《 訪問国別レストラン一覧 》   

キプロス/レフコシア[Lefkosia](ニコシア): Ocean Basket(Nicosia Downtown店)

訪問:2017/2/25 20:00
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
実質2日目は、広大な王族の墓 [Tombs Of the Kings]パフォス [Paphos] の街を見てから、ペトラ・トゥ・ロミウ海岸 [Petra tou Romiou Beach] に寄り道し、前日時間切れで断念したアポロ・ヒラテスの聖域 [The Sanctuary of Apollo Hylates] を訪問。


▲今日の走行ルート(by Geo Tracker)

これでマークしておいた古代遺跡と海の景色も見たことから、当所予定していなかったキプロスの首都であるレフコシア [Lefkosia] に山を越えて向かうことにした。
内陸の街でキプロス共和国の首都という立地に加え、街の中に国境が走るという点にも興味を持ったのだ。

順番的には到着日の明るいうちに越境しているのだが、その記事はこの次に回して、キプロス共和国側のレフコシアで食べた夕食の紹介を先に書いてしまおう。

Ocean Basket Nicosia Downtown注文後のテーブルセッティング

2時間前に「遅い昼食」を北キプロス側で食べたばかりだったので、キプロス内でやたら見かけるオーシャン・バスケットというシーフードのチェーン店でいただくことにした。
初日に泊まったアヤナパにもあったし、昨日泊まったコーラルベイにもあったので、キプロスのチェーン店だと思って興味を持った訳だが、なんと16カ国に200軒以上の店を構える南アフリカのチェーン店だった。カウンターの寿司コーナーまであったのには驚き。


ソース

注文を終え、最初に出てきたのがこのソース類。
ちゃんと説明してくれたが、特に下の緑のソースが非常に辛いというので味見すらしなかった。赤唐なら大丈夫だけど、この色からしたら無理だろう。後まで残ってしまうのでパスだ。



続いて出てきたのが、普通のパン。
ここまでピタパンの系列ばかりが出ていたが、やっぱり南アフリカのチェーン店だ。


Fisherman's Salad
Fisherman's Salad(€5.50)

前菜に選んだのは、猟師のサラダ。
シーフード専門店ということで多少は期待していたのだが、なんと烏賊しか乗っていないではないか。
それならイカサラダと表記してほしいものだ。

Fisherman's Salad

中身も芸が無く、周囲のトマトと少しばかりのオニオンスライスを除けば、全部胡瓜!
こんなに大量のキュウリを、単なるイタリアンドレッシングでいただくことになってしまった。
しかたないので、先に出ていたソースを加えて食べてしまったけど。


Combo Prawns & Mussels
Combo Prawns & Mussels(€10.50)
6 prince prawns & garlic mussels


メインは、海老とムール貝のコンボにした。
これはムール貝が小さいものの(その代わりに個数が倍)、ほぼメニュー写真通りに出てきた。

ムール貝のソースは薄味クリームで不味い部類。メニューにはガーリックって書いてあったので、先に出されたガーリックソースを自分でかける? 薄味クリームソースには合わないよなぁ。

海老は平凡ながらも剥き方が独特で、ナイフとフォークで食べるのは無理と判断して手で殻をむいて食べてしまったが、御手拭が無いので自前のウエットティッシュで手を拭くしかなかった。
なぜか、お会計を済ませた段階でウエットティッシュが出てきたのだが、北キプロス側の店もそうだったので、当地の慣習? 意味ないよ。

コンボの付けあわせの焼野菜

コンボの付けあわせに、ライスか野菜が選べるというので野菜を選んだが、醤油味の野菜炒めというか焼野菜が出てきた。
醤油は使われているものの、中華出汁を使っていないので、微妙なお味。


お会計

以上でお会計をお願いしたが、パンは無料だったようで(結局キプロスではフランスと同様にパンは無料で出てくるみたい)、総額は18ユーロとリーズナブル。
質の良い魚介類を食べなれている日本人には満足度が低くなるだろうが、現地人や欧米から来る観光客には安くて美味しい店ということになるのだろう。


※メニュー:前菜・サラダセット・大皿寿司セットにぎり・魚介類デザート・ドリンク

【店舗詳細情報】
店名:Ocean Basket Nicosia Downtown店
電話:22-676070
住所:1 Onasagorou, Nicosia
GPS:35.170146, 33.361241


キプロスの訪問レストランと各地の風景リスト
 

【ペトラ・トゥ・ロミウ海岸 [Petra tou Romiou Beach] の風景】
Google Map(GPS: 34.664904, 32.628098)、wiki(英語版)

▲左:右写真の断崖の上から取ったペトラ・トゥ・ロミウ海岸全景


▲右端付近の道路を渡った所に駐車場と食堂兼売店がある


▲駐車場から道路を歩行者専用のトンネルで渡ると、中国人ツアーご一行がウロウロ


▲ギリシア神話の女神「アフロディーテ」の岩(たぶん)
 

【アポロ・ヒラテスの聖域 [The Sanctuary of Apollo Hylates] の風景】
地球の歩き方には「アポロ神殿」と載っている施設。英語表記も間違えているし、ホント滅茶苦茶。
今回はアテネで1泊するものの、家内が行きたがっているパルテノン神殿には一緒に行く約束なのでパスすることになるから、この「アポロ神殿」だけには行こうと思っていたのだ。
昨日のクリオンの古代遺跡ほどではないものの、円柱だらけという感じで見応えはあった。


▲入口を入って左側にあるトイレ付近からの全景













 

【レフコシア [Lefkosia] の風景】

▲左:パフォス門(?)


▲パフォス門近くの教会の奥は、北キプロスとの国境緩衝線(ドラム缶で塞いでいた)


▲繁華街のすぐ先が国境検問所(右写真右側の白壁のプレハブ小屋の奥隣で出国手続きをする)


▲地球の歩き方が観光の出発点で雰囲気のいいカフェが多くお洒落な一角だというファグマスタ門
 どこが門だという感じだし、お洒落な一角でもないデタラメ記事。行くだけ無駄だろう。


▲左:その門(?)の裏側の城壁  右:城壁はこんな感じで続いている


▲キプロス側の城壁沿いは全部歩いたが、唯一のスポットかな? 興味ないけど。






▲右:北キプロスとの国境緩衝線(手前にギリシャとキプロス共和国の旗、奥にはトルコ国旗が見える)
 

【ラルナカ [Larnaka] の風景】


▲ラルナカ城 [Larnaka Castle](Larnaka Medieval Museum)







**********

← 翌日の走行ルート(by Geo Tracker)

翌日は空港のあるラルナカ [Larnaka] の街に寄ったが、何も見どころが無くキプロス観光は終了。

キプロス観光全体を見ると(注:キプロス共和国側のみの話)、都市部はほとんど魅力が無いと思うが、特に古代遺跡好きの方なら3泊ではぜんぜん足りないという印象だ。サクッと見るだけの私でもクリオンの古代遺跡は1時間半、パフォス王族の墓でも1時間かかっているのだから、真面目に見ようと思ったら倍以上の時間は必要なはずで、最低5泊はしないと主だった遺跡や観光名所の全部は回れないと思う。

もちろんレンタカー利用は必須だが、日本と同じ左側通行で日本車が多く(今回借りた車は旧式ヴィッツのオートマ車だった:€55.42/3日間)、日本で普通に車を運転している方なら市街地中心部を除けば何も問題無く運転できるだろう。大都市が無く道路もよく整備されているので、海外初レンタカーを経験するには最適な国だと思う。
首都高環状線を何も抵抗なく運転できる方なら、市街地中心部でも大丈夫。居住者以外進入禁止区域は見なかったが、欧州他国と同様に細い道や一方通行がやたら多いので注意してほしい。特に街の中を走る際には、速度を落とさせるための段差ブロックが半端なくあるので、30Km/h制限の標識を見たら路面状況に注意したい。

なお、キプロスの高速道路料金は無料。駐車場も都市部でなければ無料が多いが、市街地では民間の「1回3ユーロ」といった感じの空き地駐車場も多く見られた。公共青空駐車場はチケット式、路駐はチケット式の他に、欧州他国ではあまり見なくなったパーキングメーター形式のところもある。
ラルナカの中心部でチケット式の公共駐車場を利用したが、日曜日は無料だと現地の人が教えてくれた。レフコシアでは空き地の民間駐車場(一般3ユーロ、提携ホテル宿泊者は無料)を利用した。

表示や看板こそギリシャ文字だけのケースが多いが、英語が通じなかった局面がほぼ無かったのは、さすが元英国占領地で、現在もイギリス連邦加盟国だけある。発音も東南アジアや米国南部のような訛りが無く聞き取りやすいし、こちらの発音もよく理解してくれた。

もうひとつおまけに、キプロスの首都であるレフコシアであるが、英語名であるニコシア[Nicosia]という表記は、道路標識でもたまに見かける程度で、レフコシア[Lefkosia]表記がほとんどだった。wikiには慣用名として Nicosia が載っているが、実際はアルファベット表記の Lefkosia の方が圧倒的に多く使われている感じだ。(レフコシアのギリシャ文字表記「Λευκωσία」は読めないので判断できないが、当然一番多いと思う)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

キプロス/コーラルベイ [Coral Bay]: Coral Oasis

訪問:2017/2/24 20:15
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
実質初日は、アヤナパ [Ayia Napa] の宿から東端のグレコ岬 [Cape Greco] 周辺の素晴らしく青い海を拝んで、単純往復を嫌う事からパラリムニ [Paralimni] という小さな街を経由してから西端近いパフォス [Paphos] までの大移動。(250Km程度しかないけど)


▲今日の走行ルート(by Geo Tracker;アヤナパ⇒グレコ岬は計測忘れ)

この間、是非とも行きたかったクリオンの古代遺跡 [Kourion Archaeological Site] に加え、いつもの古城があれば見に行くというスタンスでコロッシ城 [Kolossi Castle]にも寄ったが、昼抜きなのに時間切れ。もうひとつ行きたかった遺跡であるアポロ神殿 [The Sanctuary of Apollo Hylates] は翌日回しになってしまった。
2月は天気が良ければ観光に最適だと思うが(全日快晴に恵まれ、最高気温20℃)、陽が短い点が難点。5時過ぎには日が沈んでしまうのだ。

今日の宿は、当日予約したパフォス [Paphos]の街から10Kmほど外れた、コーラルベイという湾にある5つ星ホテル。
おひとり様専用の1泊朝食付63ユーロという激安価格でポチったが、団体ツアー客御用達の古びたホテルで、ホテル周辺の景色も期待ほどではなく、単に泊まるだけの宿という感じで外してしまった。朝食も団体客仕様で質が伴っていない。

Coral OasisCoral Oasis

ディナーはバフェか団体向けセットメニューしかないというので(いずれも約30ユーロ)、5分ほど歩いたところにあるレストランに向かった。ホテル正面に暗い近道が通じているが、その入口にレストランの看板があり点灯されていたので、開いているだろうと。
ちなみに150mほど遠回りになるが、明るい車道沿いの歩道を歩いて往復している。

店に入ると、先客はひとりだけ。団体客でにぎわうホテルのレストランと違って、ちょっと怪しい雰囲気だが、店の中央に炭火焼の大きなグリル台があったので、多少は期待した。

メニューを見ると昨日と同じメゼがあったので、2人前からとの表記のあった魅力的な Special Cyprus Full Meze(€20) は断念したものの、特に表記の無かった Traditional Cyprus Night Meze(€17) をお願いしたら、これも2人前からだと。昨晩の店は1人前で受けてくれたのに・・

2人前の代金を払えばOKだと言われて、ちょっと癪に障ったので、前菜も頼まず一番安いメイン料理を単品で注文。それだけで最後にお会計を頼んだら、もうおしまいかと言われたが、余計なひとことを言ったあんたが悪いのだ。(コーラ代を入れて、€11.50の支払い)


パン

まずは、ご当地のピタパン。
これこそ煎餅みたいな感じで、割って食べるというほどではないにせよ、パンとは言えない硬さ。
昨晩の店のものよりもカチカチ。

ピクルス

いっしょに出てきたのは、セロリーのピクルス。
しっかり加熱してあれば食べられるが、生のセロリーは小学校の給食を思い出す大嫌いな食べ物なので手を付けず。


Lamb Kebab (Souvlaki - Pitta)
Lamb Kebab (Souvlaki - Pitta)(€10.00)

撮影時間で判断したが、20分も待たされて本命のラムケバブの到着。
メイン料理には、ライスと野菜とポテトが付くと書いてあったが、ライスはケバブの下に隠れている。

Lamb Kebab (Souvlaki - Pitta)

昨晩の店と比較しようという魂胆もあったが、20分待たされただけにちゃんと生肉から焼いてあるようで、肉のジューシーさがまるで違う。しかも、塩とスパイス加減も非常によく、事実上貸切となった大きな店でこのクオリティには驚かされた。
店主も、中央にある焼き場を指しながら、あそこで焼いているんだぞって自慢げに話していた。

最初の印象は悪かったものの、肉だけでなく野菜やフレンチフライもまずまずで、つまらないホテルのバイキングなどを食べるぐらいなら、こちらの店に来て食べた方が良いだろう。って、日本人がガイドブックにも載っていない当地まで来るかな?


※メニュー:前菜・サラダグリルキプロス料理ステーキ魚料理メゼ①

【店舗詳細情報】
店名:Coral Oasis
電話:26-621965
住所:Aristo Developers No.15, Coral Bay, 8575 Paphos
GPS:34.857583, 32.366045



キプロスの訪問レストランと各地の風景リスト
 

【コロッシ城 [Kolossi Castle] の風景】
見応えなし。10分で一通り見れた。


▲外観と塔の周囲


▲城の内部


▲塔の上からの眺め


▲砂糖工場(?)跡
 

【クリオンの古代遺跡 [Kourion Archaeological Site] の風景】
今回見に行った遺跡群では最高。
キプロスまで来たなら、つまらない都市観光で時間を潰すようなことはせずに訪れたい場所だ。



歩き回ったログを見ての通り、敷地が広い上に見ごたえありすぎて予定していた場所に行けなくなってしまった。
後で、ここを含めたキプロスの古代遺跡情報をまとめて発信するつもりでいるが、地球の歩き方の情報では不十分すぎて無理だ。
くだらない口コミなど載せないで、そのスペースにちゃんとした歩き方を書くべきなのに、ほんとダメなガイドブック。って、現地調査なしで各種英語版ガイドブックや資料からの転記で載せているのだろうから元々無理な話か。
これでは、どこかのまとめサイトと同じじゃないか! 自分で取材しろよ!


▲左:モザイク展示施設  右:手前がローマ劇場、奥がモザイク展示施設


▲ローマ劇場は海を見渡せる立地


▲メインとなる宮殿跡。とにかく大きい!







 

【王族の墓 [Kato Pafos Necropolis "Tombs of the Kings"] の風景】
ここもやたら広いので、全部見ようと思うと時間がかかる。













 

【パフォス [Paphos] の風景】

▲港の駐車場(無料)から伸びる遊歩道沿い


▲パフォス城 [Paphos Castle]
コロッシ城と同様に何も無さそうだったので、入場せず。


▲パフォス古代遺跡 [Paphos Archaeological Site] 入口と海側から見た広大な敷地
地球の歩き方では「パフォスのモザイク」と表記されている施設。中にある施設にそのような表記のものがあるのかもしれないが、入口掲示地図には表記無し。(これも後で登録するつもりでいる「まとめ情報」に掲示内容等を紹介する予定)
クリオンの古代遺跡がモザイクも含めて凄すぎたので同類と判断して入場しなかったが、海側の柵の外から眺めた感じでは、クリオンと比べて見応え無さそう。(モザイクは分からないけど)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

キプロス/アヤナパ [Ayia Napa]: ELEANA

訪問:2017/2/23 20:15
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
羽田空港を出てから23時間。航空券が乗継保障されない別切りだったうえに、ドーハ空港での乗継時間がわずか30分と、一時はどうなるかと思ったが、なんとか通算58か国目のキプロスに到着した。
今日は空港でレンタカーを借りて、最初の宿に移動するだけだ。

オフシーズンとあって多くのホテルが休業している中、5つ星で1泊60ユーロ未満というおひとり様向けの格安料金を提示していた Alion Beach Hotel を見つけ、そこを確保しておいた。初日のホテルを決めてあるのは、レンタカーを借りる際に聞かれるケースが多いからだ。(入国審査の際に聞かれることも多い)
眺めの良いバルコニー付のオーシャンフロントの部屋だったし、新しいうえに静かなので超快適。ここでは紹介しないが、朝食のクオリティの高さにも驚かされた。翌日も5つ星ホテルにしたが、かなり質の面で落ちてしまった・・

ELEANA

さて、ホテルのレストランはバフェしかないとのことで、車で街まで店を物色しに行ったものの、マックとかチェーン店は開いているものの(客は皆無に等しい)、レストランも大部分がお休み。マークしていた店も休業中だった。
まさかここまで閑散としているとは予想外だ。都市ではないのでごみごみしていないし、景色も良いし、ラルナカからのバス便も豊富にあるように見えたのに。

仕方ないのでホテル近くで見つけた店まで戻って、そこでいただくことにした。
お願いしたのは、LOCAL DISHES の中から、MEAT MEZE(€18.90) だ。


キプロスのパン

まずは、メニューには掲載されていないパンの到着。
機内で出てきたピタパンと同じような生地だが、かなり大きく焼いたものをカットしている点が異なる。
ピタパンのように中を開けてることができないので、そのまま食べるか何かにつけて食べるしかないタイプ。


greek salad
greek salad

メニュー最初の料理は、ギリシャサラダ。
フェタチーズがトッピングされ、トマトとキュウリをメインに、パプリカ・レタス・赤キャベツ・オリーブという構成。

tzatziki
tzatziki, tahini、他

同時に「メゼ」らしい皿が出てきたが、どうも違うようだ。
右下のキャベツのピクルスを除けば、すべてマヨネーズベースのソースの類だったのだ。

このコースのメゼ [MEZE] 表記、今までトルコ料理の前菜という意味で理解していたわけだが、後で調べてみるとスペイン料理で言うタパスといった小皿料理を指すようだ。
今回お願いしたのは MEAT MEZE なので、小皿の肉料理ということになる。


eggfried veg.
eggfried veg.

次に出てきたのは、炒り卵とズッキーニの炒め物。
オリーブとガーリックと塩だけで決めてあるようだが、結構おいしい。


halloumi, grilled sausage, lountza
halloumi, grilled sausage, lountza

次は3種類のグリル。

halloumi は、カナ表記で「ハルーミ」(☞ wiki)という、キプロス料理。
最初何の肉か分からなかったが、正体は溶けないチーズだった。

lountza もキプロス料理(☞ wiki(英語版))で、ハムに見えるものだ。

実は、料理が出てくる間隔が長く、肉料理が出てきたことから、これが最後の皿と誤解してしまった。
観光地らしいショボイ肉料理なんだなと思い、量的に足りないことからパンも含めて全部を食べてしまったのだが、大間違いだったのだ。


chicken kebab, pork kebab, spare ribs
chicken kebab, pork kebab, spare ribs

さあ、食べ終わったのでお会計をしようと構えていたら、肉料理が出てきた。前の皿が出てきてから、17分も経過している。

フライドポテト

いっしょにフレンチフライも出てきた。
こんなことなら、パンを全部食べるんじゃなかった。

フレンチフライは揚げたて熱々で、まあ普通にいただけたが、肉料理の方が焼きたてながらも美味しくない。
鶏肉は胸肉だからだろうがパサパサ、豚肉の方は筋っぽい肉で硬すぎだ。味も決まっていない。


sieftalies, lamb chops
sieftalies, lamb chops

さあ、今度こそおしまいと思っていたら、10分後に次の皿が出てきたので、思わずこれで最後かと聞いてしまった。
メニューに記されている料理名を全部記憶しているわけではないので、こうやってブログに記録するために写真とメニュー表記を合わせてみた段階で、初めて記載されてた料理が出てきたのだと理解できるのだ。

串焼きの方は、ラム肉のケバブのはずだが、食べた時点ではラム肉という印象が無かったし、やっぱり肉が美味しくない。
翌日出かけた店で、このラム肉のケバブをいただいているのだが、全然出来が違うし、味も違ったのだ。

sieftaliesの断面
sieftaliesの断面

太いソーセージに見えたものは肉団子だったので、いつものように断面写真。
これが sieftalies という料理で、やはりキプロス伝統料理のようだ。(☞ wiki(英語版)

要は、皮なしのソーセージの類。
イタリア料理にもあるが、こちらは炭焼きの分だけ風味が良いし、スパイスもたっぷり。


 

ようやく全部終わってお会計になったが、伝票といっしょに地元産のオレンジをくれたので、ホテルの部屋で翌朝いただいた。
ちょっと酸味が強かったなぁ。

街の中心から少し外れているうえに駐車場も無く(ホテルに車を置いてから歩いて出直した)、周辺のホテルに泊まっている観光客しか来ないような店だったからか、料理の水準が低かったのは残念だったが、後で調べた結果キプロス料理の多くを試すことが出来ていたので、経験面では良かったのかもしれない。


※メニュー:鮮魚料理郷土料理前菜・サラダ魚料理・スペシャリテパスタ・肉料理朝食デザートドリンク
※キプロス最終日、レフコシア(ニコシア)のホテルから登録しました

【店舗詳細情報】
店名:ELEANA
電話:23-721910
営業:10:00~24:00
住所:33 Kriou Nerou Street, Ayia Napa 5340
GPS:34.986964, 34.006636




▲今日の走行ルート(by GPS Track Recorder)
 

【アヤナパ [Ayia Napa] の風景】


▲アヤナパの街の中心部


▲街の中心から、東側のビーチとホテル群を拝む


▲ホテル街のビーチの先には、遊歩道が伸びている


▲さらに進むと、橋の欄干に鍵を付けさせるためにわざわざ作った(?)「Love Bridge」
 

【グレコ岬 [Cape Greco] 周辺の風景】(☞ Google Map

▲左:Stone Arch(ここから岬までハイキング道が伸びる)



▲グレコ岬周辺の海は、色が非常にキレイ


▲グレコ岬の北の Fig Tree Beach周辺は、アヤナパよりもリゾート開発が進んでいる感じ


▲そこで見つけた空き缶自動回収機。次回購入時の割引券か寄付を選べるタイプは初めて見た。
 

【パラリムニ [Paralimni] の風景】(☞ Google Map

▲新しい教会は西欧では見ない独特な建物(他の街にもあった)



▲古い教会と、その中の様子。中の様子は、どこの教会もこんな感じで派手派手


▲さらに古い教会


▲右:壁だけ。これ、何のために残してあるのか?

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 60ヵ国を訪問
41ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
5月:ソフィア周辺/ブルガリア
6月:台南・高雄/台湾
6月:バレンシア/スペイン
6月:高雄・台南/台湾
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ドイツ/アシャッフェンブルク [Aschaffenburg]: Hilar's Wirtshaus "Lila Häuschen" 2017/05/25
ドイツ/ニュルンベルク [Nürnberg]: Restaurant Mount Lavinia 2017/05/24
ドイツの古城ホテル:ライヒマンスドルフ城 [Schloss Reichmannsdorf] 2017/05/23
ドイツの古城ホテル:コルムベルク城 [Burg Colmberg] 2017/05/22
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: Diller Schneeballenträume 2017/05/21
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: ブロットハウス[Zuckerbäckerei BrotHaus] 2017/05/20
ドイツの古城ホテル:アーベンベルク城 [Burg Abenberg] 2017/05/18
ドイツの古城ホテル:ヒルシュホルン城 [Schlosshotel Hirschhorn](Burg Hirschhorn) 2017/05/16
ドイツ/ハイデルベルク[Hidelberg]: Zum Roten Ochsen 2017/05/15
ルクセンブルク/Luxembourg: オーバーバイズ [Oberweis] Lux-Ville店(本店) 2017/05/14
ルクセンブルク/エッシュ・シュル・シュール[Esch-sur-Sûre]: Comte Godefroy 2017/05/13
ルクセンブルク/ワンプラアールト [Wemperhaardt]: Las Tapas 2017/05/12
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: Restaurant de Mangerie 2017/05/11
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: REITZ 2017/05/09
ドイツ/トロイスドルフ [Troisdorf]: Restaurant Sängerstuben 2017/05/08
ドイツ/ヴィアーシェム [Wierschem]: エルツ城 [Burg Eltz](併設カフェ) 2017/05/07
ドイツの古城ホテル:エンガース城 [Schloss Engers]@ノイヴィート[Neuwied] 2017/05/04
ドイツ/オーバーヴェセル[Oberwesel]: シェーンブルク城 [Restaurant Auf Schönburg] 2017/04/30
ビジネスクラス機内食/エールフランス:パリ(CDG)⇒成田(NRT) 2017/04/24
ビジネスクラス機内食/エールフランス:ミラノ・リナーテ(LIN)⇒パリ(CDG) 2017/04/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>