《 訪問国別レストラン一覧 》   

ラトビア/リガ中央市場 [Centraltirgus]: Mājas Virtuve Kafejnīca

訪問:2017/9/8 11:50
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
当初計画を変更して、リトアニアを中心に回ることにした今回の旅。そのしわ寄せで、ラトビアはリガで2泊だけ、この後のポーランドはワルシャワだけの滞在になってしまったが、リガでの2食目が、ラトビアのレストラン紹介の最後。
というのも、夕飯は近所のスーパーで狙っている量り売りの惣菜、3日目の朝はホテルに付いている朝食、昼は空港ラウンジ食と機内食になるからだが、未練たっぷりなので、再来年の春にリトアニアと合わせて再訪するつもりだ。

その昼食だが、前日に引き続きリトアニアでの激安路線を踏襲して、リガ中央市場 [Centraltirgus]内の食堂を選んだ。
市場内のレストラン(食堂)はそれほど多いわけではないので、選択基準としてブログ的に名称がハッキリしていていることが最低条件。もちろん紹介することも目的なので、きれいな店構えの方が良いが、旧市街のレストランのような価格は受け入れられない。(市場内にそんな店は無かったけど・・)

Mājas virtuve KafejnīcaMājas virtuve Kafejnīca

選んだのは、駅やバスターミナルから最も近い4棟続きの建物の一番東側、それも横の入口から入ってすぐで、迷う余地の無いこの店だ。(いつものように、地図で正確な位置をポイントしてある)

ちょっとした街のカフェと言っても過言ではなく、市場内の他の低価格食堂とは一線を画していた店構え。それなのに、お値段は他の簡易食堂と比べて2程度高めながらも、大差なしということで決定した。

Mājas virtuve Kafejnīca
▲メニュー代わりのショーケース (↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

ドリンクメニューは、壁に掲示されていたが(☞ こちら)、料理の方は入口注文カウンターのショーケースの中から選ぶ形式。
これ、指差し注文できるので楽ちんだ。


▲ショーケースの中の注文したもの(あとの実物写真と比較してほしい)

ということで、前菜から1品(€1.10)と、メインから1品(€2.30)、それにレモネード(€0.30)の3品合計で €3.70也。
リトアニアでは市場で食べていないので比較できないが、リトアニアのレストランを上回る激安ぶり。
さすが市場内食堂だ。

前菜とドリンクはその場で渡されたので自分で席に持って行ったが、メイン料理は後から出来立てを持って来てくれた。




まずは、手渡しされた前菜とレモネード。
レモネードとの表記で、何を出されるかと思っていたが、ペットボトルから注いでいた。
微炭酸なので、ファンタレモンかな?



前菜の方は、ショーケース最上段にあったもの。
ガラス越しに見える手書きのラトビア語表記なので名称を書くことが出来ないが、豚タンのスライスをパプリカとハーブといっしょにゼリーで固めたもの。見栄え良くきれいにゼリーで固めている点なんて、高級料理店顔負けのクオリティ。
これが、わずか €1.10(≒140円)というのだから、凄い。



お味の方も、安かろう悪かろうという事も無く、想定通り。
想定外だったのは、添えられているホースラディッシュを付けていただくことだったが、結構合うものだ。日本だと、ローストビーフに付けるぐらいしか思いつかない。




5分ほど待たされてメインが到着。
これ、先にお見せしたショーケースの中のサンプルと見比べてほしい。どう見たって、こちらの方が豪華。

これで €2.30(≒300円)というのだから、リトアニアの市場価格とは比べられないものの、リトアニア料理のレストランで感動した価格よりも安い。



コールスロー2種と茹でたポテトなんて、サンプルには無かったのに。
そのコールスローが、個人店特有の決まっていない味付けではなく、非常にオーソドックスな味付けなので、これまた美味しくいただける。市販品かもしれないが、美味しければ良いのだ。



メニュー表記は分からないし、ショーケースの見た目で鶏肉と思ってはいたが、出てきた肉は大好物のサイの部分。日本だと1個200円近くするはずだが・・

写真の通り、何種類ものスパイスを使って、しっかり下味も肉に浸みこんでいる。
焼き立てでは無さそうだったが、スーパーの揚げ物なんかよりも全然美味しいではないか。


昨晩旧市街のレストランを回って店頭表示価格をチェックした印象では、ビリニュスよりも大都市感の強いリガの方がかなり高い印象だったものの、地元民が食べる店はリトアニア同様に安いことが判明した。

特にリトアニアのように豊富な郷土料理で楽しむことが出来ないみたいなので、この国では庶民料理を楽しんだ方が良さそうな気がした。台湾と同様に、B級グルメの旅も良いかもしれない。


【店舗詳細情報】
店名:Mājas virtuve Kafejnīca
営業:9:00~18:00
場所:リガ中央市場内(本文と以下の地図参照)
GPS:56.943910, 24.116345 (☞ Bing Map

 

【リガ中央市場 [Centraltirgus] の相場ウオッチ】
リトアニアよりは多少高いものの、食べ物の安さが際立つラトビア。
せっかくなので、市場での相場写真を選んでお届けしてみようと思う。(130円/€ 換算)


▲鶏肉100gは、胸肉47円、腿肉33円、骨付き腿20円、サイ・ドラム19円と、胸肉以外は日本の1/4。


▲豚肉100gは、ロース23円、肩ロース42円、赤身挽肉42円と、挽肉以外は日本の1/5。


▲大衆魚100gは、12~13円。日本のイワシも30年前はこんな感じだったなぁ。


▲その他は、お値段も多彩。100gで31円もあれば、150円もある。(鰻みたいなのは290円)


▲意外に高かったのがサーモン。230~320円/100g と日本の方が安いかも?


▲サーモンのアラとなれば、話は別。頭は9円/100g、身のタップリついた骨が25円/100g。



昨日の店で出てきた魚の燻製は、何でもアリっていう感じ


▲隣国ポーランドと同様にポルチーニもあった。小粒の方が高い。(表示単位は €/Kg)


▲トレー売りで見ると、価格差が際立つ


▲一番良く見かけるアンズ茸は、お手頃価格(生のポルチーニは市場以外で見かけなかった)



▲建物外の一角に広がる花屋の生花も安い(専門外だけど、日本の1/2~1/3程度?)


▲お土産に蜂の巣ハチミツ(土産にいくつか買ったもので、€1.80/100g前後)


▲今回紹介した店よりも、もっと庶民的な店だと2ユーロでお釣りがくる価格。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ラトビア/リガ [Rīga]: Lido Alus Sēta(Lido Beer Garden)

訪問:2017/9/7 17:00
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気★★★★☆CP★★★★★
6泊7日のリトアニア滞在を終えて、ヴィリニュスからバスに乗って300Km弱、4時間強でラトビアの首都リガ[Rīga]に到着。(€10.00/Lux Express

Lido Alus SetaLido Alus Seta

当然ながら、ラトビア料理をいただこうとトリップアドバイザーでラトビア料理を指定して検索した結果、上位に入っていたこの店をチョイス。後で調べたら、宿に近い駅前にも店があったし(駅前店の方がキレイ)、リガ空港も含めて手広く展開しているチェーン店だった。

日本人の情報も記載されていたので承知していたが、カフェテリア形式の店。
訳の分からないご当地料理狙いで、目で見て選べるという点では最高の形態だ。
メニューで選ぶ店ではないので選んだ料理名の記載が出来ないが、そこはご勘弁いただきたく思う。(実際はラトビア語表記で料理周辺に記載されているが、うまく撮れていない写真からラトビア語を抽出するのは難しいため省略)

ということで、ラインナップを写真で一通りご紹介。


▲スムージー・フレッシュジュース類


▲スープとピクルス類だったか?


▲食事系クレープ・オーブン料理等


▲サラダ類


▲前菜系

それ以外に、店員が張り付いてサーヴしてくれるコーナーがある。




選んだ料理は、左上が前菜系2品、右がメイン系とクレープ、下がスープで、全部で €7.35也。
リトアニアと違ってボリューム感が欠けるのは、支払総額が安いからだろう。
実は、それほど魅力的な料理が無かったのと、サラダの料金体系が不明で取らなかったのだ。




前菜は2品。
左側は白身魚の燻製をスライスしたものだが、翌日出かけたリガ中央市場の魚売り場で、ありとあらゆる魚の燻製が売られていたので、ラトビア料理の典型なのかもしれない。
皮目は硬くて食べれなかったものの、白身部分は美味。

右側はスイス料理のレシュティ(ジャガイモの千切りを平たくまとめて揚げ焼きしたもの)の超小型版の上に、甘めのマヨネーズたっぷりのサラダを乗せたもの。
普通にいただけるが、ラトビア料理なのかなぁ?




スープは、トマト系に肉と野菜の出汁を効かせた具だくさん。
この手のスープは美味しいに決まっているが、ちょっと塩辛い。煮詰まりすぎ?




メイン系には、別料金のソース(€0.40)を加えてある。
正しい選択なのかは不明だが、ハーブ・サワークリーム・マヨネーズを合体した感じのもの。



左のハンバーグ風のものは、肉よりパン粉等のつなぎの方が多そうなハンバーグもどき。
価格が安い分、肉を使えないのかと思ったが、リガ中央市場で肉の値段を確認したら、鶏肉は概ねキロ2.5ユーロ、豚肉は3.5ユーロ検討で、くず肉に至っては最大10分の1という感じだったので、コストの問題では無いかも。

肉が少ない分だけ、ハンバーグ感が乏しく不満かなぁ。
実は、ラトビアのハンバーグはこれが正統派なのかもしれないけど。



右のクレープ包みは、リトアニアのレストランでも普通に置いてあった料理。
そこまで手が回らなかったので未食だったことから、取ってみた次第。でもラトビア料理?

リトアニアでは、具材の選択肢が豊富だったが、こちらは2種類だけ。
選択したのは挽肉入りのものだったが、甘くない食事系クレープという事で、具材も含めて想像通りのお味だ。


この後、旧市街のレストランのメニューを見て回ったが、どこも西欧料理一般的なものばかりで、ラトビアオリジナルといったメニューを見かけなかった。(英語版メニューしか見れないからかも?)
リトアニアでは、郷土色豊かな独自料理がたくさんあったのに、ラトビアでは独自の食文化が発展してこなかったのかもしれない。
でも、トリップアドバイザーでは、ラトビア料理が有ってリトアニア料理が無いのだ。

お会計 
▲左:お会計  右:サラダコーナーにあった価格表。ラトビア語では意味不明で取れなかった。


【店舗詳細情報】
店名:LIDO ALUS SĒTA
電話:67 222 431
営業:11:00~22:00
定休:無休
住所:Tirgoņu iela 6, Rīga
GPS:56.948930, 24.106594 (☞ Bing Map

 

【リガ [Rīga] の風景】

















▲左:いい感じのホテル  右:いかにも観光客向けのレストラン(高すぎてパス!)


▲左:トロリーバスがいっぱい! 2輌連結車まである  右:ラトビアの列車

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
7月:スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
12月:トルコ③、エジプト
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
1月:カンボジア
2月:ベトナム
4月:フランス⑳、スペイン
5月:ポーランド④、台湾
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
台湾/斗六: 吳記肉圓 2018/07/18
台湾/台南: 聚福香古早味 2018/07/17
台湾/台南・大東夜市: 旗魚黒輪・無骨排肉酥・原木烤肉 2018/07/17
台湾/台南: 好地方蝦仁肉絲飯 2018/07/16
台湾/台南: 阿娟肉粽魯麵 2018/07/16
台湾/台南: 開春古早味 2018/07/15
台湾/台南: 友誠蝦仁肉圓 2018/07/15
台湾/台南: 永棋蝦仁肉圓 2018/07/14
台湾/高雄・後驛駅: 後驛鴨肉飯(鴨肉飯專賣店) 2018/07/13
台湾/高雄・市議會駅: (薛)富錦順小籠湯包② 2018/07/12
台湾/高雄・凹子底駅: 博義師燒肉飯 自由店 2018/07/11
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ⑤ 2018/07/10
台湾/台北・松江南京駅: 綠豆蒜啥咪② 2018/07/09
台湾/台北・迪化街: 枝仔冰城 台北大稻埕形象店 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: Mr.雪腐 2018/07/08
台湾/台北・永安市場駅: 冰果天堂② 2018/07/07
台湾/台北・萬芳醫院駅: 芮比特 2018/07/07
台湾/台中: show 喫冰小棧 2018/07/06
台湾/台中: 蒝紅綵手作飲冰館(The Rainbow Ice) 2018/07/06
台湾/台南: 蜂橙複合式餐飲③ 2018/07/05
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
15位
アクセスランキングを見る>>