《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台南・安平: 養蚵世家

訪問:2018/3/25 14:45
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
今回のベトナム&台湾旅行の最後の宿は、翌日の帰国便が夜に高雄を出る便である事から、時間調整を兼ねて昨年秋に安平(台南)に新築オープンしたばかりのクラウンプラザに泊まることにした。
上級会員特典の無料レイトチェックアウトで、14時まで滞在できるからだ。

予想通りラウンジアクセス権を付けてくれたので(☞ IHGスパイア会員アップグレード記録)、今回安平で食べたのは、到着直後に遅いランチを食べに行ったこの店だけになってしまった。



ちなみに、臺鉄台南駅からクラウンプラザまでは、路線番号2番のバスで安平老街を過ぎたこの食堂付近にあるバス停(崇義社區)で下車し、500メートルほど歩くことになる。安平老街からは1.5Km程度離れているうえに最寄バス停からも離れているので、安平観光のために泊まるには不便な立地だ。



麻油蚵仔炒麺線(NT$100≒370円)

Google Mapに載っていた「蚵仔沙酉米」を狙っていたのだが、注文伝票では横線で消されていた。ひどいなぁ・・
ということで、代わりを含めて2品頼んで最初に出てきたのは、主食になるべき麺線。

牡蠣は日本の能登牡蠣のような小さなサイズながらも粒ぞろいのものが7個。
いや、100元もするのに7個だけって、ずいぶんじゃないか?
牡蠣の味はほとんどしないが、麻油ソースの味は胡麻の香りが強く悪くないお味。



酥炸蚵(NT$120≒440円)

「蚵仔沙酉米」の代わりに選んだのは、台湾版のカキフライ。初めて頼んだ料理だが、さすが衣から違う。
衣には、台湾の胡椒みたいな香辛料が最初からかかっていたが、タレも別に付いている。タレだけにしてほしいなぁ・・



このカキフライ、断面を撮るまでも無く中身はスカスカで、牡蠣の風味などみじんも無いものだ。
先ほどの麺線で使われていた牡蠣と同じ小型のものだと思うが、サイズがまちまちのようでカキフライらしく牡蠣が主張していたのは11個中1個だけしか無かった。それすら、牡蠣の味がしない。


しかし、観光地の端っこながらも数少ない飲食店とあって、ずいぶんと繁盛している。
Google Mapの評価も高かったので選んだわけだが、評価が高い理由は投稿写真が圧倒的に多かった「蚵仔沙酉米」だったのではないだろうか?
それを外したら、単に高いだけの牡蠣料理店ということになりそうだ。


※メニュー:注文伝票

【店舗詳細情報】
店名:養蚵世家
電話:06-391-0712
営業:10:30~20:00
定休:月曜日
住所:台南市安平區安北路417號
GPS:23.000053, 120.153733


台湾のレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台南: 丹丹漢堡 成功店

訪問:2018/3/15 11:45
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
台南には、このあとベトナムに飛んだ後の帰りにも寄る予定なので、とりあえず普段は行かない地元のハンバーガー屋へ。



この店、愛読している台南在住者のブログ「気まぐれ食いしん坊の台湾ごはん」に最近登録された時に気になり(☞ 0845 海外の観光客は、まだ知らない!? ★ 【台湾人】国内旅行に大人気!!)、ちらっと調べてみたら(☞ wiki)単なるハンバーガーチェーンではないことを知り、試してみたくなったのだ。

もちろんハンバーガーが食べたかったわけではない。
高雄周辺で何度も見た記憶があるロゴだったので、そんな店だったのかと驚いたのだ。


▲メニュー (↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

お昼前という事もあって、店内と店頭テラス席は共に満席。
15人位の行列も出来ていたが、事前調査から予想は出来ていた。

それにしても、台南以外の台湾観光客がほとんどという話だったが、ほぼ地元学生だらけという客層。
いくら日本のハンバーガーチェーンなら問題なく入れるとはいえ、60近いおっさんには居心地が悪いかもしれない。(気にしないけど・・)




台湾名物(?)のくじ付きレシートの下3桁が、呼び出し番号になっている。すごく合理的(?)。
カウンター横(写真の左上)や店頭入口にある電光掲示盤で表示されたら、注文したカウンターに取りに行く。番号が変わる際には、店内でピンポーン(とは違うけど)音が鳴るので、確認しやすい。

8番ほど後の番号だったが、待ち時間15分強。
ファストフード店なのに、生産効率かなり悪そうな感じ。



②鮮酥雞肉焿+香酥米糕+冰紅茶牛奶(NT$79≒290円)

お願いしたのは、絶対に食べてみようと思った香酥米糕が含まれるセット。
本当は記事にあった麺線を選びたかったのだが、セットには無かったので雞肉焿になってしまった・・



香酥米糕(単品29元)

まずは、楽しみだった香酥米糕。
米糕は何度も食べているが、それを揚げ物にしたのは見たことも食べたことも無い。



御覧の通り、中身はちゃんと糯米ベースの米糕。
添付の台湾でおなじみの甘い醤油を付けないでも抜群だったが、甘醤油を付けたらウマ!!
日本で売ったらヒットするだろうなぁ・・



鮮酥雞肉焿(単品39元)

雞肉焿のスープは、当初予定していた麺線と同じようなカツオ出汁の効いたお味で、これも美味しい。
ただし、量は一般食堂の半分強という感じなので、これだけで腹を満たすのは無理だろう。



メニュー写真と比べて肉が少ないと思ったら、トロトロスープの中に隠れていた。
別売のチキンナゲットと屑肉を揚げたものを放り込んだものだと思うが、キャベツと卵も加わってよくまとまっていた。

値段が安いのに、このクオリティ。
台湾人の話題になるのも当然という感じだった。


【店舗詳細情報】
店名:丹丹漢堡...チェーン店なのに公式HPが無い!
電話:06-222-6848
営業:7:00~22:00
定休:水曜日...チェーン店なのに定休日がある!!(毎週三清潔日公休)
住所:台南市北區成功路380號
GPS:23.000216, 120.200134


台湾のレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台南: 老曽羊肉

訪問:2018/3/14 21:40
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
ポルトガルから帰国して1週間。今度は、台湾経由でのベトナム旅行に出発だ。
今回は、日本=台湾=ベトナムと全部キャセイ系を利用。日本=台湾は特典航空券、台湾=ベトナムは珍しく有償発券のビジネスクラス航空券。円安分だけ高くなったものの、キャセイの台湾発の東南アジア行きビジネスクラス航空券は安いので、前も有償発券して乗ったことがある。

さて、台北桃園空港に18:15に到着し、オンラインで事前申請できる台湾入國登記表(ARRIVAL CARD)台湾常客證でササっと入国。

高鐵桃園駅19:10発の台湾新幹線(高鐵)で、高鐵台南駅20:32着(NT$1150/自由席)。
絶対に待ってくれない20:35発の高鐵無料バスH31路線に飛び乗って、台南中心部の宿に21:00到着。予定よりも1時間早く着いたところで夕飯を食べに行くことにした。



新幹線の中で(ついに無料WiFiが通じるようになった!)、数少ない夜10時前後でも食べられる食堂を物色して、前々から気になりつつもパスしていた羊肉料理店をマークしておいたのだ。

歴史のある店(1970年創業)であると記されている汚い店なのに、いつも混雑していた印象だったが、客は2組だけ。店内スペース、こんなにきれいだったっけ?



厨房上部に掲げられているメニューを見ると、見事に羊肉料理だけ。
っていうか、スープを除けば炒め羊肉しかない。台湾らしい専門店だ。



羊肉飯盒(NT$100≒370円/内用)

お弁当が「特別推薦」と書かれていたので、それを注文。
店内飲食(内用)が15元高いのは、2種類(當歸か清湯)から選べるスープが付くからのようだ。

どこに座るのか伝えて注文時に支払いを済ませ、しばらく待っていると弁当箱とスープが到着。



蓋を開いてみると、台湾の一般的な弁当と同様に本命の羊肉炒め以外に数品おかずが盛られているという予想を裏切って、羊肉炒めだけしか入っていない。羊肉丼の弁当箱版だ。



スープは、高雄で最近ハマっている「當歸鴨」(☞ 鴨肉和)のスープだけバージョン。これに鴨肉を投入すると75元の「當歸羊肉」になるようだ。



本命の羊肉炒め部分をアップ。
かなり薄くスライスした羊肉と葉物野菜を炒めただけのシンプルなもの。



自宅でジンギスカンのタレに漬け込んだ羊肉と玉ねぎを炒めて丼飯にぶっかけて食べる、通称ジンギスカン丼(またはスタミナ丼)のように、ご飯の上に羊肉炒めを広げていただきま~す!

さすがに酸味のあるジンギスカンのタレとは違って、少し魯肉飯的な味わいのある甘めの味付けで美味しい。
羊肉特有の旨味(人によっては臭み)が良く出ているので、羊肉好きにはたまらないお味だ。



底の方にはタレがたっぷり残っていたので、これは丼飯でいただいたほうが美味しそうだ。
スープの丼があるので、台湾語が話せれば作ってくれるかもしれない。

帰る頃には7~8組の客が座っていたので、最初のガラガラ状態はたまたまだったようだ。
弁当を食べている人はいなかったので、ここでは皿とご飯にスープという組み合わせで頼む方が良いかもしれない。


【店舗詳細情報】
店名:老曽羊肉
電話:06-224-8688
営業:10:00~23:00
定休:無休
住所:台南市中西區民族路二段131號
GPS:22.994871, 120.207808


台湾のレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 64ヵ国を訪問
46ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:クロアチア②,スロベニア
6月:台湾
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
9月:オーストラリア
10月:セルビア
11月:ベルギー⑥、スペイン
年越:台湾
1月:モルディブスリランカ
2月:ベトナム
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ザモシチ [Zamość]: Smak Bar Zamość-Centrum Handlowe Twierdza店 2018/05/24
ポーランド/ザモシチ [Zamość]: Restauracja Skarbiec Wina 2018/05/23
ポーランド/ザモシチ [Zamość]: Restauracja Bohema 2018/05/22
ポーランド/ジェシュフ [Rzeszów]: Olimp Galeria Rzeszów店 2018/05/21
ポーランド/タルヌフ [Tarnów]: Restauracja u Jana 2018/05/20
ポーランド/タルヌフ [Tarnów]: Olimp Tarnów Gemini Park店 2018/05/19
ポーランド/カルヴァリア・ゼブジドフスカ [Kalwaria Zebrzydowska]: Restauracja Klasztorna 2018/05/18
ポーランド/カルヴァリア・ゼブジドフスカ [Kalwaria Zebrzydowska]: Kawiarnia@Dom Pielgrzyma 2018/05/17
ポーランド/クラクフ [Kraków]: 中央広場[Rynek Główny w Krakowie]屋台街 2018/05/16
ポーランド/クラクフ [Kraków]: Restauracja Pod Baranem 2018/05/15
ポーランド/クラクフ [Kraków]: Bistro Kuchnia Domowa 2018/05/14
ポーランド/キエルツェ [Kielce]: Kuchnia Marche (Galeria Korona店) 2018/05/13
ビジネスクラス機内食/ノルディック・リージョナルエア: ヘルシンキ(HEL)⇒ワルシャワ(WAW) 2018/05/12
ビジネスクラス機内食/フィンエアー(フィンランド航空): 成田(NRT)⇒ヘルシンキ(HEL) 2018/05/10
マルタ島~シチリア島間を結ぶ国際フェリー利用情報(チケット手配&乗船記) 2018/05/09
イタリア/ナポリ [Napoli]: Pizzeria Gino Sorbillo 2018/05/07
イタリア/ナポリ [Napoli]: Pizzeria da Gaetano 2018/05/06
イタリア/シチリア・アグリジェント神殿の谷[Valle dei Templi]: Café Arcosoli 2018/05/05
イタリア/シチリア・サンレオーネ [San Leone]: Gelateria Ragno d'oro 2018/05/04
イタリア/シチリア・アグリジェント [Agrigento]: Ristorante Il Re Di Girgenti 2018/05/03
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
14位
アクセスランキングを見る>>