FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/マリンドエア: ハノイ(HAN)⇒クアラルンプール(KUL)

搭乗: 2020/2/25 12:50発 OD572便
評価点: 総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★★


空港でのラウンジ利用権は付かないものの、ビジネスクラスの往復航空券が燃油空港税込みでRM809(≒21500円)と激安だったうえに、往路では(☞ こちら)、予想外に充実した機内食を出してくれたマリンドエアの復路便。
今度はお昼発なので、朝食仕様だった往路よりも充実した機内食を楽しめるのではないかと期待していた。



今回の機材は、機内WiFi装備。
完全にフルサービス・キャリアだ。誰だ、LCCだなんて言ってたのは?



離陸前のウエルカムドリンクは、往路と同じ3択だったので、アップルジュースをチョイス。
往路では気づかなかったが、グラスもマリンドエアのロゴが入っていた。
どこだ? プラスチックの使い捨てカップで長距離路線のウエルカムドリンクを出す日本の航空会社は?(笑)




離陸後の機内食だが、ちゃんと高級レストランでお決まりの白のテーブルクロスを敷いてくれる。
ドリンクはコカ・コーラではなくペプシなので、ペプシライトをお願いしたが、往路ではグラスに入れて出してきたので、缶ごとほしいとリクエスト。

これも、ペプシ採用の日本の航空会社、ペプシゼロと称しながらコーラとは違った日本独自のフレーバー飲料を出してくるので大違い。ダイエットペプシの世界標準は、ペプシ・マックスかペプシ・ライト、もしくは正真正銘のペプシゼロだ。(ダイエットペプシは最近見ていないけど、米国なら有るかも?)
サントリーが代理販売している日本独自のインチキ「ペプシゼロ」は、前の「ペプシネックス」の添加物が胃に悪いことが、自分自身の逆流性食道炎発症で証明されているので、絶対に飲みたくない。




料理の選択は往路と同様に2択だったが、英語力に乏しいことから聞き取れなかったことで、聞き取れた「照焼チキン」をチョイス。

朝食仕様との案内だった往路の機内食と比べると、ヨーグルトの代わりにポテトサラダ、フルーツの代わりにカットケーキ、メイン料理がおかずと主食に分かれた構成という点で、日本の航空会社ほどの差はない。




まずは、前菜のポテサラ。
これが独特な味付けで、ちょっと好みに合わず。
折り返し時間を考えるとマレーシア製造だと思うが、マレーシアで製造したベトナム料理?
(ベトナムでポテサラを食べたことが無いので、勝手な推測)




メインのご飯だが、これが激マズ。加熱しすぎだ。
過去JALのご飯がワースト3だと思っていたが、そんなレベルではないほど不味い。
炊き方の問題だけでなく、米そのものが不味いと思ったが、どこの米だろう?
ひょっとするとベトナム米?



仕方ないので、パンに付いていたバターをご飯に混ぜて(加熱しすぎ御飯なので簡単に溶けた)、そこに照焼チキンとタレを少々投入してみたら、さすが醤油系とバターの相性の良さ。何とか食べれるご飯になった。

しかし、往路は美味しかったクロワッサン、今回は普通の丸パンだけど、これまた不味かった。
とても同じ製造元とは思えないので、ベトナム製造の機内食だったのかもしれない。




デザートのケーキは、お決まりのスポンジケーキ。
間にキャラメルソースを挟んであり、これはまずまずのお味。

ということで、期待していたマリンドエアの昼食機内食は、残念な結果で終わってしまった。
でも、片道1万円ちょっとのビジネスクラス機内食であることを考えれば上等だろう。


ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/マリンドエア: クアラルンプール(KUL)⇒ハノイ(HAN)

搭乗:2020/2/15 9:50発 OD571便
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★
通算41社186回目のビジネスクラス搭乗は、マレーシアの航空会社であるマリンドエア。



エコノミークラスも含めて初めての搭乗だが、LCCとは違ってミドルクラスサービスの航空会社のようだ。試しに荷物を預けてみたら、ちゃんと優先タグを付けてくれたし、イミグレーションもビジネスクラス専用レーンを利用できる。

今回の往復航空券は、燃油空港税込みでRM809(≒21500円)と、LCCではないかと思える激安運賃。ただし、最安値のチケットはラウンジの利用権が付かないので、ラウンジレポートは無しだ。





クアラルンプール~ハノイ間は1295マイル。東京~台北とほぼ同距離で、3時間のフライト。
搭乗すると、日本のフルサービスキャリア(ANA/JALのこと)では出て来ない、世界標準であるウエルカムドリンクをグラスで出してきた。間違いなくLCCではないな。
選択肢は、オレンジジュース・アップルジュース・水の3択だった。

機材はB737-800で、ビジネスクラスは広々2x2配列。シートはANAやJALの古い短距離国際線と同等以上。なんとなくシンガポール航空のようなゆったりしたシートで快適。
驚きだったのは、担当のCAさん、カタコトの日本語挨拶が出来た点だ。日本人なんてそうそう乗らないと思えるのに、これは好印象。

機内食は朝食とのことで、オムレツかシンガポール・ヌードルの2択。もちろんシンガポール・ヌードルをお願いした。客は12席中2人だけと寂しい状況だったが、それぞれ2食分ずつ用意してあるようで、どちらを選んでも品切れですと言われないようだ。



安定飛行に入ると、早速機内食。短距離路線でも白いテーブルクロスを敷いてくれるなんて、ANA/JALよりもいいじゃない!

ワントレーで全部まとめて出てきたが、LCCのスクートや、中間体のタイ・スマイルよりも断然良い内容。完全にフルサービス・キャリアと言っても良いだろう。



お題のシンガポール・ヌードルだが、シンガポール米粉のサンバル味みたいなものだった。
トッピングは、照り焼き風の鶏腿肉のスライス。

サンバル味の米粉は初めてだが、甘辛い味付けは好み。



パンとカップケーキは、通常なら味見程度で残すのだが、これも意外に美味しくて完食。
どちらも、ちゃんと温めて出してきた。

見た目は不味そうなクロワッサンだが、これに関しては朝の5つ星ホテルのパンよりも美味しいのだ。バターもしっかり付いていれば、残す理由は無いだろう。



カップケーキに至っては、カラメル風味でしっとり感もあって美味。
フルーツはイマイチだったものの、ヨーグルトも含めて結局全部残さず食べてしまった。
機内食をパンも含めて残さず食べるなんて、私としては珍しいことだ。
ホテルの朝食、5つ星らしく豪華なことからしっかり食べ来ているので、どう考えても食べすぎた。



順番的には逆だと思うが、最後におしぼりが出てきた。
おまけに、約2時間後の降下を開始した段階(着陸20分前)には、スライスレモンを入れた白湯が出てきた。これは、初めてのサービスだ。

いや、かなり気に入ってしまったマリンドエア。
帰国便は昼便なので、どんな機内食を出してくるのか楽しみになってきた。

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒スラバヤ(SUB)

搭乗:2019/8/22 14:10発 CX779便
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★
香港でのトランジット時間は、実質わずか40分。


▲左:Food Hall嚐味坊  右:Bar悠然吧


▲左:Noodle bar風味坊  右:Teahouse茗茶坊

3月でワンワールドエメラルド会員資格が切れ、4月以降は4か所あるビジネスクラスラウンジのうち3か所を使っていたことから、今回は最後に残っていた「The Pier 玉衝堂 Business Class Lounge」がターゲット。



昔、お気に入りだった「The Cabin」ラウンジが無くなってしまい、そこにあったイタリア料理系(☞ 2012/1の内容)が他の3か所のラウンジでは存在しなかったので、無くなってしまったと思っていたのだが、こちらのラウンジに移ったようだ。




朝は小籠包と肉燥飯、先ほどの機内食と食べ続けているうえに、この後は中距離路線の機内食が控えていたので、トマトと葉っぱにラザニアを盛ってもらった。



「Teahouse茗茶坊」にあったエッグタルトも美味しそうだったので、時間が無かったことからその場で立ち食い。

質の面では昔の印象と比べてやや落ちてしまった印象だが、他の3か所よりは断然良いことが確認できた。ファーストクラスラウンジでもここのが1番だったので、次回からはThe Pier一択で利用しようと思う。

*****



機材は先ほどと同じA330-300型機だったが、ファーストクラスの無い長距離路線仕様の1-2-1配列でゆったり。

離陸前のウエルカムドリンクは、先ほどと名称ベースでは同じChathay Delightをお願いしたが、こちらはキウイフルーツベースだった。これも美味しい。
おしぼりのサービスも、離陸前のこの段階。他社も含めて最近主流みたいだ。




ということで、離陸後の食前酒でも同じChathay Delightをお願いしてしまった。

おつまみは、温められたアーモンドとカシューナッツ。袋入りでナッツがほとんど含まれていない安物おつまみを出す日系の航空会社とは違う。ちなみに、温めてくるかこないかの違いはあるものの、短距離路線でもナッツだけの構成で出してくる航空会社は多い。




中距離路線扱いなのか、白の布のテーブルクロスが敷かれ、前菜のトレイが最初に運ばれてきた。



Assorted bread and butter
Seasonal mix salad balsamic vinaigrette

パンは、バスケットの3種から選択。やっぱりガーリックトーストをチョイス。



Smoked duck, apricot compote, creamy celeriac and green apple salad

前菜は、リンゴと鴨の燻製という変わった組み合わせ。それもスライスリンゴではなく、皮付きのまま16等分にカットしたリンゴを、カプレーゼみたいに交互に挟んで供してきた。

正直、リンゴと鴨の燻製が合うとも思えないし、どういったセンスで出してきたのか疑問を感じる皿。
鴨とリンゴの下に敷かれている根セロリのサラダは美味しかったので、ちょっと残念。



Wok fried prawn with chilli sauce, mixed vegetables and steamed jasmine rice

3択のメインは、先ほど洋食を選択して失敗しているので中華の海老料理。香港なら海老一択だろう。



ところが、香港の海老料理らしからぬ出来栄えでガッカリ。
海老はプリプリしていないし、チリソースは醤油味が濃すぎ。付け合わせ野菜も何も細工していないと、どちらかというと不味い料理だった。



Fourme d'Ambert, Tomme

メインの後は、長距離路線みたいにチーズとフルーツがワゴンサービスで出てきた。
さすがにお腹いっぱいで、チーズはフルム・ダンベールとトムだけにしたのだが、色合いからチェダーチーズだと思ったルブロション[Reblochon]が半ウオッシュタイプのチーズだったらしく失敗した。全部頼んで、無理だったら残せばよいのに・・



Fresh seasonal fruit

もらうつもりのなかったフルーツも、勧められてしまっていただくことに。
左のはリンゴだと思って要らないと言ったら、ピーチだというので。先日スイスのスーパーで買って食べたのと同じ感じで、皮ごと食べる硬い桃。



Ice cream

最後はハーゲンダッツ。キャセイのハーゲンダッツは、いつもフランス産のマークが付いている。
3種類の中から選ばせてくれるので、食べたことの無いフローズンヨーグルトをチョイス。
もうお腹いっぱい過ぎで、スラバヤでの夕飯はパスだ。


あと数分で降下開始との機長アナウンスが入った後、熱々のおしぼりサービス。
メインの海老料理は残念だったが、いつもの通りサービスは日系よりも良い感じだった。(日本以外のアジアの主要航空会社、つまり順不同でキャセイ・エバー・シンガポール・マレーシア・ガルーダの方が、客1人当たりのCAの人数が多い分だけサービスが良いと思っている。日本の航空会社のサービスが良いと言っている人たちは、日本語で頼めることを評価しているか、日系しか乗ったことが無いのだと思う。ただし、ビジネスクラス限定の話で、エコノミークラスは別)


※メニュー:英語版①③・中国語版

40社搭乗して比較したビジネスクラス機内食レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:台湾㊵:高雄~台北
11月:マレーシア⑰:KL
1月:台湾㊶:高雄
1月:マレーシア
2月:マレーシア
4月:台湾㊷:レンタカーで1周
5月:台湾㊸:(マンゴーかき氷)
6月:台湾㊹:(マンゴーかき氷)
丸数字:累計訪問回数
~~~~~~~~~~~~
《代替国内宿泊旅行計画メモ》
6月上旬:秩父◎◇
6月中旬:三浦半島◎
6月下旬:佐渡◎◇☆ 自粛要請
6月下旬:裏磐梯◇
7月:大井川鉄道井川線◇
7月:利尻・礼文◎☆ 空路欠航
7月:那須高原・奥日光◎◇
7月:八丈島・青ヶ島 空路欠航
7月:霧ヶ峰・乗鞍高原◎◇
7月:八ヶ岳・蓼科◎◇
7月:岩手山・田沢湖◎◇
8月:志賀・万座◎◇☆
8月:妙高高原・戸隠◇
8月:利尻島◎:7月分振替
8月:山形・南三陸◎◇
9月:北アルプス◎◇☆
9月:奥日光☆
9月:金沢・富山◎
9月:伊豆・箱根◇☆
10月:佐渡◇☆:6月分振替
10月:広島・岩国◎☆
10月:徳島
10月:鳥取・島根☆
11月:由布院☆
◎:予約済 ◇:マイカー利用

カテゴリ
最新記事一覧
マレーシア/タイピン[Taiping]: Room Service@Novotel Taiping Perak 2020/06/12
マレーシア/タイピン[Taiping]: KFC@RSA Gunung Semanggol店(AH2南方向SA) 2020/06/09
マレーシア/ペナン島: Room Service@Mercure Penang Beach 2020/06/06
マレーシア/ペナン島: 好面善 [Ho Min San] Gurney Plaza店 2020/06/03
マレーシア/ペナン島: 海尾海鲜 [Hai Boey Seafood] 2020/05/31
マレーシア/タイピン[Taiping]: doli Kuey Teow Goreng 2020/05/28
マレーシア/セキンチャン[Sekinchan]: Restoran Bagan Sekinchan 2020/05/25
マレーシア/クラン[Klang]: 永香瓦煲肉骨茶 [Restoran Weng Heong] 2020/05/22
マレーシア/クラン[Klang]: 直落玻璃瓦煲肉骨茶分店 [Teluk Pulai Bak Kut Teh] 2020/05/19
マレーシア/マラッカ[Melaka]: Sajian Idaman@R&R Ayer Keroh(サービスエリア) 2020/05/17
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
73位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>