《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台南:裕成水果店(Yu-cheng Fruit)④

訪問:2017/2/19 13:00
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★☆☆☆
高雄を後にして、最初に寄ったのは初日と同様に台南
お目当ては、現在37軒で食べているマンゴーかき氷のトップにランクされているこの店だ。

もちろん、真冬にマンゴーは無いので、イチゴのかき氷がターゲット。高雄の福泉布丁豆花で食べたイチゴの雪花冰が優秀だったことから、3倍価格のこちらの店でも食べてみようと思ったわけだ。

新鮮草苺牛奶冰
新鮮草苺牛奶冰(NT$200≒760円)

残念ながら雪花冰ではなかったが、さすがに3倍価格だけあってイチゴの量と大きさが違う。といっても粒数と体積で換算すると値段と同様に3倍量だから、ここは氷とシロップの勝負になるだろう。

ちなみに、トッピングのイチゴの水準も高いが、日本のイチゴが優秀すぎるので、日本人には不満が出るレベル。日本の質の悪いイチゴのような抜けた味ではないが、甘味よりも酸味が先に来るお味だ。
アイスは、マンゴーアイスと違って水準低め。これはせいぜい標準レベルだろう。(他店と比較できないので、台湾では優秀かもしれない)

新鮮草苺牛奶冰の断面

ちょっと色が悪いが、断面写真。
マンゴーかき氷のような氷粒を加えるような細工は無いようで、ごく普通の練乳ミルクかき氷という感じ。シロップも、普通というか、値段を考えると水準以下と言わざるを得ない。

客は数組入っていたが、全員同じものを頼んでいたので観光客だろう。
この内容でマンゴーかき氷と同じ値段、高雄の福泉布丁豆花と比べると3倍価格は、無いと思う。雪花冰のある安い店で食べた方が良いだろう。

夏のマンゴーかき氷は地元の方も食べにくるようだが、現地サイトの評価点が低めなのは、冬場のラインナップが支持されていないことが理由のようだ。結局、マンゴーかき氷だけの店という気がしている。言いすぎかな?


※過去の訪問:
③ 2016/8/6
② 2016/6/10、6/11
① 2015/6/26
※メニューと価格は、2016/6/10訪問時の記事に掲載してあります

【店舗詳細情報】
店名:裕成水果店
電話:06-229-6196
営業:12:15~27:00
定休:不定休
住所:台南市中西區民生路一段122號
GPS:22.994004, 120.201068 (☞ Bing Map


台湾のマンゴーかき氷レビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/安平:東興蚵嗲

訪問:2017/2/16 11:50
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★☆☆
安平3軒目は、クミさんのブログで看板メニューの「蚵嗲」が気になった店。

東興蚵嗲注文伝票

開店時間10分前に覗いたら、先客1組がいたので入ったものの、まだ厨房の準備中。
ようやく正午になって作り始めていたが、その時点でほぼ満席になってしまった。人気あるのねぇ。

注文は伝票形式。テーブル番号を記して、スタッフに渡そう。
支払いは、料理が運ばれてきた時だ。

蚵嗲
蚵嗲(NT$35≒130円)

席に着いてから15分経過し、ようやくお目当ての「蚵嗲」の到着。
そもそも「蚵嗲」っていう料理を知らないのだが、初めて食べる料理はいつも楽しみだ。

タレは厨房で小皿に分け入れていたものを持ってきた。
オイスターソース系のベースに、山葵ソースとピリ辛ソースを加えてある。

蚵嗲の断面

いつものように解剖写真。
団子状のもやしとキャベツの千切りみたいなものに、挽肉と牡蠣をトッピングし、薄く伸ばしたカレー粉風味の生地で挟んで油に投入したみたいだ。

変わったものだけど、もやしが余計な水分を出していることで味を落としているし、特に牡蠣と挽肉はトッピングレベルで主張に乏しく、きわめて完成度が低い料理と言わざるを得ない。
まあ、お値段がお値段だから、牡蠣の量に期待してはいけないのだろうが、挽肉を入れないで牡蠣を増やした方がいいんじゃないかなぁ。

わざわざ時間を潰してまでこの店の開店時間を待っていたのだが、ソースも含めて残念なお味だった。


【店舗詳細情報】
店名:東興蚵嗲
電話:06-229-0249
営業:12:00~19:30(休日は09:30~)
住所:台南市安平區古堡街1號
GPS:22.999326, 120.161463


台湾のレストランレビューリスト

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/安平:古堡蚵仔煎

訪問:2017/2/16 11:40
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
お目当ての店は正午開店とのことで、安平漁港を見に行ったり、10年前に来た時に入らなかった「安平古堡」(50元)に入ったりして時間潰し。
それでも時間が潰せず、安平開臺天后宮の大きな広場に面し、すぐ先には安平古堡の城壁が見えるという好立地にある1958年開業という派手な看板で煽っていたこの店で、大好物の蚵仔煎を試すことにした。

普段は、この手の派手な宣伝をする店には入らないのだが、街のあちこちで牡蠣を剥いている漁港街の老舗店なので、台北とかで食べるものとは違うものが出てくるだろうと期待を込めて。

古堡蚵仔煎

店は普通の食堂タイプだが、天后宮と安平古堡を結ぶ広い歩道に、欧米の街でよく見かけるテラス席を用意していたので(写真の通り、欧米のようなオシャレさは無いけど)、テラス席を確保。
って、先客は1組だけしかいなかったので、楽勝。

注文は伝票にテーブル番号を記入して店頭厨房のスタッフに渡す。
料理が運ばれてきた時に代金を支払う点が店によりけりだが、日本人には優しい注文形式だ。

蚵仔煎
蚵仔煎(NT$60≒230円)

まだ客が1組しかいなかったせいか、注文後に1人前だけを作り始めてくれた。
繁盛店では鉄板目いっぱいに何人分もまとめて作るので、このパターンで食べたのは初めてかも。

期待通り、今まで食べてきた牡蠣の姿がほとんど見えない蚵仔煎と違って、表面にたっぷりの牡蠣が主張しているものが出てきた。
生地はやや透明度の高いもので、具材はモヤシ比率が高め。卵は片方に寄せて焼かれていたが、全体としては具材よりも小麦粉ベースの生地が多い安っぽい感じの仕上がりだ。

蚵仔煎の断面

本体は牡蠣が多めではあるものの普通という印象だが、2色のソースが残念なお味。
特に右側の赤いソース、ケチャップと思いきやフルーツソースだったのは不意打ちだったが、露骨な着色料の赤が嫌悪感をいだいてしまう。

ただ、帰り際に店主と奥様(?)が何度も挨拶してくれて、気持ちよくいただけたのは確かだ。

注文伝票


【店舗詳細情報】
店名:古堡蚵仔煎
電話:06-226-6035
営業:9:30~19:00
定休:水曜日
住所:台南市安平區效忠街85號
GPS:23.000760, 120.161174


台湾のレストランレビューリスト

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
6月:台南・高雄/台湾
6月:バレンシア/スペイン
6月:高雄・台南/台湾
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ブルガリア/ソフィア [Sofia]: Hadjidraganov's Cellars [Хаджидрагановите изби] 2017/05/27
ドイツ/フランクフルト [Frankfurt am Main]:アフリカクイーン [Africa Queen Restaurant] 2017/05/26
ドイツ/アシャッフェンブルク [Aschaffenburg]: Hilar's Wirtshaus "Lila Häuschen" 2017/05/25
ドイツ/ニュルンベルク [Nürnberg]: Restaurant Mount Lavinia 2017/05/24
ドイツの古城ホテル:ライヒマンスドルフ城 [Schloss Reichmannsdorf] 2017/05/23
ドイツの古城ホテル:コルムベルク城 [Burg Colmberg] 2017/05/22
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: Diller Schneeballenträume 2017/05/21
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: ブロットハウス[Zuckerbäckerei BrotHaus] 2017/05/20
ドイツの古城ホテル:アーベンベルク城 [Burg Abenberg] 2017/05/18
ドイツの古城ホテル:ヒルシュホルン城 [Schlosshotel Hirschhorn](Burg Hirschhorn) 2017/05/16
ドイツ/ハイデルベルク[Hidelberg]: Zum Roten Ochsen 2017/05/15
ルクセンブルク/Luxembourg: オーバーバイズ [Oberweis] Lux-Ville店(本店) 2017/05/14
ルクセンブルク/エッシュ・シュル・シュール[Esch-sur-Sûre]: Comte Godefroy 2017/05/13
ルクセンブルク/ワンプラアールト [Wemperhaardt]: Las Tapas 2017/05/12
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: Restaurant de Mangerie 2017/05/11
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: REITZ 2017/05/09
ドイツ/トロイスドルフ [Troisdorf]: Restaurant Sängerstuben 2017/05/08
ドイツ/ヴィアーシェム [Wierschem]: エルツ城 [Burg Eltz](併設カフェ) 2017/05/07
ドイツの古城ホテル:エンガース城 [Schloss Engers]@ノイヴィート[Neuwied] 2017/05/04
ドイツ/オーバーヴェセル[Oberwesel]: シェーンブルク城 [Restaurant Auf Schönburg] 2017/04/30
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
25位
アクセスランキングを見る>>