《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒羽田(HND)

搭乗:2017/6/20 08:00発 EK312便
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
遅延したら終電を逃すことを覚悟のうえで、わざわざ乗継時間7時間半の羽田便を選んだのは、A777-200型機を利用した機材の違いを見ようと思ったわけだが、大失敗なんていうものでなかった。
飛行機マニアではないのだから、素直に楽で快適なA380型機の成田便にしておけばよかった。

機材が小さいので機内ラウンジが無いことは承知していたが、席は独立していない古いタイプで、アメニティーも付かないとのこと。何でもエミレーツ航空では朝8時発からアメニティ無しになるそうだが、この便はその8時ちょうどの出発。帰りの分は、家内へのお土産に女性用のアメニティをもらおうと思ったのに、あんまりだ!!!
アメニティが付かなかった(最近は簡易ながらも付くようになっている)ANAよりも劣るとは・・

わずか数時間しか違わない広義の東京行きだというのに、このギャップ。エミレーツ航空の姿勢を疑いたくなる。
往路の記事では話題にしなかったが、エミレーツ航空の不当解雇を訴えた元従業員らが成田空港で配っていたビラを見ているので、なるほどと会社の体質が見えてしまったというわけだ。

ここまでエミレーツ航空の印象が非常に良かったのに、これでガクッと落ちてしまったのは当然。今後も選択するかは、かなり微妙になってしまった。というか、まず積極的には選ばないだろう。
航空会社だけではないが、何かを買う場合、あるいは消費する場合、株式投資先の選択等でも目先の損得よりも会社の本質的な部分を重要視するクチなのだ。(私のビジネスクラス機内食ランキングでは、機内食とその付随するサービスや雰囲気でしか判断していないので、この件は全く影響させていない)

**********



楽しみにしていたエミレーツ航空本拠地ドバイのビジネスクラスラウンジ。
これも、素晴らしい雰囲気だった往路のAゲートのラウンジと違って、羽田行きは狭いCゲートのラウンジになってしまい、ガッカリ。




食事のラインナップに差は無いと思いたいが(そうは言っても、エールフランスのパリのラウンジのようなケースもある)、どこにでもあるような普通のラウンジでは、心ときめかないものだ。

とはいえ、ホットミールは10種類あったし、スープ2種に豊富なサラダとチーズ、もちろんメゼの類もある。なかなかの充実ぶりだ。



マドリードからの機内食(☞ こちら)が1食だけだったので、到着時に早速ラウンジ食第一弾。
ありきたりのホットミールはパスして、中東料理系や見たことが無いものを中心に取ってみた。

ミニトマトは、ディル(?)で漬けた感じだったのでたくさん取ったものの、元の質が悪いのかパッとせず。その右横は、中東風ピクルスと書かれていたけど、単に酸っぱいだけ。
右端は、フルーツを何かに漬け込んだ感じのものだが、ここでようやく真っ当なものになった。
サーモンは普通だが、一番下のフルーツサラダ、そのお隣のアスパラサラダはまあまあ、左上のメゼ類はやっぱり美味しい。



日本時間の朝7時ということで、2階の奥の方にあった仮眠コーナー(?)で3時間ほど仮眠してから、出発前のラウンジ食第二段。
料理のラインナップは、深夜到着時と違って朝食仕様に変わっていた。

Shanklish Cheese
Shanklish Cheese

往路のドバイ⇒マドリード線で出てきた抜群に美味しかったシャンクリッシュサラダに使われている「シャンクリッシュチーズ」が単独で置いてあったのでゲット。

Shanklish CheeseShanklish Cheese

ピンポン玉よりも一回り小さいサイズだが、単に山羊のチーズの周りに何だか不明なハーブをしっかり貼りつけただけのもので、これが美味しかったわけではないようだ。



それ以外に取った料理も含めて、焼売を除いて中東系の料理だけを盛ってみたのがこちら。
せっかくの海外旅行なので、出来るだけ変わったものを取る方針ではいるものの、それほど郷土色は出ていないラウンジ食だった。

***********



搭乗時間となったので機内に移動したが、前述のように、ここまですべてA380型機で過ごした中で、最後はオンボロ(?)B777-200型機。機内食の内容が大きく落ちることは無いはずだが、やはりA380型機と比べて狭さが際立つ2-3-2配列のビジネスクラスだ。
昔は当たり前だったお隣さんを乗り越えなければトイレにも行けない窮屈さは、いまどきの長距離路線なら、お金を払って乗る機材ではないだろう。許容できるのは中距離路線までだ。(通算138回目と、あまりにもビジネスクラスに乗りすぎて贅沢化が進んだ?)

ウエルカムドリンクは、往路と同じ3択。フレッシュものを期待してオレンジジュースを選んだが、微妙。バレンシアでその場で絞ったオレンジジュースを大量に飲んだのだが、それとはかなり違うのだ。


朝食(洋風)
朝食(洋風)

離陸後の食事は「朝食」表記。
日本路線だけあって和食も用意されていたが、機内の不味い和食を食べるぐらいなら半日後に日本の地上で食べた方が美味しいに決まっていると(ウソ。単に和食に興味が無いだけ)、洋食をチョイス。

選んだメインは、エールフランスの帰国便で選んで大失敗したコールドプレートだが(☞ こちら)、玉子料理を選ぶよりは違いを見るという興味の方が勝って選んでしまったものの、やっぱり撃沈かな?

ドリンクを聞いてくれなかったので、ダイエットコークを缶ごとでお願いしたら、欧州域内線エコノミークラス用の小さな150ml缶。
グラスの半分強しか入らない容量では、ぜんぜん足りない!

ヨーロッパ風の冷製料理
ヨーロッパ風の冷製料理
薄切りグリルチキン、ブレオサラ、レッドレスターチーズとグリュイエールチーズをトマト、きゅうりとともに


メインのトッピングを外して、少し配置換えした皿がこちら。
期待のチキンは美味しくないが、何だろうと思っていたブレオサラ(?)はプロシュートでまずまず。
ミニトマトがたった1個に対して、キュウリのスライスは体積比で倍以上というアンバランス。
チーズは、ありきたりで外れだ。

やっぱり冷製料理と書いてあるものは選ぶべきではないな。
イタリアの前菜盛り合わせ的なものに期待するのだが、どこの航空会社でもチーズとハムの類だけっていう感じになるのだろう。今後は絶対に頼まないことにする。


パンとバター、ジャムフレッシュフルーツ
パン
フレッシュフルーツ

パンとフルーツもイマイチ。
特に、見るからに白っぽくて不味そうなパイナップルは、食材を厳選していない証拠だ。



後から、バスケットでクロワッサンが回ってきたので、往路でもいただいているが再ゲット。
温めたばかりのようで、バターと合わせればまずまずだったので、往路は冷めてしまったことが不味さの原因だったようだ。

しかし、食前酒も配らず、食事のドリンクも聞かずに、この段階でナッツは要りますかって?
路線格差なのか機材格差なのか、それともクルーメンバーの違いなのか分からないが、サービスが全然ダメ。往路の成田=ドバイ路線の方が、はるかに優秀だ。

**********

機内ラウンジが無いので、中間食は本当にエコノミークラスと共通の安物カップ麺だけ。
せめて、日本では普通にある高級タイプのカップ麺ぐらい用意したらどうだろう?

ということで、到着2時間50分前に機内の明かりがついた後の2食目。
いくら昼行便とはいえ、機内照明を真っ暗にしているのだから、早すぎる。JALと同じではないか!

昼食(洋食)

日本時間では20時過ぎという遅い夕食の時間なのに、なぜか昼食表記という違和感はあるが、もちろん洋食の選択だ。
料理の選択は最初に聞かれているが、ここではドリンクの注文を取りに来た。
ドリンクには、食前酒扱いなのか例の温められたナッツ付き。
何度このナッツを食べたことだろうか。好きだからいいんだけど・・


伝統的なアラブ料理、メッゼ
伝統的なアラブ料理、メッゼ
フムス、アーティチョークとマッシュルーム、ぶどうの葉の詰め物、シャンクリッシュサラダ


前菜は、往路のドバイ⇒マドリード線で感動したメゼを再びチョイス。表記内容から、まったく同じ物であると認識しての注文だ。

しかし、予想外の結果。
いったい、ドバイ⇒マドリード線で食べたあのシャンクリッシュサラダは何だったのかと思うほど味が違うのだ。

ラウンジで、シャンクリッシュチーズをいただいたことから原因が分かるのだが、チーズ以外の野菜類を混ぜた時に、チーズの比率が高いと今回のお味で、美味しく思ったのはチーズの比率が恐らく2割以下だったものと思われる。
今回は、7割以上がチーズだったので、味の差が激しすぎたというわけだ。

アラビアパンとバター

アラビアパンは、最初から温めていないようで、今回のは冷たいぐらい。
どちらにしても、メゼはカタール航空の方が安定して美味しかったという事になる。(トルコ航空の方が、さらに美味しい)


ニョニャチキンカレー
ニョニャチキンカレー
香り高いチキンカレーをジャスミンライスと野菜のつや煮とともに


メインは2択。
1食ぐらいはカレーを選んでみようと、マレーシアのニョニャ料理のカレーを選んでみたが、もう一方の選択肢もご飯だというのだから、JALと同じ傾向だな。和食を別に用意している意味が分からない。

出てきたのは、予想以上にカレーライス。ジャスミンライスとあるが、長粒種ではなく中粒種を使っているので、ますます日本的なカレーライス。

ニョニャチキンカレー

ただし、カレーソースの方はニョニャ料理というかマレー料理系のココナツたっぷり。
刻んだ唐辛子も見えるほどに入っているので、辛さもそれなりにあることから、辛い物が極端に苦手な方(日本のカレーは中辛までが限度という方)には無理だろう。
私は、ココナツたっぷりのマレー料理が好きなので、美味しくいただけた。唐辛子のカットは除けたけど。


チョコレートムースケーキ
チョコレートムースケーキ
マンゴーのコンポート入り、ポーチドチェリーを添えて


最後のチョコムースは、思ったほどチョコの味が強くなく、自由ヶ丘トップスのチョコレートケーキみたいなチョコクリームがベース。

チョコレートムースケーキの断面

土台はクッキーかと思ったら、中東でおなじみのハチミツ系シロップをたっぷり浸みこませたオリジナル。

チョコレートムースケーキの土台

その上に、カット芒果を山のように盛って、その周りにチョコムースを被せて、最後に別のチョコクリームでコーティングしてある。
まあ、普通に美味しくいただけるかな。

最後は、例の高級チョコレート(ゴディバの事)でおしまい。

ということで、最後の搭乗は★3つ。地元発の便で、このクオリティでは、褒められないだろう。
そもそも一番得意なはずの郷土料理を出さずに、他国の料理ばかりを揃えている事が原因だと思う。
結局、私のビジネスクラス機内食総合ランキングでは、33社中ANAに次ぐ7位で落ち着くことになった。

やっぱり、エミレーツ航空のリピートは、マレーシア航空並みの美味しい価格が出てこないと特典搭乗も含めて無いだろう。
ただし、今年の冬にチェックした段階でキプロスとマルタ島の両方に安く同時に行くことが出来ることが分かっているので、エコノミークラスで乗る可能性はあると思う。でも、ラウンジが使えないので、有償エコノミー席ならトルコ航空かカタール航空を選びそうだ。


※メニュー:朝食(洋風・和風)昼食(洋風)和風ランチ

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:マドリード(MAD)⇒ドバイ(DXB)

搭乗:2017/6/19 15:20発 EK142便
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★★
帰国便第一弾は、往路の逆コース。
往路に乗った機材の折り返し便になるが、結構差のある内容だった。

Sala Lounge NeptunoSala Lounge Neptuno

まずはマドリードのラウンジだが、いわゆるカードラウンジである「Neptuno」のインビテーションが発行された。
全般に印象の悪いカードラウンジ(航空会社直営ラウンジではないという意味で使っている)だが、広々としているうえにキャパも大きくビックリ。



食事系もカードラウンジとは思えないほど充実していたので、しっかり食べてしまった。
この後の機内食が往路と違ってランチ1回だけ(HPから事前にPDF版メニューを入手できる)と知っていることから、安心して食べることができた。



ちゃんと海老も入った海老マヨサラダとか、



肉団子のトマト煮込みの他に、炭水化物系も豊富。

***********

さて、帰りのドバイ行きも超大型のA380型機。今回は、後ろのブロックの最前列を選んでみた。
ここだと翼の後ろ側になるので、多少は下界を見ることが出来る。

失敗だったのは、とにかくトレイに行く前方席の人達だけでなくCAの通行量が多いこと。通路側の席でなくてよかったが、やはり前方席の方が落ち着ける。
おまけに、食事の配膳が前方席から。完全に逆を突かれてしまった。

ウエルカムドリンク食前酒とおつまみ

離陸前のウエルカムドリンクは、シャンパン、林檎ジュース、オレンジジュースからのチョイス。
せっかくなのでシャンパンをお願いしてみたが、結構飲みやすい。(3分の1だけでパス)

食前酒(私はダイエットコーク)に付くナッツの種類は同じ。
成田便と違って温められていなかったのは、最後の配膳で冷めてしまったのかもしれない。


Lunch

往路の朝食&ランチの2本立てと違って、ドバイへの帰りの便はランチ1食だけ。その代わり、メニュー上ではデザートが記されていたが、往路でもフルーツやチーズがあったことは目撃しているので、単純に朝食分が無くなるだけかな。


Esqueixada de bacalao
Esqueixada de bacalao
Spanish salt cod with tomatoes and olive oil


まずは、前菜。
メニュー左側ページに延々と口上が記されていたバカリャウ(干しダラ)を選んでみた。

あれだけ書いていて不味かったら怒ってしまうが、期待通り。
干しダラから、いかに塩分を抜くのかといったことが書かれている通り、微かに塩分を残した塩抜き加減に加え、食感も非常に良い。自宅でやると塩分を抜きすぎて水っぽくなったり、塩が残りすぎてしょっぱいなど、ポルトガルに行っては買って帰るものの、なかなか厄介な食材なのだ。

bacalao

ただ、ご自慢の鱈なのに量が極端に少ない。3口ぐらいしか無いのだ。
下に敷かれているトマトの甘さとよく合っていたのに、これでは物足りない。
それほど原価の高いものではないのに、このケチな盛り付けは非常に残念だ。

もうひとつ、添えられているオリーブを刻んだタプナードが、やたら塩辛いのには参った。
なぜ、ここに塩を大量に加えたんだろう?


seasonal side salad
seasonal side salad

おまけレベルのサラダは、出発地ごとの差がほとんど無い。
量も十分あるし、少し甘めのバルサミコ&オリーブオイルのドレッシングも美味しい。

freshly baked breadパンの断面
freshly baked bread

それに対して、パンは「焼き立てパン」と書いてあるのに相変わらず美味しくないし、出発地の差が結構出ている。
バスケットのパンの写真を撮る余裕を与えてくれないのでお見せできないが、バスケットの内容はいつも違うし、今回最初から乗ってきたパンは、ふわふわタイプ。



ここで、塩胡椒の容器の裏面を何気なく見たら、イギリスのロイヤルドルトンのものだった。
バターの器も同じ。結構凝っているんだな。


Lamb steak with herbs
Lamb steak with herbs
Served with balsamic reduction, potato gratin and seasonal vegetables


メインは、中東料理では定番であろう羊肉をチョイス。

Lamb steak with herbs

これ、どうやって作ったのか分からないが(恐らく蒸し焼きにしたもの)、パサパサ。
ソースも肉汁不足なのか主張に乏しく、美味しくない。スペインでの製造だからかなぁ?

potato gratin

おまけに、ポテトグラタンが、グラタンでは無くてマッシュポテト。
表面だけグラタン風に加工しているだけだ。


Lime and almond delice
Lime and almond delice
On a hazelnut base, layered with lemon mousse and served with blackcurrant compote


デザートは、アーモンドとヘーゼルナッツという単語に惹かれて、ライムケーキ。
これも選択を誤った。

Lime and almond delice

レモンムースの部分が、スペイン名物のカタラーナにレモン果汁をたっぷり入れてゼラチンで固めた感じのもの。
食感が非常に悪いのだが、インスタントのカタラーナで作ったものと同じ感じ。

さらには、かなり酸っぱいレモンに加えて、ブラックカーラントのコンポートも滅茶苦茶酸っぱい。
ここにたっぷり砂糖を加えてあれば、まだ良かった気がするが、好みの問題かな。




最後にミルクティーをお願いしたら、ショートブレッドが付いてきた。
もちろん、Fine luxury chocolatesと題した2個入りゴディバチョコの箱が配られたが、こちらは全路線共通のようなので、家内へのお土産にした。


最後に、照明が暗いだけでなく色が変わるので載せられる写真にはなっていないが、A380型機のラウンジに用意されていた食べ物を紹介しておこう。「Bistro bites」と書かれたメニューもあった。






※メニュー: LunchBistro bites

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒マドリード(MAD)

搭乗:2017/6/15 EK141便
評価点:総合★★★★★★★★★★サービス★★★★☆雰囲気★★★★★
ドバイでの接続時間は4時間半。当地時刻で朝3時に到着し、7時半に出発だ。



その間は、ビジネスクラスラウンジで休めるわけだが、広さだけで実用性に乏しいカタール航空のドバイ空港ビジネスラウンジ(☞ こちら)と違って、実用性を備えた素晴らしいラウンジだ。


▲エミレーツ航空ビジネスクラスラウンジMap(↑ クリックで大きな画像が開きます)

何しろ、どのゲートにもラウンジから直接搭乗できる(それだけ横に広がっている)し、座席はソファー仕様。フルフラットではないが、仮眠できるシートには毛布と安眠マスクも置いてある。(下手に使って寝過ごすのが怖い)



食事の方は、早朝時間帯ということで大したものは無かったが、こちらもお腹いっぱいなので、7時間半の乗継時間がある帰国便で試したいと思う。

***********

さて、マドリッド行きも超大型のA380型機。
特典航空券で取れたのがA380で運行するこの路線だったわけだが、搭乗率2割の成田便と違って満席だ。

ウエルカムドリンクは、色違いのシャンパン(?)が増えただけで成田便と同じ。後から、大判のおしぼりが出てくるのも同じ。
違いは、中距離路線扱いだからかアメニティが無いだけ。

飛行時間7時間強の中距離路線だが、食事は2回出てくる。

Continental Breakfast
Continental Breakfast
Fresh juice seved with seasonal fruit, yoghurt and a selection of bread, croissants and pastries


最初の食事は、現地朝7時半発ということで朝食表記。
コンチネンタルかエクスプレスの2択であっさりした内容だが、2食目にボリュームの有りそうなランチが用意されているので、こんなものだろう。



今回は、バスケットからクロワッサンをいただいてみたが、やっぱり不味い。
バターをたっぷり使わないから、安物の袋入りクロワッサンみたいなものになるのだ。

食前酒が無かったことから、成田便ではあったナッツのおつまみは無し。
仕方ないので、追加のダイエットコークをもらいに機内ラウンジに出向いて、そこに置いてあったナッツを席に持ってきた。
機内ラウンジの写真は、ひとつ前の成田便にたっぷり載せてあるので、そちらをご覧いただきたいが、食べ物もほぼ同じラインナップだった。

**********

到着3時間前にでもラウンジにケーキでも取りに行こうと思っていたら、3時間20分前に明かりがついておしぼりが配られ、ランチと食前酒のオーダーを取りに来てしまった。
朝食が朝8時半で、昼食はドバイ時間でお昼過ぎというわけだから、早すぎるとも言えないか。
帰国便の宿題が増えてしまったが、昔と違って小食になっているので、全部のノルマは達成できないかもしれない。

ここで、食前酒(私はダイエットコーク)が出てきた。
もちろん、朝食直後に自分で取りに行ったナッツと同じで、成田便とまったく同じ構成の温められたナッツ。



ランチは、中距離路線だからか、デザートの付かない2皿コース。
満席の影響か、注文を取ってから出てくるまで1時間も経過していた。

出し方は、JALと同じでトレーの上に最初の前菜とサラダ、パン、バター、ドレッシングを乗せて来る。
個人的には、トレーを使うとレストランではなく給食のイメージなってしまうので、好きではないのだが・・


Traditional Arabic mezze
Traditional Arabic mezze
Houmous, artichokes with mushrooms, stuffed vine leaves and shanklish salad


前菜は3択。もちろんカタール航空でも2回食べたアラビアメゼを注文。(☞ 羽田⇒ドーハドーハ⇒アテネ

国や製造者が違えば同じ料理名でも違うように、カタール航空と違って作りが丁寧。
味の方も特徴があって、すべてに酸味が加えられていた。ライムかな?

shanklish salad

一番美味しかったのは、定番のフムスではなくて、shanklish salad

ポテトサラダの一種だと思ったが、シャンクリッシュは中東のチーズのようで、チーズサラダだったようだ。
チーズにまぶしてあるスパイスが独特で、こういった料理に出会えるのが、郷土料理狙いの凄味だ。

パン2種類

ちょっと残念だったのは、フムスやshanklish saladを挟んで食べるための、アラビアン・ピタが硬くなってしまっていたこと。
恐らく温めてあったのだろうが、後方席から配っているようで、前方席まで配り終える頃には冷めるだけでなく水分が飛んでしまったのだろう。
前方席は、トイレやラウンジまで遠いので、後方席を指定した方が良いかも?

サラダ

サラダで気になったのは、ズッキーニの中身をくりぬいた感じのもの。
最初は苦手なセロリーだと思っていたが、食べてみるとキュウリとほぼ同じ味で、日本の胡瓜よりも美味しいかも。



トルコ料理のメゼで定番のブドウの葉でくるんだ料理は、中身よりも葉っぱの厚さが気になったが、意外にも硬くない。
セミドライトマトを加えてあり、それが良いアクセントになっていて美味しい。


Prawn machbous
Prawn machbous
Prawns marinated in Middle Eastern spices and cooked with aromatic rice, topped with roasted pine nuts


メインも3択。ここは海老狙いで頼んだのだが、machbousの意味が分からなかったことから、想定外のものが出てきた。
確かにアロマティックライスが添えられているとは書かれているが、メインは海老では無くライスだろうという皿だ。

出てきた時は、結構がっがりしたものだが、これが美味しい。

Prawn machbousの中に隠れていた海老

ライスはビリヤニと言えるお味で、上から少しずつ剥ぐように食べると、予想通り海老が大量に出てきた。
炒めた海老に、玉葱たっぷりのカレーペーストを加え、それを皿に盛り付けてからビリヤニを上からきれいに敷き詰めて、最後に松の実とバジルの葉をトッピングした料理だ。

しかし、2品で決めるだけあって、前菜もメインもなかなかのボリュームだったが、ドバイのラウンジ食を帰りの楽しみに残したので、パンを除いて完食。パンは、別にバスケットで4種類ほど配りに来たけど、パスしている。

GODIVA

これでおしまいだと思って、トイレに行くためにさっさと片付けてしまったのだが、後からフルーツかチーズが出てきたみたい。ゴディバのチョコレートだけいただいたが、歯磨きしてしまったのでどうしよう。マドリードは木曜日まで気温40度近い灼熱地獄だっていう予報が出ていたけど、あまりゴディバに未練は無いので、ドロドロに溶けることを覚悟で持っていくことにした。

ということで、中距離路線で2食に加えて機内ラウンジ食も充実していることから、★5つ進呈。
やはり、本拠地発のご当地料理系機内食は、美味しいものが出てくるものだ。


※メニュー:Breakfast・Lunch①ドリンク①

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
イタリア/ヴァレス峠 [Passo Valles]: Rifugio Capanna 2017/07/16
イタリア/San Martino di Castrozza: Hotel Colbricon 2017/07/14
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Ritratti e Sapori 2017/07/12
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Gelateria Il Sorriso 2017/07/12
イタリア/ヴェローナ[Verona]: ヴェンキ [Venchi] Via Cappello-Casa di Giulietta店 2017/07/11
イタリア/ヴェローナ[Verona]: トラットリア・アルポンピエーレ [Trattoria Al Pompiere] 2017/07/09
台湾/桃園空港: 浮雲遊子大餛飩 2017/07/08
台湾/桃園空港: 鬍鬚張(Formosa Chang) 桃園二航店③ 2017/07/07
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ③ 2017/07/07
台湾/高雄・市議會駅: 周記当帰鴨 [周記當歸鴨] 2017/07/06
台湾/高雄・市議會駅: (201)侯記鴨肉飯 2017/07/06
台湾/高雄・西子灣駅: 重慶涼麺 [重慶涼麵] 2017/07/05
台湾/高雄・巨蛋駅: 富民路無名鴨肉麵 2017/07/05
台湾/高雄・西子灣駅: 羅師傅麵食館 西灣店 2017/07/04
台湾/高雄・市議會駅: 三民市場鴨肉飯(三民街無名鴨肉飯) 2017/07/04
台湾/台南: 黄記鱔魚意麺 [黃記鱔魚意麵] 2017/07/03
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒羽田(HND) 2017/07/02
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>