FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ベトナム/フーコック島(Phu Quoc): OLA Beach Club @SOL Beach House

訪問:2017/11/26 19:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆


フーコック島最後の晩餐は、アラカルトレストランで食べることにした。さすがに、低水準のバイキングレストラン(☞ The Kitchen)で2日連続食べる気はおきない。

昨晩メニューをちらっと見させてもらい、揚春巻が税サ抜で275000đ(≒1400円)という高価格にビビッてバイキングレストランに向かってしまったのだが、改めてメニューをじっくり見てみると、比較的安い料理もあった。
ただし、それは2食付で泊っている人達が頼めるものだ。



ということで、2食付宿泊者が選べない料理で頼むことにした。
水が有料なので、ドリンクはDiet Coke(63525đ≒320円)で。



Slipping Lobster, Butter, Herb(525525đ≒2600円)

お願いしたのは、スリッピング・ロブスターというもの。
ロブスターとあるので海老の類だとは予想できたが、持参したタブレットでネットで翻訳しても出てこないし、当地でよく見る大型のシャコではないかと予想していたら違った。



部屋に戻ってからPCで改めて調べてみると、スリッパだった。Slipper Lobster、和名ではウチワエビとか草履海老が属するセミエビ科の海老。ロブスターと違って伊勢海老系列の海老だそうで、ロブスターよりも高級品だ。(☞ wiki



予想していた大型のシャコはランカウイ島で食べたことがあるが(☞ Orchid Ria)、草履海老は見たことはあるものの食べるのは初めて。

しかも、シャコよりも身入りが多く食べ応えがある。
これが5つ星ホテルのレストランで2尾2500円で食べることができるなら、納得のプライスだ。



1尾分の身を取り出したものをアップ。
さすが伊勢海老系とあって、身が甘くプリプリしていて旨い。
2尾あったので、食べ応えも十分あり、大満足だ。



付け合わせは、ヌクマム風味の魚のスープに、サラダと根菜のピクルス。



ご飯を忘れられていたので、後から請求したら茶碗1杯程度と少な目だった。



Passion Fruit Cheese Cake(103950đ≒520円)

ちょっと物足りないので、デザートを追加。
こんな時は、ボリューム感と好みが一致するチーズケーキで決まりだ。

ここでも、単にチーズケーキだけでなく、パッションフルーツのアイスクリームと果実が添えられていた。チーズケーキもまずまずで、フーコック島最後の晩餐としては、大満足の食事となった。


※メニュー:韓国BBQ・スープ前菜・クレイポットグリル串焼きデザートドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:OLA BEACH CLUB
電話:(02973)869999
住所:Sol Beach House Phu Quoc, Duc Viet Tourist Area 1, Bai Truong Complex, Duong To, Phu Quoc
GPS:10.145415, 103.975367


訪問したベトナムのレストラン

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベトナム/フーコック島(Phu Quoc): Shack Restaurant @SOL Beach House

訪問:2017/11/26 13:20
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
せっかくの高級ビーチリゾート滞在なので、プライベートビーチのチェアで寝そべってまったり。
泳げないので、それしかできない。(苦笑)



ランチは、そのビーチから裸足のまま出入りできるレストランでいただくことにした。
カウンターにマレー料理のナシレマがあったので惹かれたが、ここはベトナム。ベトナム料理を食べなければと、メニューを要求。



屋根あるいは日よけの傘のあるスペースは満席で、仕方なく海に近い端っこの席を確保。辛うじて海が見える席だが、椅子の高さと同じテーブルで食べることになってしまった。(オンシーズンはパニックになるだろうなぁ・・)



Bun Cha(184800đ≒920円)
Caramelize pork belly, spring roll, rice vermicelli, fresh herb salad, pickled cucumber, sweet chilli dressing


選んだのは、Local Favoritesからハノイ名物のブンチャ。
本場ハノイやサイゴンでも食べているが、過去最高はBún Cha 145 Bùi Vienのもの。肉を炭火で焼いて出してくるかがポイントだ。



メニューではspring rollとあったが、忘れられたのか代わりなのかミニハンバーグが3つも乗っていた。バラ肉よりも、そちらの方が大きく主張しているが、風味的には多分炭火で焼いている感じ。規模の大きな5つ星ホテルで炭火焼で出すとは、ちょっと意外な感じだ。(炭火焼の香りを出す調味料かなぁ?)



肉の断面は、こんな感じ。



肉はまずまず、汁も普通に美味しいし、麺の状態もそれほど長時間放置していた感じはなく上等だが、大きな問題がひとつ。麺と肉の量に対して、汁が少なすぎることだ。
汁の中に麺と肉を投入して食べるには足りず、冷やし蕎麦のように少しだけ汁に入れて食べることで、なんとか足らせた。



Mango Fresh Juice(92400đ≒460円)

ドリンクはマンゴージュースをお願いしたが、相変わらずドリンク代の高いホテルだ。
しかも、お味の方も薄くてかなり残念。
このホテルでは、コーラとかビールといった有名ブランド品を頼んだ方が安全な気がした。


※メニュー:Bites, サラダバーガー地元料理、麺ピザグリルデザート①

【店舗詳細情報】
店名:SHACK
電話:(02973)869999
住所:Sol Beach House Phu Quoc, Duc Viet Tourist Area 1, Bai Truong Complex, Duong To, Phu Quoc
GPS:10.146273, 103.975269


訪問したベトナムのレストラン

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ベトナム/フーコック島(Phu Quoc): The Kitchen @SOL Beach House

訪問:2017/11/25 19:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
フーコック島最後の2泊は、出来たばかりの5つ星ホテルに泊まることにした。
実は、大型高級リゾートホテルのオーシャンビューの部屋に泊まるのは初めてで、高い宿代を払ってまで泊まる価値はあるのか見てみたかったのだが、べらぼうな金額(概ね2食付き2万円以上)でなければ大いに価値ありとの判断となった。
ただし、連泊しなければ意味がないだろうとの感触も得ている。



今回はUS$165.03/2泊朝食付で予約したので、ホテル内にある3つのレストランすべてを試してみようと思っているが、最初は一番大きな本館内にあるレストラン。朝食会場となるレストランなので、バイキングのみの運用だ。

営業時間が書いていなかったので、ひとまず18時過ぎに出かけてみたら、店頭にメニューが出ていないし、スタッフもあわただしく動いているようで、ひとまず退散。19時に再度出かけてみても、店頭メニューが出ていない。
結局店頭にメニューが出なかったし、フリー客用のバイキング価格k表記も出なかった。なんだ、このホテルは?


店内のスタッフを捕まえたものの、今度は英語が通じない。5つ星の外国人をターゲットにしたインターナショナルブランドのホテルで(スペインが本拠地のmeliaグループ)、ほぼ100%外国人客という客層なのにだ。
基本中の基本である How much? すら通じないので、タブレットでベトナム語変換したのを見せた結果 350000đとの回答を得たが、思ったより安い。(注:税サ別なので、404250đ≒2000円が正しい)



意外に安かったバイキングだけあって、高価な食材を使った料理はほとんど無かった。
最初に冷前菜コーナーから盛ってきた皿の海老だけだろう。これ、街中でたべると結構高いのだ。



海老の反対側に盛ってあるのが、魚のマリネのサラダ。
フルーツサラダに見えたものにも、別の生魚が入っていてびっくり。こういう食べ方もあるんだと。




2皿目はメイン料理コーナーから。
肉料理は、鶏肉のグリルと酢豚と好物のレンダン(マレー料理の牛肉の煮込)だけ。



左がレンダン、右は面白い料理だった豆腐をココナッツとピーナッツソースで煮たもの。




麺コーナーもあったので作ってもらったが、選択肢はなし。
魚のスープだと書いてあったけど、ヌクマム入りの薄味スープかなぁ。
棒ラーメンみたいな麺も入っていたが、美味しくない。



最後に美味しいと思った料理をリピートして、主食系はおしまい。




お楽しみのデザートは、かなり貧弱。
この中で美味しかったのは、左端のアップルタルトだけだけだった。



マンゴーアイスなんて溶けているだけでなく薄いし、ココナッツプリン(?)もイマイチ。



マンゴーアイスはベトナムのブランドものみたいだったけど。
締めのフルーツも朝食バイキングレベルで、これしか取る気にならなかった。

なお、ドリンク代は水が46200đ(≒230円)、コーラが63525đ(≒320円)と、同格のCassia Cottage(☞ The Spice House)よりも高額格設定だった。

2食付で予約していれば、アルコールを含むドリンクも一部限定されるもののフリーだったので、飲む方は2食付で予約することをお勧めしたい。差額はキャンセル不可レートでUS$25程度だから、アルコールを頼むかソフトドリンク2杯以上で元が取れる。


【店舗詳細情報】
店名:The Kitchen
電話:(02973)869999
住所:Sol Beach House Phu Quoc, Duc Viet Tourist Area 1, Bai Truong Complex, Duong To, Phu Quoc
GPS:10.146079, 103.976858 (☞ Bing Map


訪問したベトナムのレストラン

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 65ヵ国を訪問
47ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:インドネシア
12月:ギリシャ②、キプロス
12月:ラオス
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:マレーシア⑫,カンボジア
2月:ベトナム
3月:台湾
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
6月:リトアニア②、ラトビア
7月:台湾
8月:スイス⑨、イタリア
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Olla de la Plaza Nueva 2018/11/14
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: La Viña del Ensanche 2018/11/13
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Café Iruña 2018/11/12
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Mugi 2018/11/11
スペイン/プレンツィア [Plentzia]: Bar Batela 2018/11/10
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Figón 2018/11/09
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: El Globo 2018/11/08
スペイン/ビルバオ [Bilbao]: Colmado Ibérico② 2018/11/07
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 香港(HKG)⇒ブリュッセル(BRU) 2018/11/06
ビジネスクラス機内食/キャセイパシフィック航空: 成田(NRT)⇒香港(HKG) 2018/11/05
海外レンタカーで事故を起こした際の記録とオプション保険加入の不必要性を検証 2018/11/03
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran@Excelsior ad Beograd 2018/11/02
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Restoran Tri Šešira 2018/11/01
セルビア/ベオグラード [Beograd]: Moon Sushi Bar 2018/10/31
セルビア/ベオグラード: Prime Restaurant@Crowne Plaza Belgrade 2018/10/30
セルビア/ベオグラード[Beograd]: Restoran Singidunum② 2018/10/29
セルビア/シャバツ [Šabac]: Gradska kafana 2018/10/27
セルビア/チャチャク [Čačak]: Castello Restoran 2018/10/27
セルビア/メジュゴリエ [Međuvršje]: Restoran Santa Maria 2018/10/26
セルビア/ザイェチャル [Zaječar]: Mr. BIN 2018/10/25
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
17位
アクセスランキングを見る>>