《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ビジネスクラス機内食/マレーシア航空:クアラルンプール(KUL)⇒成田(NRT)

搭乗:2016/12/5 MH88便
評価点:総合★★★★☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆
デンパサールからの便が20分ほど遅れてしまい、楽しみだったマレーシア航空ファーストクラスラウンジの滞在可能時間は30分しかなくなってしまった。(☞ 前回のレポート

時間的にメイン料理は無理と判断して(☞ ラウンジレストラン メニュー)、前菜+デザートで頼むつもりだったが、メイン側に速攻で出てきそうなラクサがあったので、1組は前菜+ラクサでお願いした。

Salad of Hainanese Style Chicken
Salad of Hainanese Style Chicken
with vegetables julienne and sesame soy dressing


前菜からの私のチョイスは、海南チキンサラダ。

シンガポール名物のチキンライス(海南チキンライス)のサラダバージョンかと予想していたら全然違って、裂いた蒸鶏を胡麻ドレで和えた感じの、日本人にはなじみのあるお味。


Ceasar Salad
Ceasar Salad
our interpretation of the classic favorite


家内は無難にシーザーサラダを選んでいたが、クルトンの代わりにチーズトーストがデンと乗ってきた。


Curry Laksa
Curry Laksa From our Laksa Bar
egg noodles with a fragrant curry broth garnished with chicken, prawn and vegetables


食べたことが無いはずの家内には、マレー料理の代表格であるラクサを無理やり(?)勧めた。
ちらっと味見したが、スープのお味が日本のカレーうどんで、ラクサっぽくなかった点が残念だが、和食とフレンチ以外の許容度が極端に低い家内には無難だった。

いま、メニュー表記を見て気づいたのだが、これ、ビジネスクラス側のラウンジにあるヌードルバーで出しているものとのことなので、単なるJGC会員でも試せそうだ。


Tropical Fruit TrifleTropical Fruit Trifle
Tropical Fruit Trifle
our signature dessert of light sponge with kaya jam, diced fruit in calamansi syrup, topped with pandan custard and fresh cream


私は、前回メチャウマだったチーズケーキに期待していたら無かったので、フルーツトライフルをチョイス。
ちょっと調べてみたら、イギリス生まれのクリスマスデザートのようだ。

底にしっとり感のあるスポンジ、その上にフルーツ、カスタード、生クリームと重ね、最後にココナッツフレークとイチゴをトッピング。
単なる食材の組み合わせだが、全体的に上品な美味しさで、前回のチーズケーキの出来を考えれば、ここのデザートは何を頼んでも期待できそうだ。

ブログには掲載していないが、10月のニュージーランド旅行の帰国便で試すことが出来たシドニーのカンタス航空ファーストクラスラウンジでも、ダイニングエリアに座るとメニューを持ってきてくれるが、選択肢は多かったものの、質の面ではこちらの方が断然上だった。
カンタスラウンジは、レストラン形式ではなく単にメニューで料理を選べるというだけで、レストランらしい雰囲気はまったく無かったし、サービスも低レベル、料理は量産手抜き料理で雑なうえに食材も良くなかったのだ。

*****

離陸前のウエルカムドリンクは、4回連続でグァバジュース。やっぱり美味しい!

ワゴンサービスのサテー

離陸後は、これまたお馴染みのワゴンで来るマレーシアンサテー。

Malaysian Satay
Malaysian Satay
Start your inflight dining experience woth our signature dish.
Let us knou your choice of chicken, beef or a comnination.


やっぱり、マレーシア航空にサテー有りだ。
ここでは(小食の方は無理だけど)必ずミックスでお願いしよう!(本数が増える)

前回も思ったが、往路の成田発の便にで使われているピーナッツソースと(☞ こちら)、地元クアラルンプールのものとは、微妙に違う。
今回の違いは、使われているピーナッツの食感。
成田発は、乾燥ピーナッツを茹でて戻しすぎた感じで、やや水っぽかったが、こちらは生のピーナッツをそのまま使っているように思えた。


Egg Noodle
Egg Noodle
in a vegetable based soup with shredded chicken, prawns, bean curd, squid basils and Asian greens


帰国便は、出発時刻が真夜中ということもあってか、サテーの後から到着2時間前まで好きに頼める軽食の用意となる。
CAさんから何か食べますかと案内があったので、エッグヌードルを試してみた。(家内はパス)

Egg Noodle

麺は予想通りインスタントラーメンそのものだったが、具材はなかなか豪華。
上の写真は、中に隠れていた具材を取り出したものだが、取り出し損ねていた鶏肉も結構な量が入っている。

スープは野菜ベースとのことで、日本で言う塩ラーメンに近い印象。
こうやってインスタントラーメンをいただけば、そこそこ美味しくいただけるものだと発見。(我が家では、カップ麺以外のインスタントラーメンは食べないので)


Breakfast Setting
Brekfast - To Start
Fruit Smoothie, Seasonal Fruit, Muesli with full cream milk, Yoghurt with Marinate Berries


到着2時間前から(日本の航空会社と同じ!)朝食の開始。
前菜に該当する部分がトレーに載って出てきたが、メニューに記載されているヨーグルトが付いていなかったのは??

スモークチキンスモークチキン

私は、ミューズリーの代わりに今日はスモークチキンも選べますとのことでお願いしたら、スモークチキンというよりはチーズだった。


メインは、往路と同様に Chef-on-Call で事前に指定したメニューだ。

Nasi Lemak
Nasi Lemak with Prawn, Sambal and Ikan Bilis Sambal
All-time Malaysian favourite, nasi lemak accompanied by prawn sambal, hard-boiled eggs, ikan bilis sambal and other traditional accompaniments.


家内が選んだのは、マレーシアの郷土食であるナシレマ。
メニューの表紙にもナシレマの写真が載っていたが、海老の大きさの違いにガッカリという内容。

それに、機内で配られたメニューにもナシレマが載っていたのだが、お隣さんが頼んでいた皿と見比べると、明らかに出来が違うものだった。特に御飯の色と盛り付けが全く違っていて、Chef-on-Call側はいかにも冷凍食品という感じのもの。何も地元発の便なんだから、冷凍食品出さなくても良いのに・・


Garoupa Fish Curry Kandar
Garoupa Fish Curry Kandar
Braised fillet of garoupa in curry gravy, accompanied with steamed rice and mixed vegetables.


私は、シンガポールで辛すぎて食べれなかった苦い思い出のある(☞ Muthu's Flavors)フィッシュカレーで冒険してみた。

やっぱりカレーソース少なすぎだけど、辛さは良い塩梅。
さすがに世界各国の方が搭乗する国際線の機内食だけあって、極端な味付けは出来ないだろう。
魚(ハタの類らしい)は、いかにも冷食というパサパサ食感でイマイチ。

ということで、マレーシア航空ご自慢の Chef-on-Call を往復で試した結果、明らかに冷凍食品という内容で、グルメな方にはとてもお勧めできるレベルではないことが判明した。
ただし、選択肢が豊富で売切れリスクも無いので、嫌いな料理に当たるよりはマシという考え方も出来ないでもないと思う。

※メニュー:Dine AnytimeBreakfastBeveragesAlcoholicワインリスト

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/マレーシア航空:デンパサール(DPS)⇒クアラルンプール(KUL)

搭乗:2016/12/5 MH852便
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆
結局2日ともランチを抜いたので(この日は朝食も抜き)、食に関してはビジネスクラスの機内食と、各空港のラウンジ食が中心となった旅だが、帰国便の最初の区間の紹介は、デンパサール空港のラウンジ食から。

Lounge Invitation

チェックイン時にいただいたインビテーションは、「Premier Lounge」

Premier LoungePremier Lounge

航空会社運営のラウンジでは無く、一部のカードやお金を払えば誰でも入れるタイプのラウンジなので期待していなかったが、意外にも下手な航空会社運営ラウンジよりも良かった。
今、この記事を書いているパリのエールフランス・サテライトLゲート側ラウンジよりも良い。(Kゲート側のラウンジとは雲泥の差!!)



機内食が控えているとはいえ、朝昼抜きでおなかペコペコだったことから、これくらいは大丈夫だろうと取ってきた。
バリ風ナシゴレンは良かったものの、サテはレンチン仕様、他もイマイチのお味だが、カードラウンジとしてなら上等だろう。



ほかに、スープやケーキ類、サンドイッチ類や1種類固定だったが注文形式の麺もあった。

*****

離陸前のウエルカムドリンクは、もちろんグァバジュース。(写真省略)

機内食メニューを見ると、往路(☞ こちら)と違って「Dinner」表記で、往路の「Brunch」構成のフルーツとヨーグルトの代わりに選択肢の無い前菜、それにデザートが追加されていた。



それにしても、往路と同様に不必要に大きなパン皿の存在で、メイン料理が傾いた状態で置かれてしまう。


Peppered Tuna Loin
Peppered Tuna Loin
Horseradish cream sauce


前菜は、日本ではあまり見ないものの、海外ではよく目にするマグロの周囲に粒胡椒をたっぷり張り付けてローストした料理。
右手前は甘いマヨネーズだが、胡瓜の端っこの中身をくりぬいた容器だった。初めて見た供し方。


Ayam Masak Lemak
Ayam Masak Lemak
Stewed chicken thigh in coconut milk with turmeric, ginger, chili and spices, steamed rice and sauteed mixed vegetables


家内が選んだのは、ナシレマの類と予想したもの。
Masakの意味が分からないから失敗(?)したのだが、ほぼタイのイエローカレーというお味。
もちろん、カレー好きなので美味しくいただけたようだ。(付け合せの野菜は不味いと残していたけど)


Grilled Red Snapper
Grilled Red Snapper
Duchess potatoes, asparagus, baked pumpkin and red bell pepper sauce


家内にご当地料理を取られてしまったので、私は魚料理をチョイス。
左にちょっと変わった味付けのマッシュポテト、右には長方形にカットされた南瓜の煮もの、その下にはアスパラガスのソテーが敷かれていた。

こちらは、洋食系という位置づけなのかイマイチ。
白身の魚自体は悪くないし、芋はともかく南瓜は日本食的なお味で普通にいただけるのだが、洋食系にはウルサイ私だから満足度は低めだった。


Black Forest Gateauガーリックトースト
左:Black Forest Gateau with Raspberry Coulis

メインを平らげ、デザートに行こうと思っていたタイミングで、バスケットに入ったパンが出てきた。
いくらなんでも遅すぎでは?

そしてデザートだが、ラウンジでいただいたものと同じものが出てきたと思ったら、ちょっと違っていた。
下にたっぷりのラズベリーソースが敷かれていたし、ケーキも3層構造でクリームたっぷり。
でも、美味しくなかったので半分パス。

結局往路と同じような印象になったが、ちょっと悔しく思ったのは、この便がクアラルンプールから来るときに出されたであろうメニューが魅力的だったのだ。

※メニュー:Dinner (参考:クアラルンプールからの折り返し便のメニュー

※パリ・シャルルドゴール空港の(Lゲート側のショボイ)ラウンジから登録しました。
ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

ビジネスクラス機内食/マレーシア航空:クアラルンプール(KUL)⇒デンパサール(DPS)

搭乗:2016/12/3 MH715便
評価点:総合★★★☆☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆
MH71便からの乗継時間は4時間強。
ラウンジで睡眠時間を確保したので、ファーストクラスラウンジの朝食を食べ損ねてしまった。というか、お腹いっぱいで乗継便でも出てくる機内食を考えるとリスキーだと、最初からパスすることに決めていたので紹介なし。

バリ島デンパサール行の機材は、超が付くほどオンボロだったし、ねじが緩んでテーブルが平らにならないのに、メンテナンスされていなかった。
運行の安全性には問題ないとしても、こういったチェックの手を抜く姿勢は、結果的に安全性につながると思うんだけどなぁ。素手で何カ所かのねじを苦労して回して、ようやくテーブルを平らにすることは出来たけど。

ウエルカムドリンク

さて、離陸前のウエルカムドリンクは、またまたグアバジュース。
日本では、まず飲めないので、この機会にと最後の帰国便までウエルカムドリンクはグアバジュースで通した。
実際、現地の方にも人気のようで、半数の方が頼んでいたようだ。


機内食の方だが、3時間弱のフライトということで、朝食時間帯というのに割としっかりした食事が用意されていた。
メインのみ3択で、フルーツとヨーグルトにフルーツジュースが付くと記されていたが、フルーツジュースは先ほどのグアバのリクエスト制。普通のドリンクオーダーも受けてくれる。

Brunch NASI LEMAK
Malaysian Favourites NASI LEMAK
Coconut rice, ikan bilis and prawn sambal and traditional accompaniments


私は、マレーシア国民食である NASI LEMAK(ナシレマ)。
このココナツミルクで炊いたご飯が美味しいのだ。

器の左下の空間は、左の皿に置いてあるピーナッツと小魚を入れるスペース。
加熱時に湿気を吸わないように、別袋で提供するという点は、よく配慮されていると思う。

NASI LEMAK

小袋の中身を入れて、ナシレマの完成。
おかずの海老のサンバルも、マレーシアのものはそれほど辛くないので美味しくいただける。


Brunch Stuffed crêpe with apple
Stuffed crêpe with apple
Caramelized banana and maple syrup


家内は、朝食ということでクレープを頼んでいた。
アルミホイルの容器に入っているのは、バナナのキャラメル煮。
味見だけだが、結構おいしい。

Stuffed crêpe with apple

クレープの方は、断面写真の通りでイマイチかな。
私だったら確実に残したが、家内はこんなレベルでも甘いデザートということで食べてしまった。


パン

メニューには記載されていないが、バスケットで持ってきたパン類は、4~5種類。
ここでも甘いものを取ってしまった。(写真は家内の分を含む)

欧州だと域内線みたいな区間だが、本拠地であるクアラルンプール発らしく、郷土料理の水準はまずまずという感じだった。
なお、短距離区間ではお決まりのサテは付かないみたいだ。

※メニュー:BrunchBEVERAGE SELECTION (参考:折り返し便のメニュー

ビジネスクラス機内食 航空会社別レビュー&ランキング

テーマ : ビジネスクラス機内食
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
9月:セブ/フィリピン
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン
3月:高雄/台湾
3月:ハノイ/ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Express Döner 2017/09/22
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Platter by Karol Okrasa 2017/09/21
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: U Pana Michała 2017/09/20
ポーランド/ワルシャワ [Warszawa]: Folk Gospoda 2017/09/19
ビジネスクラス機内食/LOTポーランド航空: リガ(RIX)⇒ワルシャワ(WAW) 2017/09/18
ラトビア/リガ中央市場 [Centraltirgus]: Mājas Virtuve Kafejnīca 2017/09/17
ラトビア/リガ [Rīga]: Lido Alus Sēta(Lido Beer Garden) 2017/09/16
ミニ情報:ヴィリニュス空港~市街地の移動手段と鉄道博物館(地球の歩き方の誤情報を正す) 2017/09/15
リトアニア/トラカイ[Trakai]: Senoji kibininė(Old Kybyn Inn) 2017/09/12
リトアニア/トラカイ[Trakų]: Cafe Kiubėtė[Kavinė Kiubėtė] 2017/09/11
リトアニアのマナーホテル/パネヴィージョ [Panevėžio]: Bistrampolio Dvaras 2017/09/10
リトアニア/パネヴェジース [Panevėžys]: Forto Dvaras Panevėžys Babilonas店 2017/09/08
リトアニア/シャウレイ [Šiauliai]: Gedimino Pica 2017/09/07
リトアニア/クライペダ [Klaipėda]: Lietuviški Patiekalai Forto Dvaras 2017/09/06
リトアニア/カウナス[Kaunas]: Medžiotojų užeiga(Hunters house) 2017/09/05
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: イスタンブール(IST)⇒ヴィリニュス(VNO) 2017/09/04
トルコ/イスタンブール空港(IST): トルコ航空国際線用ラウンジ [THY CIP Lounge] 2017/09/03
ビジネスクラス機内食/トルコ航空: 香港(HKG)⇒イスタンブール(IST) 2017/09/02
香港/銅鑼灣駅: 點點心(Dim Dim Sum)點心專門店 灣仔店 2017/09/01
ビジネスクラス機内食/全日空(ANA): 羽田(HND)⇒香港(HKG) 2017/08/31
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>