FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

マルタ/セントジュリアン [San Ġiljan]: Gozitan

訪問:2018/4/12 19:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆


初日の夜は、昼のうちに下見した店の中からゴゾ島の郷土料理を出すという店を選んだ。
店名がストレートなので、どんなものだろうという興味からだ。
ちなみに上の写真の店のロゴは、ゴゾ島の形をそのまま描いてあるものだ。



店頭メニューは、液晶モニターに映し出す形式。
それを見ていたら、呼び込み担当のお兄さんが声をかけてきたので、席まで案内してもらった。


▲店頭メニュー(↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

見習いみたいな感じだったが、本来のサービス担当の女性たちが何故か無視を決め込んでいたので、最初は彼女たちの仕事だと取り合わなかったものの、結局は彼がメニューを持ってきてくれた。ちょっと選択を誤まったかな?




7年前の訪問時からマルタ産のソフトドリンク「キニー[Kinnei]」ばかり頼んでいたので、西欧地域での私の定番である炭酸水(€3.50)を頼んだら、お隣イタリアのボトルが出てきた。
マルタ産の炭酸水って無いのかなぁ?




サービス姿勢で危険を感じたことからメイン1品だけの注文にしたが、パンのお供がハーブバターにしては変な味のものと、何故かケチャップが付いてきた。
まさか、ゴゾ島ではパンをケチャップで食べるって??



Fenik maqlej bit-tewn(€15.00)
Pan Fried Rabbit
Our house special. Pan fried rabbit with garlic.


お願いしたのは、店のスペシャリテだという兎のソテーというか、ローストっぽいもの。
マリネしたウサギ肉を、単にオーブンで焼いた感じだ。

確かに下味は良い感じだったものの、焼きすぎで水分が飛んでしまったような肉が美味しくない。
詳細写真を撮り忘れてしまったが、手前の胸肉部分に、奥の細いモモ肉、中央部分に内臓肉が盛られていた。内臓肉だけはニンニクと共にフライパンで焼いてあって、その部分だけは美味しかった。
本来は美味しいはずの腿肉は、細すぎて硬いだけっていう感じ。



付け合わせに2種類のジャガイモ料理が付いていたが、やっぱり芋は普通という感じ。
パンに付いてきたケチャップは、このためのものだったのかも?

ベイクドポテトは、軽いカレー風味の味付けだった。



Hilu(€3.50)
Dessert
Our dessert platter consists of fried Maltese dates, helwa tat-tork and fig ice cream


結局、ホール担当の女性陣が何もしないので、呼び込み担当のお兄さんが面倒を見てくれたのだが、デザートはいるかというので、何があるかと聞いたら1品しかないと口頭説明。

この記事を書く段階でメニューにも記載されていたことに気づいたので、それをベースに書くが、左手前のものは helwa tat-tork というものだろう。
これ、なんとなく麦焦がしのような懐かしいお味。

中央は、マルタの郷土菓子であるデーツパイを揚げたもの。
揚げたてで、これは美味しかった。
奥のアイスクリームは無花果のアイスクリームと記されているが、ほぼバニラアイスだ。




お会計をお願いしたら、最後に頼んだデザート代が抜けていた。
例のお兄さんにデザート代が抜けていると伝えて確認してもらったが、理由不明ながらもサービスでいいと。ホール担当の女性陣が無視したことをお兄さんがボスに伝えたからか、あるいは当方がわざわざ請求額より余計に払うことになるミスを指摘したことで、サービスでいいとなったのかは不明だが、ホール担当の女性陣の問題点はチャラにしておこう。


※メニュー:前菜パスタメイン①サイド・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Gozitan
電話:2786-4626
営業:12:00~24:00
定休:無休
住所:64 Triq Paceville, San Ġiljan
GPS:35.923812, 14.491119 (☞ Bing Map


マルタのレストランレビュー一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マルタ/セントジュリアン [San Ġiljan]: Paranga

訪問:2018/4/12 13:00
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★★雰囲気★★★★★CP★★★★☆
7年ぶり2度目のマルタにやってきた。
前夜は23時到着の便だったので、そのまま空港のフードコートにあったソファー席で寝て、IHGスパイア会員特典で朝10時にチェックインできるインターコンチネンタルに宿泊。
正午まで待てばスイートルームも選べると言われて(☞ IHGスパイア会員アップグレード記録)、荷物だけ預けて周辺を歩き回って時間つぶし。



チェックインした後は、ホテルから200m離れたビーチにホテルのシーフードレストランがあるとのことで、お礼を兼ねてランチはそこでいただくことにした。
ホテルから離れているうえに、普通のビーチサイドにあるので、知らなければインターコンチネンタルの直営レストランとは思わないだろう。


右:Kinnie Diet(€2.50)

まずは、マルタ産のソフトドリンク「キニー[Kinnie]」を。
前回来た時、珍しいマルタ産のドリンクだという事で飲みまくっていたので、さっそく注文。
味は全然覚えていなかった・・(苦笑)




これも覚えていなかったが、マルタのレストランでは、フランスと同じように無料のパンとバターが出てくる。
このパン、さすが5つ星ホテルの店らしく美味しい。



特にマルタのパンというわけではないが、ほぼイタリア料理ばかりというお国柄でありながらも、ふわっとした食感。イギリスパンとフランスパンの良いところ取りという感じで、バターとよく合う。



Tagliolini all'Uovo e Nero di Seppia allo Scoglio(€12.50)
Squid ink tagliolini egg pasta tossed with fresh clams, mussels, squid, fish fillets in light prawn bisque, hint of chili pepper


ランチという事で、海鮮系のイカ墨パスタをチョイス。
マルタで下手にパスタを頼むと、とんでもない量で出てくるものだが、こちらは前菜サイズ。つまり、日本の普通のパスタと同じ量だ。

イカ墨を練り込んだ市販風の乾麺パスタだったのは仕方ないが、具材が高級ホテル直営レストランらしい。
魚のフィレが複数形になっていたが、確かに2種類入っていたし、ソースは微妙ながらも海老のビスクっぽいお味。ただし、濃厚さが無いのでソースには厳しい感じ。


Patate Fritte(€2.00)
French fries


サイドメニューから、前回マルタで食べたフレンチフライの芋が美味しかったことを記憶していたのでフレンチフライも注文しておいた。

ところが、このポテト、あまり美味しくないのだ。
オランダのフリットに匹敵する味だと書いていたのだが、ごく普通。
前回食べた店が、たまたま美味しかったのかなぁ?




お会計は部屋付けにしたが、チップ記入欄があったので、珍しくチップも支払い。(注:マルタでは一般的にチップ不要だが、高級レストランかつチップ記入欄があったので支払っただけ)
立地とサービスは文句ないし、周辺の店と同じか下手をすれば安いぐらいの価格設定だったからだ。


※メニュー:前菜パスタ・リゾット魚料理肉料理・サイド

【店舗詳細情報】
店名:Paranga Seaside Restaurant
電話:2137-7600
営業:12:30~15:00、19:00~23:00
定休:無休
住所:St. George's Bay, St. Julian's, STJ 3310
GPS:35.925407, 14.488731 (☞ Bing Map


マルタのレストランレビュー一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

マルタ/マルサスカーラ(Marsaskala): 47 Summer Nights

訪問:[2011/4/11 12:10]
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
ガイドブックによると漁港だということで、日本でも漁港のレストラン(食堂)ばかり目指してしまうことから行ってみることにした。
ただでさえ標識がほとんど無い道を迷いながらも到達したのが マルサスカーラ (Marsaskala) という街。
確かに景色の良いひなびた漁港だと思っていたら、半島状になった先端部分でガイドブックで紹介する場所とは違った。実際は半島の付け根(入り江の奧)にある大きな街だったのだ。この国、人口わずか40万人とは思えないほど、あちこちに大きな街がある。高層ビルが無い分だけ平面に広がっているので、人口の割に街の規模が大きく感じてしまうのだ。

勘違いした半島の反対側にある漁港予想外に大きな街だった
▲左:当初勘違いした漁港  右:実際の街の中心(あまり漁港という感じはしない)

レストランよりはバーの多い海岸沿いの中から、バス停に近い最も客の入っていたこの店を選んだ。
店頭メニューに「Traditional Maltese Recipes」と気になる見出しも発見。



色々なマルタ料理が並んでいたが、最初の行に載っていた「かたつむり」(別名:エスカルゴ、Bebbux は、マルタ語表記)。
酒のお供に最高といった説明が記されていたが、ノンアルコールの Diet Kinnei(€1.30)といっしょでも構わないだろう。

Bebbux, Snails, cooked in Mark's special Maltese recipe(€5.95)
Traditionally cooked snails in a very tasty maltese salsa, sided and spiced in Mark's special recipe, which involves a cooktail of herbs, and reduced to local ale.
Served with maltese bread & home made bigilla
Bebbux, Snails, cooked in Mark's special Maltese recipe(€5.95)

正直なところ出てきたカタツムリの量には驚かされた。サイズはいろいろだが、100個近くはあるだろうか。フランス料理では高級食材の部類に入るのに、この気前の良さというか不気味なほどの量は、圧巻というか、ちょっとたじろいでしまう。

凄い量のカタツムリ

爪楊枝が10本近く添えられていたので、本来は大勢で食べる料理だと思うが、周囲を見渡すとみなさんこれを頼んでいる。この店で一番安い料理ということもあるだろうが、マルタ人ってそんなにカタツムリが好きなんだろうか?

パンにカタツムリの身を乗せていただく完食したカタツムリの残骸

パンの上に乗せて食べるには量が多すぎで、灯台ツブのようにひたすら中身をほじくり出して食べて食べて完食。(右側の写真がカタツムリの残骸)

リエットもたっぷり

サラダの野菜は鮮度が悪く、たっぷり付いていた bigilla(豆をベースにしたリエットのようなもので、マルタの郷土料理)も大味でいまひとつと、味覚的なレベルは低いが、日本では考えられない大量のカタツムリを食べたい向きにはお勧め。サザエのような苦みもなく、原形を無視すれば子供でも食べる事が出来るはずだ。
ただし、ほかの店でも置いているようなら、他の店の方が良いかもしれない。というのも、味付けに難あり(というか難無しの芸無し?)だからだ。


※メニュー:

【店舗詳細情報】
店名:47 Summer Nights
電話:2163 9904
住所:47 Marina Street, Marsaskala

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:インドネシア
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Olla de la Plaza Nueva 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Viña del Ensanche 2018/11/13
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Café Iruña 2018/11/12
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Mugi 2018/11/11
スペイン/プレンツィア [Plentzia]: Bar Batela 2018/11/10
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Figón 2018/11/09
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Globo 2018/11/08
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Colmado Ibérico② 2018/11/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒ブリュッセル(BRU) 2018/11/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 成田(NRT)⇒香港(HKG) 2018/11/05
海外レンタカーで事故を起こした際の記録とオプション保険加入の不必要性を検証 2018/11/03
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran@Excelsior ad Beograd 2018/11/02
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran Tri Šešira 2018/11/01
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Moon Sushi Bar 2018/10/31
セルビア/ベオグラード: Prime Restaurant@Crowne Plaza Belgrade 2018/10/30
セルビア/ベオグラード[Beograd]: Restoran Singidunum② 2018/10/29
セルビア/シャバツ [Šabac]: Gradska kafana 2018/10/27
セルビア/チャチャク [Čačak]: Castello Restoran 2018/10/27
セルビア/メジュゴリエ [Međuvršje]: Restoran Santa Maria 2018/10/26
セルビア/ザイェチャル [Zaječar]: Mr. BIN 2018/10/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>