FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

キプロス/パフォス [Paphos]: ROXANE Restaurant@Alexander The Great Beach Hotel

訪問:2018/12/10 18:45
評価:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CPn/a

← 今日の走行実績ログ

キプロス3日目は、キプロス北西端に近いBaths of Aphrodite周辺のAphrodite Trailを散策した後、パフォスのビーチ沿いにあるホテルに宿泊。

1泊2食付のビーチフロントの部屋が2人で€138.60という価格は前夜の7割増だが、快適度は初日に食事別€94.00で泊まったCP Limassolよりも数段上。
食事代を考慮すると、かなり安く泊まれた。



このホテル、大型4つ星ホテルで500名以上の口コミを得ながら9.3点と高評価だったことで選んだわけだが(大型ホテルで9.3点という高得点は滅多に付かない)、食事内容も含めて納得の内容だった。

高評価の影響か、オフシーズンなのに広いレストランの7割は客で埋まるほど大繁盛。
そのおかげで、ディナーバイキングの内容も非常に充実していた。

ちなみに、今日のテーマは「Oriental Express」ということで、アジア料理だったことが我々日本人にとっては残念かな。
毎日違うテーマで料理を出しているそうで、地元キプロス料理は翌日だということで1日違った。




高評価のもうひとつの要因は、2食付きレートに食事のワンドリンクと水が無料で付くことだろう。
ウエルカムドリンクも付いたが、ホテルの夕食にアルコールと水が無料で付くケースは、スペインの何軒かのパラドール(Parador)で食べた特別メニュー(コース料理)しか思い出せない。

以下、ピアノの生演奏(家内に言わせれば下手糞らしい)を楽しみながら、食べた料理の写真を並べてみよう。




前菜群は、大好物のパプリカと小海老の香草マリネ等。




アジア料理ということで、寿司系も。ちゃんとワサビの用意もあったし、予想外に米が真っ当。JALの機内食で出てくる糞不味い白飯よりマシ。

奥のパスタは、なんとミーゴレンだった。細麺パスタでミーゴレンか・・
その手前、寿司の隣の胡瓜は、わざわざ日本の胡瓜と書かれていた。確かにご当地の胡瓜とは違って、馴染みのある味。




メイン系を物色。手前左は、白身魚の蒸し物。ソースはココナッツ味でアジアンテイスト。
右端の焼き餃子は、日本の市販冷凍食品の味がした。日本からの輸入もの?

奥は、タイカレーと題した2品。
どちらもココナツミルクたっぷりで非常にマイルド。激辛タイ料理になれていない方向けの食べやすい味付けだ。
激辛嫌いの私でも物足りないと思ったが、しっかりタイカレーの味はしている。

左中央の豚バラのBBQは中華風味。
日本のホテルでも○○料理フェアなんてよくやっているが、せいぜい2~3割程度しか○○料理は無いことが普通なので、結構優秀な感じ。




最後にリピートと、見落としていた料理。
中央下は、なんと北京ダック!
ちゃんと鴨の味もするし、タレも北京ダックに合う甘い甜麺醤ベースで良い味。
皮がパサパサなのは、ずっと並べてあるので乾燥してしまったのだろう。




デザートはさすがにアジア系のものが無かったが、パッションフルーツがあるのにはびっくり。
コスト掛けているなぁ。




最後にジェラートで締め。
ここでココナッツアイスとかあったらパーフェクトだったんだけどなぁ。


【店舗詳細情報】
店名:ROXANE Restaurant@Alexander The Great Beach Hotel
電話:26 965 000
営業:18:30~21:30
定休:無休
住所:8102 Poseidonos, Paphos
GPS:34.752423, 32.420674 (☞ Bing Map


キプロスの訪問レストラン一覧


翌日は強風に加えて時々にわか雨という悪天候だったことから、お昼近くまでビーチフロントの快適なホテルの部屋で過ごし、大荒れのペトラ・トゥ・ロミウ海岸 [Petra tou Romiou Beach]と、ラルナカ空港横の塩の湖で遠目にフラミンゴを見てから空港でレンタカーを返し、夕方到着便でアテネに戻った。


▲翌日の走行実績ログ
 

【アフロディテの泉 [Baths of Aphrodite] 周辺の風景】(☞ Google Map


▲アフロディテの泉 [Baths of Aphrodite]






▲ここまでアフロディテ・トレイル[Aphrodite Trail]沿いの風景(☞ 案内掲示

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

キプロス/Miliou: Amaroulla Restaurant@Ayii Anargyri Spa Resort

訪問:2018/12/9 19:00
評価:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CPn/a
キプロス2日目は、2年前に出かけたクリオンの古代遺跡 [Kourion Archaeological Site]アポロ・ヒラテスの聖域(アポロ神殿)[The Sanctuary of Apollo Hylates]に家内を連れて行った。でも、2度目だと感動が無いだけでなく、こんなものだったっけという印象。


▲今日の走行実績ログ

その後、愛読しているayaさんの旅レポートキプロス・パフォス考古学公園を読んで、前回入るのを止めて後悔したパフォス考古学公園[Kato Pafos Archaeological Site "MOSAICS"]に入場。
野ざらしのモザイクも室内に保護されたモザイクも半端ない規模で、結構すごかった。(室内に移設したのか修復再現したのか調べていないが、3日前に出かけたロードス島の騎士団長の宮殿[Palace Magistrou])のモザイクも半端なかった。

ちなみに、ayaさんとは現地滞在中に帰国便が同じであることが判明し、アテネの空港ラウンジでお会いすることが出来た。本当に世界は狭い。




今日の宿は、前日の宿に着いた段階で物色して見つけたスパリゾート。
あいにく水着を持ってきていなかったので、スパエリアはチラ見しただけだが、1泊2食付2人で80.33ユーロという激安価格で決めた宿だ。ということで、激安価格の夕飯のご紹介。(固有名称のレストランだったが、宿泊客専用だと思う)



ドリンクは、私はいつものダイエットコーク(€3.00)、家内は地元パフォス産のワイン(€5.00)を注文。



温められたパン3種類に加えて、タラモ風のジャガイモペーストとチーズベースのペーストと言うよりはヨーグルト的な液状のものが添えられてきた。



Artichoke soup

最初は、珍しいアーティチョークのスープ。
これ、前にスペインのベニカルロ[Benicarló]のパラドールで食べたアーティチョーク祭り料理で出てきた芋のようなアーティチョークを思い出させてくれた。
アーティチョーク料理は色々食べているが、結構珍しい。



Pork loin on rice, seasonal vegetables with caramelized grape sauce

2択のメインは、二人とも豚肉料理をチョイスしたが、失敗した。



付け合わせの野菜は美味しかったが、何しろ豚肉そのものが下味も付けずにそのままローストした感じだったうえに、滅茶苦茶硬い肉。肉用ナイフを出してこなかったので、カットするにも筋に沿ってほぐすような切り方(?)で小分けするしかないのだ。



しかも、ソースも無いに等しく、テーブルの塩胡椒をかけなければ食べれない代物。
とても料理とは言えないものだったが、きれいな4つ星ホテルなのに日本の汚い2食付民宿よりも安い価格なので文句は言えないよなぁ。



Panna cotta coconut with rasebrry sauce

デザートのココナッツ風味のパンナコッタは、大きなスプーンが突き刺さる硬さ。
当地のヨーグルトが硬めなので、そのノリで作っていると思うのだが、味的には悪くないものの、かなり違和感を感じるものだった。

**********

採点対象外だが、夕食に比べて朝食は注文料理も用意されている充実したものだったので紹介しておく。



焼き立てパンに多品種揃っていたチーズは、この価格帯では信じられない水準。
ハムやホットミールは種類は少なかったが、注文料理でカバー。


Waffles with Maple Syrup

家内が頼んだワッフルだが、ホテルの朝食バイキングで出てくるような大量機械生産品と違って1枚ずつ手焼きしたもの。この生地、業務用市販品を利用しているはずだが抜群に美味しかったのだ。


Grilled Lounza, Halloumi Cheese, Tomato

私は、ご当地名産の焼きハロウミチーズをチョイス。
焼いていない物も並べられていたが、このチーズは焼いてなんぼの世界だと思う。


※メニュー:夕食のセットメニュー朝食の注文メニュー

【店舗詳細情報】
店名:Amaroulla Restaurant@Ayii Anargyri Natural Healing Spa Resort
電話:26 814 033
営業:12:30~16:00、19:00~22:00
定休:無休
住所:Miliou, Miliou 8073, Cyprus
GPS:34.935176, 32.465542 (☞ Bing Map


キプロスの訪問レストラン一覧
 

【パフォス考古学公園 [Kato Pafos Archaeological Site "MOSAICS"] の風景】
※入場料:€4.50、営業時間:8:30~16:30(☞ Google Map


▲左:正面入口  右:施設名称標(☞ 英語版案内図案内地図掲示


▲アイオンの家[House of Aion]のモザイク(☞ 拡大版案内掲示





▲テセウスの館[Villa of Theseus]周辺










▲ここまで ディオニソスの家[House of Dionusos]周辺


▲アゴラ[Agora]周辺
















▲ここまで アゴラ(室内展示)のモザイク


▲劇場跡(奥の灯台は敷地外)






▲ここまで "Saranda Kolones" Castle(☞ 案内掲示

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

キプロス/レメソス [Limassol]: MEZE Taverna

訪問:2018/12/8 19:50
評価:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
2度目のキプロスに到着。
前回と同様3泊4日の滞在で、まずは今日の宿を取ってあるレメソス[Limassol]へ。


▲今日の走行実績ログ

ここは、海岸沿いを走る国道沿いに数Kmに渡ってホテルやレストラン・現地の人たちの住処が続く大都市という感じで、空港のあるラルナカ[Larnaka]や、首都レフコシア/ニコシア[Lefkosia/Nicosia]なんかよりも都市感のある街。ゆえに、街歩きしてもつまらないと判断。



ビーチフロントの部屋で海を見ながらまったり過ごし、夕飯を食べに車で向かったのがこの店。ビーチ沿いに広い駐車場があるが、オフシーズンでも空きを見つけるのが難しかったので、この周辺へは歩いて向かった方が良さそうだ。(ここから3Km離れたホテルに泊まったので、さすがに無理だ)

トリップアドバイザーで当地のギリシャ料理店トップにランクしていたことから決めたのだが、現地に着いたら予約でいっぱいだったみたいで、どうにか予約席の札があった1テーブルを空けてくれた。

後から続々と客が来たが、予約の無い客は断っていたからギリギリセーフだ。
オフシーズンでこんな状態だから、オンシーズンは凄いことになるのだろう。



まずは、ダイエットコーク(€2.50)とご当地ビール(€2.30)で乾杯。
欧州はビールやワインの方がコーラより安いのが普通だが、飲めない派は悔しい思いをする。

選んだ料理は、フィッシュ・メゼ
FISH MEZE(€45/2人)
An assortment dishes from our menu including Village Salad, 8 cold starters, 6 hot dishes and 3 grilled dishes


2年前にキプロスに来たときは一人だったので、1軒を除いて(☞ ELEANA)メゼを選ぶことが出来なかったのだが、今回は家内と一緒なので迷わずチョイス。
前回は肉のメゼだったので、今回は魚のメゼにした。




まずは、8種類の冷前菜とヴィレッジサラダ、それにこんがり焼かれたピタパン。
ぱっと見で、8種類の冷前菜の種類が貧弱すぎて、かなりガッカリ。



唐辛子のピクルスとオリーブ。
本来オリーブは大好物だが、自家製ではなく市販品だろう。





ツナ(?)のペーストに、タラモ、胡麻マヨネーズ、フムス。



もひとつおまけに、胡瓜のヨーグルト漬けと5種類が同系列。
味が良ければ文句は出ないが、優秀なトルコ料理店の方が断然うまい。
最後の1つは、ビートルートの酢漬けを炒めたもの。手抜きだなぁ・・




ビレッジサラダは、大量のケーパーの酢漬けが中央に。
何か意味あるのかなぁ? まったく無意味だと思う。



唯一美味しかったのが、焼き立て風のピタパン。
冷めてしまうと不味くなるので、単に熱々だったから美味しく感じたのかも?




ホットディッシュは6種類出てくることになっていたが、1品目はイカフライ。
リングフライと胴体丸ごとを揚げたもの。ゲソ1個は胴体から外れたものだ。(右端のには胴体に付いていた)

まあ、揚げたてだから美味しいけど、レモンしか無いのでイマイチかなぁ。
タルタルソースぐらい出してほしいところだけど、冷前菜のペーストを残しておかないのが悪いということか。




2品目はフレンチフライ。イカフライと同時に出てきている。
これも揚げたては美味しいけど、冷めてしまうといまいち。ある意味普通だ。




3品目は、3種類の魚のフライ。
1人1尾ずついただけるものの、下味もほとんどなく、単に衣を付けて揚げただけの手抜き料理。
3種類の魚、それぞれ違った形で出そうという発想は無いのかしら?



小型魚なので、骨がやたらと多くて食べにくいし、魚自体も南洋魚っぽくて美味しくない。




4品目は、小型の蛸のぶつ切りと足の部分をみじん切りにして香草といっしょに炒めた感じの料理。
ようやく料理らしいものが出てきたものの、香草使いが下手だなぁ。素人の家庭料理という感じ。




5皿目は、4日前にロードス島で食べた「Saganaki Mussels Cooked with Tomato and Feta Cheese」という料理とまったく同じもの。(☞ Nikos Fish Restaurant

ムール貝が3個。その上に、トマトベースに香草とフェタチーズを加えたソースをたっぷり乗せた料理だ。



これは、比較可能な料理だったので言えることだが、ロードス島の店の味とソースがまったく同じだった。ということは、何かのインスタントベースを使っているのかも?




6品目は、地元で採れたというキノコの炒め物。
ちょっと酸味のある変わった味付けという点ではギリシャ料理らしいのかもしれない。




グリルは3種類出てくることになっているが、1品目は大きな魚を焼いたものが出てきた。
メイン料理らしいサイズで、魚が大きい分だけ骨も外しやすくて食べやすい。

レモンをかけていただくことになるのだが、やっぱり沖縄の魚の味を思い出させてくれる。
南洋魚特有のサッパリしすぎというか、身に締まりのない抜けたような味で魚自体が美味しくないのだ。



グリル2品目は、海老が出てきた。
かなり殻が分厚くて硬いことから、身を取り出すのに苦労する。

ここでタルタルソース風のソースを出してくれたが、最初から出してくれていれば良いのに。
で、海老のお味の方だが、赤海老系のフワフワタイプでNG。


このあとグリル3品目が出てくると思っていたのだが、デザートは要るかと聞いてきた。
ギリシャ料理の店、ここまで100%の確率で無料デザートが出てきているので要らないと言ったのだが、グリルの3品目は最初に出てきたピタパンだったのかなぁ? グリルと言えばグリルだし、メニューに記載も無かったし・・




で、お会計をお願いしたら、やっぱり無料のデザートが出てきた。
1人1本ずつだが、慣れ親しんだ感じのある揚げパイみたいなおやつという感じのもの。



▲左:お会計  右:店を出た時は、小汚い生活道路に面したテラス席まで満席だった

さて、カード払いでのお会計でもケチが付いた。
機械にチップ欄を表示させて、チップを要求してきたのだ。唖然!

料理は手抜き中心だし、サービスなんて無いに等しいのにチップを要求してくるとは。もちろん拒否。
なんで、こんな店の評価が高いのか疑問だが、客層が若くて旅行慣れしていない連中がガイドブック掲載(たぶんされていると思う)の店に行って、良い評価で投稿しまくる結果だと思う。東南アジアの店でもそうだが、欧米系の若者に多いんだよな。このパターン。

ということで★2つにしようと思ったのだが、そもそもキプロスの店の水準は総じて低いので、★3つ。

ちょっと悔しいので情報ということで追記しておくが、店の左前にこの店より2~3割安い価格でギリシャ料理メニューを掲示していた現地の食堂風の「Cucoo's Nest」という店があった。(☞ Cucoo's Nestの店頭掲示メニュー
内装こそ食堂だが、直観としてはそちらの店の方が満足度が高くなりそうな気がした。


※メニュー:表紙前菜・メイン伝統料理・魚料理・デザートドリンクワイン

【店舗詳細情報】
店名:MEZE Taverna
電話:25 367 333
営業:12:00~15:00、18:00~22:00
定休:日曜日
住所:209 St.Andrews, 3030 Limassol
GPS:34.676480, 33.047542 (☞ Bing Map


キプロスの訪問レストラン一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
10月:スペイン⑰,ポルトガル
11月:ミャンマー②,他
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東・花蓮
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ルーマニア/クルジュナポカ [Cluj-Napoca]: Polo Restaurant+Cafe 2019/09/18
ルーマニア/オラディア [Oradea]: Allegria 2019/09/17
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Miorița 2019/09/16
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Restopub Zaza 2019/09/15
ルーマニア/ティミショアラ[Timișoara]: Belvedere@Hotel Timișoara 2019/09/14
ルーマニア/アラド[Arad]: Euphoria Biergarten Arad店 2019/09/13
マレーシア/クアラルンプール・Pavilion: Village Roast Duck 2019/09/12
インドネシア/ジョグジャカルタ・アジスチプト空港: Solaria Bandara Adisucipto店 2019/09/11
インドネシア/ジョグジャカルタ: Yani's Kitchen 2019/09/10
インドネシア/ジョグジャカルタ: Solaria Mall Malioboro店 2019/09/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
44位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
20位
アクセスランキングを見る>>