《 訪問国別レストラン一覧 》   

北アイルランド.Belfast:Hilton Templepatrick

訪問:[2010/5/28 21:20]
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービスN/A雰囲気N/ACP★★★★☆
アイルランド共和国のモハーの断崖を見た後、独特な景観を楽しめるバレン(Burren)地方の海岸線を通ってスライゴー(Sligo)へ。


▲バレン地方の海岸道路。断崖に柵など設置していないのは、海外ではごく普通。人が小さく写っている

道路工事による片側交互通行箇所があちこちにあって時間がかかり、北アイルランド(通貨が から に変わり、道路標識の距離単位も Km から Mile に変わる)の デリー(Derry|Londonderry)に着いた段階で、予定していたジャイアンツ・コーズウェイ(Giant's Causeway)に向かうのは断念して翌日回し。
デリーからはこの日の宿であるベルファスト(Belfast)郊外にあるヒルトンホテルへ直行した。

ちょうど4滞在で1泊無料のキャンペーンの対象期間だったので、GWの米国分を合わせてアイルランドで2泊すれば1泊無料券をもう1枚ゲットできるという計算で、ちょっと高いがヒルトンにしたわけだ。(朝食付2名まで約12000円、郊外立地なので駐車場無料) 米国のヒルトンは外れが多いが、欧州のヒルトン系で外れたことは一度もないという安心感も選択理由になっている。

さすがに夜9時の到着では街に出ても食事はできないと思い、おとなしくルームサービスで。
館内レストランで食べようと思って向かったものの、なぜかルームサービスの方が充実していたのだ。

Hilton Templepatrick Room Service Menu

この時の の現金引出レートは135円。わずか2年前は250円だったことを考えると約半値。
高級ホテルのルームサービスの価格としてはかなり安く感じたので、 は売られすぎという感じもしないでもない。
なお、表示価格は税サ込だが、別にデリバリーチャージが1回の注文に付£3.50(約470円)かかる。

Salmon and smoked haddock fish cake salad(£8.00≒1080円)
cake

米国東海岸の Crab Cake と比較してみようと頼んでみたが、 Cake(焼いた平たいもの)ではなく、単なる Croquette(コロッケ)だ。

Cakeを解剖
▲中身を解剖してみると芋ベースで魚比率は20%未満という、安っぽいコロッケであることが判明

サラダのアップ

サラダは、見た目にもかなり独特なもので面白かった。
あくまで「面白い」だけで「美味しい」ではないが、オイル控えめで塩胡椒ベースでトスしてあるもの。


Grilled prime 28 day aged Rib Eye steak(280g)(£17.95≒2420円)
メイン料理で一番高かったのがこれ。アイルランドでは、どこの店でも牛肉は 100% Irish Beef を使っていると表示してあるので、普段は牛ステーキなど自分で良い肉を買って作る派なので頼まないのに、試してみたくなった。
結果は見事撃沈。

Steak

どこが生後28日だって? というぐらいに硬い肉。肉の味わいが無いから仔牛であることは間違いないと思うが、やはり牛ステーキの類は自分で肉を選んで作った方が美味しい。
付け合せはさすが高級ホテルという感じで、味の濃い房付のベイクドミニトマトに、オニオンリング、生のポテトを太めにカットしたフライドポテト。(いわゆるフレンチフライではないので、芋そのものの味を楽しめるが、旨くは無い)

Beefのアップ
▲リブアイステーキをアップで撮影


翌日は、行きそびれたGiant's Causewayへ。

海側から見る「Giant's Causeway」

山側から見る「Giant's Causeway」
▲ジャイアンツ・コーズウェイ全景(上は先端から山側をワイド撮影、下は山の上から全景撮影)

モハーの断崖もそうだったけど、こちらも思ったよりも小規模で£8.00の駐車場代と100Km近く戻ってまで行く価値は無かった。ここよりは小規模だが、この手の岩場はあちこちで見かけている。(思い出せないが、日本にもあった気がする)
この後、海岸線を通ってベルファストの街を見たが、街に多くの時間を割くべきだった。


アイルランド名物の豚の血入りのソーセージやマッシュルームのソテーは、今回泊まったヒルトンやクランプラザの朝食で出てきたので、それらの写真は別のページで紹介したい。


店名:Hilton Templepatrick
電話:028-9443-5500
住所:Castle Upton Estate Templepatrick, United Kingdom

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 60ヵ国を訪問
41ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
5月:ソフィア周辺/ブルガリア
6月:台南・高雄/台湾
6月:バレンシア/スペイン
6月:高雄・台南/台湾
7月:南チロル周辺/イタリア
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
ドイツ/アシャッフェンブルク [Aschaffenburg]: Hilar's Wirtshaus "Lila Häuschen" 2017/05/25
ドイツ/ニュルンベルク [Nürnberg]: Restaurant Mount Lavinia 2017/05/24
ドイツの古城ホテル:ライヒマンスドルフ城 [Schloss Reichmannsdorf] 2017/05/23
ドイツの古城ホテル:コルムベルク城 [Burg Colmberg] 2017/05/22
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: Diller Schneeballenträume 2017/05/21
ドイツ/ローテンブルク[Rothenburg]: ブロットハウス[Zuckerbäckerei BrotHaus] 2017/05/20
ドイツの古城ホテル:アーベンベルク城 [Burg Abenberg] 2017/05/18
ドイツの古城ホテル:ヒルシュホルン城 [Schlosshotel Hirschhorn](Burg Hirschhorn) 2017/05/16
ドイツ/ハイデルベルク[Hidelberg]: Zum Roten Ochsen 2017/05/15
ルクセンブルク/Luxembourg: オーバーバイズ [Oberweis] Lux-Ville店(本店) 2017/05/14
ルクセンブルク/エッシュ・シュル・シュール[Esch-sur-Sûre]: Comte Godefroy 2017/05/13
ルクセンブルク/ワンプラアールト [Wemperhaardt]: Las Tapas 2017/05/12
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: Restaurant de Mangerie 2017/05/11
オランダ/マーストリフト [Maastricht]: REITZ 2017/05/09
ドイツ/トロイスドルフ [Troisdorf]: Restaurant Sängerstuben 2017/05/08
ドイツ/ヴィアーシェム [Wierschem]: エルツ城 [Burg Eltz](併設カフェ) 2017/05/07
ドイツの古城ホテル:エンガース城 [Schloss Engers]@ノイヴィート[Neuwied] 2017/05/04
ドイツ/オーバーヴェセル[Oberwesel]: シェーンブルク城 [Restaurant Auf Schönburg] 2017/04/30
ビジネスクラス機内食/エールフランス:パリ(CDG)⇒成田(NRT) 2017/04/24
ビジネスクラス機内食/エールフランス:ミラノ・リナーテ(LIN)⇒パリ(CDG) 2017/04/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>