《 訪問国別レストラン一覧 》   

ギリシャ/アテネ: Anafiotika Cafe [ΑΝΑφιώτικα Καφές]

訪問:2017/2/27 12:40
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
アテネは実質トランジットのための1泊だけ。と言っても、夜発の便なので1日見て回れる。
市内24時間券(€4.50)を買い、将来利用するであろうエーゲ海クルーズの出発港であるピレウス港まで地下鉄で往復し、その後は家内が絶対に行きたいと言っているパルテノン神殿の周辺道路をぐるりと回ったりして時間潰し。(数年後に家内と来た時に入ることになるので、今回は有料入場していない)

昼食は地球の歩き方掲載のレストランをターゲットにしたものの、やはり使えないガイドブックだ。店名を英語表記で載せたって、実際はギリシャ文字表記しかない店がほとんどなので、役に立たないではないか。
恐らく英語版のガイドブックから外国人観光客向けの店を翻訳転記しただけだと思うが、たとえアラビア語であっても、現地語表記を掲載しないガイドブックなど意味が無い。

Anafiotika CafeAnafiotika Cafe

結局見つからなかったので、階段沿いにたくさんの店が密集している中で一番良さそうな店に入ることにした。
もちろん店名表記はギリシャ文字だけで、当ブログで表記した英語名は Google Map から後で拾ったものだ。


Mousaka
Mousaka(€9.50)

お願いしたのは、日本のギリシャ料理店でも何度か食べている「ムサカ」。
「ムサカ」だと思っていたら、「ムザーカ」と発音するようだ。
それにしても、日本で食べたムサカとは随分と違う。

ムサカの断面

一番上は、卵のムースみたいな感じの生地。
オーブンで焼き固めてあるが、これは日本では経験がない。

その下に、ジャガイモのスライスとチーズ。さらにムサカ定番茄子のスライスとトマト味ベースの挽肉。
底の部分にジャガイモのスライスを敷き、その上に茄子のスライスも敷いてある。
なんだかベシャメルソースの代わりに少しのチーズ、パスタの代わりにたっぷりの芋と茄子のスライスを使ったラザニアみたいだ。

本場ものがこうなのか他店で食べ比べてみないと分からないが、東京で食べたムサカよりは美味しいのは確かだ。挽肉の味付けが、日本だとミートソースと同じ感じになっていたと記憶しているが、こちらはよりスパイスをいろいろ使っている感じがした。


無料のデザート

お会計をお願いすると、店からのサービスですとデザートを持ってきてくれた。
甘いシロップ漬け(ラム酒ではないが、何らかのリキュール入り)のブドウをトッピングした、パンナコッタ風のもの。
これも、結構行けるお味。


お会計 無料の水とテーブルセッティング

そうそう、注文後にピッチャーに入った冷たい水が出てきていた。もちろん無料で、お会計は注文品の額面通り。
デザートを無料で出してくれたので、お釣りはテーブルに残すつもりだったが、10ユーロ札を受け取った段階で何か言っていたものの(聞き取れなかった)、結局お釣りを持ってこなかったところは、ユーロ圏ではほぼチップが消滅している現状の中で、観光地でのチップ文化が残っている東欧らしい。


※メニュー:表紙喫茶軽食・チーズ・前菜①②・郷土料理メインドリンク①

【店舗詳細情報】
店名:Anafiotika Cafe [Αναφιώτικα Καφενείο]
電話:210-3244428
営業:朝から深夜まで無休
住所:Mnisikleous 24B, Plaka, Athens
GPS:37.973384, 23.727739(Bing Map


この後、アテネ空港まで地下鉄で移動し(€10.00、2人以上割引あり ☞ アテネ市内公共交通機関公式料金情報(英語版有))、カタール航空のビジネスクラスでドーハ経由で帰国して無事全旅程終了。

キプロスでは、現地で思いつきで行くことになったレフコシア(ニコシア)から徒歩で入国できる北キプロスに渡ったことで、当初5月のブルガリア旅行で達成する予定だった「訪問国60か国」の節目を今回達成してしまったというおまけの付いた旅行となった。

■今回の旅の費用
往復航空券: 8030円(羽田>ドーハ<>アテネ>成田、85000マイル消費/JALビジネスクラス特典航空券)
現地航空券: 11006円(€89.48 アテネ<>ラルナカ エーゲ航空 GoLight運賃)
現地宿泊費: 35278円(€286.81/4泊、うち朝食付3泊、5つ星ホテル2泊)
現地交通費: 14509円(€117.96)レンタカー&燃油(キプロス)、鉄道・空港バス(ギリシャ)
飲食雑費等: 10307円(€83.80)飲食費、入場料(キプロスのみ)
国内交通費: 2446円
旅費合計:  81576円

今回の旅では、キプロスのオフシーズンの高級リゾートホテルの宿代とレンタカー代の安さが魅力的であることと、日本の真冬の避寒地として適切であること、エミレーツ航空で再訪を誓っているマルタと合わせて込々10万円以下で航空券を買えることが分かったので、マルタと合わせて来年か再来年の同時期に再訪しそうな気がしている。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台南・高雄/台湾
6月:バレンシア/スペイン
6月:高雄・台南/台湾
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ブルガリア/ソフィア [Sofia]: Hadjidraganov's Cellars [Хаджидрагановите изби] 2017/05/27
ドイツ/フランクフルト [Frankfurt am Main]:アフリカクイーン [Africa Queen Restaurant] 2017/05/26
ドイツ/アシャッフェンブルク [Aschaffenburg]: Hilar's Wirtshaus "Lila Häuschen" 2017/05/25
ドイツ/ニュルンベルク [Nürnberg]: Restaurant Mount Lavinia 2017/05/24
ドイツの古城ホテル:ライヒマンスドルフ城 [Schloss Reichmannsdorf] 2017/05/23
ドイツの古城ホテル:コルムベルク城 [Burg Colmberg] 2017/05/22
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: Diller Schneeballenträume 2017/05/21
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: ブロットハウス[Zuckerbäckerei BrotHaus] 2017/05/20
ドイツの古城ホテル:アーベンベルク城 [Burg Abenberg] 2017/05/18
ドイツの古城ホテル:ヒルシュホルン城 [Schlosshotel Hirschhorn](Burg Hirschhorn) 2017/05/16
ドイツ/ハイデルベルク[Hidelberg]: Zum Roten Ochsen 2017/05/15
ルクセンブルク/Luxembourg: オーバーバイズ [Oberweis] Lux-Ville店(本店) 2017/05/14
ルクセンブルク/エッシュ・シュル・シュール[Esch-sur-Sûre]: Comte Godefroy 2017/05/13
ルクセンブルク/ワンプラアールト [Wemperhaardt]: Las Tapas 2017/05/12
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: Restaurant de Mangerie 2017/05/11
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: REITZ 2017/05/09
ドイツ/トロイスドルフ [Troisdorf]: Restaurant Sängerstuben 2017/05/08
ドイツ/ヴィアーシェム [Wierschem]: エルツ城 [Burg Eltz](併設カフェ) 2017/05/07
ドイツの古城ホテル:エンガース城 [Schloss Engers]@ノイヴィート[Neuwied] 2017/05/04
ドイツ/オーバーヴェセル[Oberwesel]: シェーンブルク城 [Restaurant Auf Schönburg] 2017/04/30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>