物の盛り合わせ


メニュー表記も微妙に異なるが、往路のチーズとはかなり異なるお味。
ブルーチーズはしっかり主張した癖があるし、カマンベール風のものもカマンベールではないだろう。

往路のスモークチーズの代わりは、パルミジャーノ系のお味。日本製チーズがおとなしすぎることを再確認できてしまった。チーズって、個性があってなんぼの世界だと思うんだけどなぁ。

チーズは復路の勝ちだったが、フルーツは圧倒的大差で往路日本発の勝ち。
普通なら南国フルーツは美味しいはずなんだけどなぁ・・



左:アーモンドとは洋梨のケーキ バニラソースとクリームを添えて

デザートは往路と違って固定制だが、紅茶と共にワゴンサービスで出てくる点はいっしょ。
小麦粉ベースではなくフィナンシェのようにアーモンド粉を使ったケーキは、安定した美味しさ。

紅茶は、インド系らしくチャイがあったのでお願いしたら、ティーバッグだった。

**********

1食目を食べた後は、日本時間の午前1時半ということで爆睡。
中間食の案内があったかどうかは知らないが、飛行時間が2時間短いので無かったものと思いたい。



到着1時間40分前に、一切点灯せずに大判のおしぼりとジュース(オレンジ/アップル/トマト)が配られた。
この段階でトマトジュースが選択肢にあったのは、たぶん初めて。
朝食ならあって当然と思うけど、意外に無いものだ。




1時間25分前に、コンチネンタル・ブレックファーストの配膳。さすがに、質素な内容だ。
オプションでメイン料理が選べるとは書かれているものの、お腹いっぱいで聞かなかったのは、食べ歩きブロガー失格かな?

ちょっと気になったのは、全員への配膳が終わってからジャムを配り始めたこと。
選ばせるためだろうけど、これでは最初に配膳された人はジャムを使う機会が無くなってしまう。

結局、機内点灯は無しのまま、朝食を配ったテーブルだけ個別ライトをつけることで対応。
これなら朝食パスで寝ていたい人には最高のサービスだ。(食事と無関係なので、評価対象外だけど)
ちなみに、到着40分前に機長アナウンスや入国案内があり、ここで皆さん起こされたことになる。(機内の明かりをつけることもなくシートベルト着用サインが付いたのが到着35分前って早すぎだ!)

ということで、7時間強の飛行時間で2食出てくる点は評価できるものの、さすが夜行便。往路と比べて質の面での劣化は避けられなかった。というか、モルディブ路線の内容を考えると、スリランカ側のケータリング会社のレベルの問題のような気がしないでもない。
サービス面では、朝食のジャムを配るタイミングに問題はあるものの往路と遜色ない水準で、★4つの内容は十分にあると評した。

結局、ビジネスクラス40社の中での機内食総合ランキング(☞ こちら)は、ガルーダ・インドネシア航空に次ぐ5位という線で落ち着くことになった。


※メニュー:日本語版英語版①

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: マーレ(MLE)⇒コロンボ(CMB)

搭乗:2019/1/16 15:25発 UL116便
評価: 総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆
マーフシ島(☞ マーレ空港~マーフシ島への移動情報と島の風景)に3泊、マーレ島とフルマーレ島(☞ マーレ空港~フルマーレ島の空港路線バス情報)に前後1泊ずつ泊って、恐らく最初で最後になるであろうモルディブ旅行も帰国便を残すだけ。



まずは、指定されたラウンジ「LEELI」にインビテーションを使って入室。
写真は載せていないが、窓側に3倍程度の広さがあるので100人以上が座れそうな大きなラウンジだ。



カードラウンジだと思うが、食べ物のラインナップもなかなか豊富。
これだけ大きなラウンジだから当然?

**********



この空港、ボーディングブリッジが無いので、歩いて大型のA330型機に向かうことになる。特に航空機に興味は無いが、見たことが無い会社の飛行機があったので撮ってしまった。
機内食の方は、往路(☞ コロンボ⇒マーレ)と時間帯も内容もほぼ同じなので、簡単に紹介したい。




離陸前のウエルカムドリンクは、オレンジジュースかアップルジュースの2択。
なぜか往路よりも格下げだが、今度はアップルジュースをチョイス。普通の100%果汁クリアタイプ。
離陸前にメニューと大判おしぼりが配られ、注文も離陸前。

モニターの言語選択部分を撮った理由は、読めない文字の言語2つと英語・中国語・日本語の5か国しかなかったこと。日本語がその中に入っているって、結構スリランカ航空を使う日本人が多いっていう事かな?




往路と同様に、まずはトレーに乗せてまとめて持ってくるが、この段階でドリンク注文は無いし、水も持ってこない。
辛いカレーを水無しで食べることになると学習していたので、ラウンジのペットボトルコーラの残りを持ってきて正解だ。炭酸は抜けてしまうが、無いよりマシ。

パンは往路と同じガーリックトースト2枚。



Vegitarian Choice
"Polos Curry" made from young jack-fruit served with cashew and green pea curry, coconut sambal and healthy brown country rice


4択のメインからは、成田発の便(☞ 成田⇒コロンボ)で良かったベジタリアンを選んでみた。

しかし、そうそううまく行かないもので、説明文からしてまったく見当がつかなかった通り、初めて食べるお味。




右側の肉に該当する野菜は、芋のようなタケノコのような。
断面写真のように筋が出来るので、タケノコの方が近いけどお味は芋系。young jack-fruitとの記載があるので、これかな?
でも、果物のジャックフルーツとは似ても似つかぬものだ。

カレー自体も、やや酸味が強いうえに、大辛水準の辛さで旨味不足という感じ。




左下のグリーンピースカレーは、期待のペーストタイプではなく、まんま放り込んだもの。
カシューナッツは茹でたものだったので、ナッツのお味も控えめ。
辛さは小辛だったので問題なしだけど、やっぱり旨味不足だなぁ。野菜出汁をたっぷり使ってほしいところだけど。

左上の振りかけ状のものは、ココナッツサンバルと記されていたけど、辛さはほとんどない。
ヘルシーライスと称するブラウンライスは、パサパサ。長粒種だから仕方ないとも言えるが、炊いてからの時間が長すぎるパサパサ感だ。加熱不足というところかな。

半分食べ終わった段階で、ようやくグラス入りの水を持ってきたけど、さすがに遅いよなぁ。
今回は搭乗率半分弱と空いていたので、もう少し考えてほしいものだ。



Creme brulee

デザートは固定でクリームブリュレ。
これがチーズケーキ仕様という感じの硬めな仕上がりだったが、クリーム分は多めなのでまあまあ。

最後に紅茶を持ってきたのも往路と同じだが、メニューには記されているコーヒーの案内が無かった。
飲まないからいいけど、聞き逃した?


選んだ料理が外れだったことを考えても、恐らくコロンボから搭載してきたものを再加熱して出したことによる味の劣化は否めないだろう。
いくら超短距離路線であると言っても、食事といっしょにドリンク注文を受けないのはいただけない。
ウエルカムドリンクの種類も減ったことから、復路は★3つという採点にしておこう。

この後の成田行きは夜行便で期待できないだろうから、搭乗した40社のビジネスクラス機内食ランキング(☞ こちら)も5位に陥落。


※メニュー:Colombo-Maldives

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/スリランカ航空: コロンボ(CMB)⇒マーレ(MLE)

搭乗:2019/1/11 13:25発 UL115便
評価: 総合★★★★☆★★★★★サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆
コロンボ市街から187番高速バスに乗ってコロンボ空港へ。(Rp.150≒95円)



成田でチェックインした際に、搭乗券の他に当地のラウンジインビテーションまで発行されていたので、そのまま指定されていたスリランカ航空のラウンジに向かったのだが、入口にインビテーション必須と書かれていたので、ラウンジホッピングを計画されている方は要注意だ。



スリランカ航空の本拠地だけあって、朝食時間帯ながらもそこそこの品ぞろえ。



パン類や西欧料理系のものはパスして一通り取ったが、ちょっと物足りない。
と思っていたら、11時過ぎに提供コーナーを一時閉鎖して、料理の総入れ替えをすると。

ANAやJALのラウンジでは、朝と昼の変化はそれほど無いのに、総入れ替えとは結構凄い。
しかも、コーナーを一時的にも閉鎖してしまう徹底ぶりは、初めて経験した。



総入れ替え後にさっそく取ってきたが、サンドイッチやチーズ類はそのままだったものの、ランチタイムに合わせてちゃんとした料理がずらりと並んだ。
全部は取り切れなかったけど、本当に朝食時間帯の料理と総入れ替えしてある。
ご当地スリランカ料理が多い点でも、嬉しいラインナップだ。

**********



搭乗時間に合わせてゲートに向かったが、またまた1番乗りになってしまった。
機材も成田からの便と同じ、A330-300型機。座席の配置も同じだ。

離陸前のウエルカムドリンクも成田からの便と同じ4択。今度はオレンジジュースにしておいた。
食事の注文も、事前に座席に置いてあったメニューから離陸前に指定することになる。




離陸後の飛行時間1時間10分という短距離路線なので、全部まとめてワントレーで出てきた。
ただし、普通ならドリンクの注文があるはずなのに、何も聞かれず置かれず。


Lamb Kofta
Paired with saksuka, broccoli florets and baby jacket potatoes


4択のメインから選んだのは、ラム・コフタ。
右上の棒状の2本がそれだが、この手の料理は硬い肉団子というケースが多いのに、意外に柔らかで美味しい。

左上は、ご当地風のラタトゥーユという感じかな。これも良いお味だ。



パンは、最初からガーリックトーストが乗っていた。
選択肢がない時は、普通のパンが一般的なのに珍しい。



Baklava

デザートは、トルコを中心とした中東や東欧でおなじみのバクラヴァ。
普通はシロップたっぷりの激甘スィーツだけど、甘さ控えめナッツたっぷりで非常に美味。

結局ドリンク注文は無く、後からグラスに入った水を持ってきた点だけは、ビジネスクラス機内食としては初めてのケースで残念。搭乗率7割程度だったので余裕があるのに・・


※メニュー:Colombo-Maldives

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾㊱:(芒果冰)
8月:スイス⑨、イタリア
9月:ルーマニア②,ブルガリア
10月:スペイン⑰,ポルトガル
年越:ベトナム⑩:ダラット
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
台湾/澎湖・馬公: 赤崁炸粿 2019/03/23
台湾/澎湖・馬公: 澎湖人蛋黄麺 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: 城隍廟前焼肉飯 2019/03/22
台湾/澎湖・馬公: モスバーガー[摩斯漢堡] 澎湖店 2019/03/21
台湾/澎湖・馬公: 回味天津小籠湯包 2019/03/21
台湾/澎湖・西嶼鄉小門村: 小萍の店(小萍的店) 2019/03/20
台湾/澎湖・西嶼郷: 清心飲食店 2019/03/19
台湾/澎湖・二崁聚落保存区: 二馬豆花 2019/03/18
台湾/澎湖・馬公: 福鴨鴨肉大王 2019/03/17
台湾/澎湖・馬公: 郵局口蔥油餅 2019/03/17
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>