《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台南: 黄記鱔魚意麺 [黃記鱔魚意麵]

訪問:2017/6/23 19:40
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★☆☆☆雰囲気★☆☆☆☆CP★★★★★
2017年6月高雄旅行は、マンゴーかき氷店12軒の情報を先に上げてしまったので(☞ ここまで)、ここから芒果以外の店の紹介。
まずは、初日の宿を確保した台南で食べたものから。

麗都大冰果から家鄉八寶冰に向かう途中、飲食店が密集している國華街を歩いている際に大繁盛していたのがこの店。

黃記鱔魚意麵

「台南小吃鱔魚意麵」と書かれた看板を見つけたが、鱔魚って何だろうという興味と、ご当地台南料理ならということで入ることにしたのだが、店内はもちろん店頭道路沿いの台湾流テラス席もギッシリ満席。厨房前のテーブルに空きが出来たところですかさず席を確保した。

黃記鱔魚意麵

ちょうど目の前に写真付メニューがあったので、どんな料理なのか内容も確認できたのはラッキー。
紙に漢字を書くには画数が多くて面倒なので、指差しで注文させていただいた。

鱔魚

目の前のケースに入っていたのが、この鰻を開いたような魚。
後で調べて分かったのだが、鱔魚というのは当地名産の田鰻という魚らしい。

乾炒鱔魚意麵
乾炒鱔魚意麵(NT$90≒340円)

5分ほどで注文した乾炒鱔魚意麵の到着。
巨大ドジョウみたいに見える魚片がたっぷり乗っている。

乾炒鱔魚意麵

反対側から撮っても田鰻だらけ。
これも台南名物らしい意麺がほとんど見えないほど具がタップリだが、厨房を見ていると具材と麺を一緒に炒めるのではなく、茹でた麺を盛った皿に炒めた具材をかけて作っていた。

意麵をアップ

初めていただいた意麺だが、面白い食感。
気泡の入った麺という感じで、大昔ノンフライカップ麺で同じ様なものを食べた記憶があるものの、かなり独特。

肝心の田うなぎの方だが、やっぱり大ドジョウっていう感じかなぁ。
脂が乗っていないので、鰻とはまったく違う。
味付けがシンプルな醤油系という事もあって、乾炒よりも、とろみスープの炒焿鱔魚意麵を頼んだ方が良かったかもしれない。




【店舗詳細情報】
店名:黃記鱔魚意麵
電話:06-220-8636
営業:16:00~25:00
定休:不定休
住所:台南市中西區民權路三段46號
GPS:22.996492, 120.198472 (☞ Bing Map


台湾の訪問レストラン&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台南: 赤崁担仔面[赤崁擔仔麵](Chih Kan Dan Zai Noodles) 老店

訪問:2017/6/9 19:30
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★★☆
今年のマンゴーは過去最悪の品質ということで、マンゴーかき氷食べ歩きから鴨肉飯食べ歩きに方針変更したものの、残りの2軒は既に閉店済み。
台南の食堂って、案外早く終ってしまうようだ。

赤崁擔仔麵赤崁擔仔麵
▲左:入口  右:入口を入った横にあったサンプル

仕方ないので、ランチ時に気になっていた台南名物擔仔麵の店に出かけることにした。
この店、擔仔麵で一番有名な度小月と同じような古風な店構えで、明らかに観光客向けの店だったので、比較してみようと思ったわけだ。



予想外だったのは、雰囲気も価格も度小月よりはるかに庶民派。
だけど、日本人と見るや380元のコースをしきりに勧めてくる。(苦笑)
もちろん無視だ。やはり好きなものを頼みたい。

例によって、頼んだものが順不同で一度に出てくる訳だが(だから台湾中華では一度にオーダーしてはいけないのだ!)、ここはメニュー掲載順に並べてみよう。


台南碗粿台南碗粿の断面
台南碗粿(NT$30≒110円)
台南風もち米の茶碗蒸し


まずは、精選台南小吃から台南碗粿。台南風というご当地名に釣られた。(笑)

茶碗蒸しのように軽い仕上がりかと思っていたが、断面写真の通り滅茶苦茶硬い。
糯米の茶碗蒸しと書かれていたので、食感的にはくずもちに近いと思うが、まったく弾性が無いので違うだろう。それに、茶わん蒸しのように出汁入りというわけでもなく、表面に覆っていたタレでいただくのだが、これが薄味でイマイチ。

具材は、鶏肉の代わりに豚肉を刻んだもの、冬菇、銀杏代わりの山栗(?)のスライス。
日本人が茶碗蒸しという文字に釣られて頼むとガッカリな内容だが、私のような郷土料理LOVEな人には楽しめる。


古早筍干火廣肉
古早筍干火廣肉(NT$80≒300円)
干した筍と豚角煮


傳統料理からは、好物2点盛り。
写真では筍が2種類乗っているように見えるが、食べた時には2種類あったと気付かない鈍感さ。早食いしすぎたようだ。

火廣肉

肉は、一番好きな肩ロース肉だろう。
端の方こそ脂身だったが、甘辛い味が肉によく浸透している上に、非常に柔らかで美味しい。
写真では多そうに見えるが、たぶん70~80g程度。色々食べるには、ちょうど良いポーションだ。


擔仔麵+滷貢丸
擔仔麵(NT$60≒230円)+滷貢丸(NT$15≒55円)
タンタンメン+肉団子


傳統擔仔麵からは、もちろん看板メニューのタンツー麺。
和訳で「タンタンメン」とあるが、日本でいうそれとは違うので、ここは本家度小月での表記である「タンツー麺」が正解だろう。

ただ、度小月と違って麺が日本の太麺で伸びたラーメン風。少し酸味のある汁も多いので、豚そぼろ肉乗せラーメンもどきといった感じで美味しいものでは無い。
これは、度小月に軍配が上がった。質より量という感じだったからだ。

滷貢丸の断面火廣肉の断面
▲左:滷貢丸の断面  右:ひとつ前の皿の火廣肉の断面

担仔麺の奥に見える肉団子は、別注の滷貢丸。
お値段15元と、一般食堂の倍価格だが、極めて平凡な肉団子で期待外れ。


虱目魚丸湯
虱目魚丸湯(NT$40≒150円)
ミルクフィッシュボールスープ


最後は、サバヒー[虱目魚]の団子入りスープ。
ミルクフィッシュは英語読みだが、日本人にはサバヒーの方が通じるのでは?(☞ wiki

台湾南部ではスープ類の味が薄すぎるのが常だが、この店は日本人客が多いせいか、普通に薄味程度で良い感じ。
サバヒーの団子に関しては、あまり特徴が無かった気がする。


お会計

お会計は全部で225元(≒850円)。度小月と違って、サービス料の徴収無し!(嬉)
庶民派度小月という感じの店だったが、比較的安価に楽しめるので、特に学生旅行で来ている方には十分お勧めできる店だと思う。予算制限が無い方なら、本家の方が内装の豪華さも加わるので、本家をお勧めしたい。


※メニュー:日英版①日英版②写真付おすすめコース

【店舗詳細情報】
店名:https://www.chikan.com.tw/赤崁擔仔麵 老店
電話:06-220-5336
営業:11:00~14:00、17:00~21:00(週末は通し営業)
定休:無休
住所:台南市中西區民族路二段180號
GPS:22.996558, 120.203507


台湾の訪問レストラン&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/台南: 亞德當歸鴨

訪問:2017/6/9 18:30
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★☆☆☆CP★★★★☆
マンゴー食べ歩きをやめることにしたものの、何を食べ歩くかはノーアイディアだった。
鐵路便當で駅弁を食べた後、ブラブラ歩いてホテルに戻る途中で見つけたのが、この鴨料理の店。
驚いたことに、この周辺に3軒も鴨肉飯を食べさせてくれる店があったのだ。
となれば、ターゲットは大好物の鴨肉飯食べ歩きに決定だ。

亞德當歸鴨亞德當歸鴨

ホテルで原稿書きをしてから向かったのだが、Googleのナビで道順を確認すると、到着時は閉店しているかもしれないと警告表示が出てきて焦った。
18:30閉店との表示だったので、急ぎ足で向かった訳だが、まだまだ客足が途絶える感じがしないほど繁盛していた。(上の店頭写真は、店を出た際に撮ったもの)

亞德當歸鴨

看板メニューの當歸鴨は、2月に高雄の鴨肉和でいただいていたが、真夏の暑い中、冷房の無い店で温かい汁物を食べる気が起きなかったので、鴨肉飯と鴨肉切盤という定番のオーダー。

鴨肉飯と鴨肉切盤

注文伝票を厨房で渡して、箸とタレの準備をしていたら、あっという間に着丼。
この手の店は、吉野家以上にスピーディーだ。


鴨肉飯/小
鴨肉飯(NT$40≒150円/小)

まずは、お目当ての鴨肉飯。
高雄でお気に入りの鴨肉飯屋数軒と違って、値段が安い分だけ肉が細切れ。
といっても、前述の鴨肉和のような、細切れというわけでもなく、鴨肉の肉絲という感じにカットされている。

肉は味の濃いタイプで、明らかに鶏肉と違うもの。鴨肉は、これでなければ美味しくない。
味付けはオーソドックスだが、少しだけ當歸の風味があるかな。

あと、トッピングの漬物が、ちょっと独特。この手の漬物は、はじめて遭遇した。
と書いておきながら、味のメモが残っていない・・


鴨肉切盤
鴨肉切盤(NT$60≒230円)

鴨肉切盤は、高雄の愛用店と比べて10元高。
こうやって崩して盛られてしまうと、量の比較が難しいのだが、ほぼ同量だろう。
骨なし部分だけかと思ったが、やはり骨付きの部位は含まれていた。
こればかりは、どの店でもタイミングによって異なるので、強運を信じるしかない。

トッピングの針生姜は定番だが、ニラが乗っていたのは初めてだ。台南仕様?
味は、鴨肉飯に乗っている鴨肉と同じだが、タレがイマイチだった。
オイスターソースみたいな黒っぽいタレだが、好みの分かれる所だろう。


※メニュー:注文伝票

【店舗詳細情報】
店名:亞德當歸鴨
電話:06-221-0273
営業:9:00~19:00
定休:月曜日
住所:台南市中西區國華街三段180號
GPS:22.997434, 120.198969


台湾の訪問レストラン&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Platter by Karol Okrasa 2017/09/21
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: U Pana Michała 2017/09/20
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Folk Gospoda 2017/09/19
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: リガ(RIX)⇒ワルシャワ(WAW) 2017/09/18
ラトビア/リガ中央市場 [Centraltirgus]: Mājas Virtuve Kafejnīca 2017/09/17
ラトビア/リガ [Rīga]: Lido Alus Sēta(Lido Beer Garden) 2017/09/16
ミニ情報:ヴィリニュス空港~市街地の移動手段と鉄道博物館(地球の歩き方の誤情報を正す) 2017/09/15
リトアニア/トラカイ[Trakai]: Senoji kibininė(Old Kybyn Inn) 2017/09/12
リトアニア/トラカイ[Trakų]: Cafe Kiubėtė[Kavinė Kiubėtė] 2017/09/11
リトアニアのマナーホテル/パネヴィージョ [Panevėžio]: Bistrampolio Dvaras 2017/09/10
リトアニア/パネヴェジース [Panevėžys]: Forto Dvaras Panevėžys Babilonas店 2017/09/08
リトアニア/シャウレイ [Šiauliai]: Gedimino Pica 2017/09/07
リトアニア/クライペダ [Klaipėda]: Lietuviški Patiekalai Forto Dvaras 2017/09/06
リトアニア/カウナス[Kaunas]: Medžiotojų užeiga(Hunters house) 2017/09/05
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: イスタンブール(IST)⇒ヴィリニュス(VNO) 2017/09/04
トルコ/イスタンブール空港(IST): トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge] 2017/09/03
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: 香港(HKG)⇒イスタンブール(IST) 2017/09/02
香港/銅鑼灣駅: 點點心(Dim Dim Sum)點心專門店 灣仔店 2017/09/01
ビジネスクラス機内食/全日空(ANA): 羽田(HND)⇒香港(HKG) 2017/08/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>