FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

台湾/台北桃園空港T2: 小南門傳統豆花 桃園機場店

訪問:2019/3/16 13:10
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★☆☆雰囲気★☆☆☆☆CP★★★★★
ラウンジを使えないバニラエア利用時は、第2ターミナル側にあるフードコートで最後の台湾食を食べてから帰国するのが定番だ。(バニラエアのある第1ターミナル側のフードコートは新東陽が独占で仕切っているので魅力がない)



いつものように鬍鬚張で食べようと向かうと、工事中なのかフードコート自体が見つからず。MRT駅改札前に飲食店の案内が出ていたが、エスカレーター(傾斜式動く歩道)の横に仮店舗で営業していた。
ただ、仮店舗だからかセットメニューしかないという強気の営業。こちらは魯肉飯以外は美味しくないことを知っているので単品の頭大盛(小+粹魯)狙いだったのに・・と、お隣の店を覗いたら魯肉飯の単品があるではないか。しかも鬍鬚張よりも安い。



魯肉飯(NT$45≒170円)
醤油煮込みのそぼろ肉かけご飯


屋台店の持ち帰り麺線の容器(ジャンボサイズのカップ麺容器)に入れて渡されたが、鬍鬚張の大盛よりも多そう。



挽肉ベースなのは残念だが、お味は日本人的には美味しくまとまっている。老舗感が無い味付けなので、台湾の味付けに慣れていない日本人でも絶対美味しく感じるタイプだ。
ベースがデザート系の豆花屋なので、女性向きのやさしい味付けというべきかな。

マニアックな私でも結構気に入ってしまったのは、値段の安さが加味されている。
制限エリア外とはいえ、規模の大きな国際空港で吉牛(吉野家の牛丼)と同じボリュームのどんぶり飯を170円で食べることが出来るというのは、他の国では無いだろう。


※メニュー:壁掲示板

【店舗詳細情報】
店名:小南門傳統豆花 桃園機場店
電話:03-393-1778
場所(暫定営業):MRT機場第二航廈站改札出て左側端付近(正規位置はC5-1)

台湾の訪問レストラン地域別ランキング


このあとは、今年秋に消滅するバニラエアで帰国して、初めての台湾離島旅行も終了。
見どころも無いに等しいし(文化遺産は台湾本土、海を中心とした自然は沖縄の方が断然良い)、食べ物も高雄や台北といった都市圏と比べると競争原理が働きにくいからか魅力に乏しい。
オフシーズンの宿代が安いからと、5泊したのは多すぎた。天気が良いことを条件に、朝着夜発の日帰りで、空港からレンタカーを借りて回れば十分という印象だった。

■今回の旅の費用
往復航空券: 23770円 成田<>台北 by バニラエア
現地航空券: 9777円 台中>澎湖>台北松山 by 立榮航空(NT$2605)
現地宿泊費: 23143円(17055円+NT$1618/9泊;うち朝食付7泊,特典3泊)
現地交通費: 6774円(NT$1800)iPassチャージ・空港バス・レンタカー(1日)・燃油
飲食雑費等: 15660円(NT$4161)
国内交通費: 2826円
旅費合計:  81950円

■2019年累計(☞ 2017~2018年 海外旅行費用総決算
回数総泊数総経費
2019年5回47泊¥497,009


この後は、訪問20回目記念となるフランス旅行を現地からお届けしたい。
今回はレンタカーを使わず、パリから入ってスペインのバルセロナまでバスしかない区間を除いて全部鉄道で移動することにしている。
レンタカーを使って回っていると大都市が抜けてしまうもので、ボルドーとトゥールーズにそれぞれ4連泊して、大都市の街並みや生活感を見てみようと思っているほか、大好物のフォアグラの産地ということでペリグーにも滞在。最低5回(できれば10回)はフォアグラを食べようと思っている。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/桃園空港T1: 麥記②

訪問:2017/8/21 14:55
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービスn/a雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
最後は、いつもの桃園空港フードコート。
バニラエアが発着する第1ターミナルのフードコートは魅力が無いので、普段はチェックインを済ませたら、第2ターミナル側のフードコートまで出かけて(注:片道15分程度は見る事)食べているのだが、第1ターミナル側で昨年10月に見つけたこの店が良かったことから再訪。


▲メニュー (↑ クリックで大きな画像が開きます ↑)

台湾料理ではないものの、大好物のロースト系の肉を色々味わえるとあって、前回食べた後に気付いた、1品肉が増える「招牌四賓飯套餐」を食べに行くことを決めていたのだ。

そうそう、分かりづらいものの、店の看板が「新東陽」から「麥記」に変わっていた。
メニュー表記の方も肉の種類が併記されるようになっていたので、前回からそうだったらミス注文を避けられたのに・・


招牌四賓飯套餐
招牌四賓飯套餐(油雞・烤肉・叉焼・香腸)(NT$180≒680円)

お目当ての「招牌四賓飯套餐」、昨年10月よりも20元値上げされていたが、個々の肉の量は変わらずも、小菜の盛り付けが多くなった感じだ。(担当者の差?)
一般的に高い空港内施設なのに、これで680円とは感動もの。

招牌四賓飯

左側の小菜は、姫筍みたいなものとキャベツ。
台湾の姫筍(色々種類があると思うけど)は、どこでも間違いなく美味しいし、預け荷物可の運賃で利用している場合は、瓶詰のものを土産に買っている。(今回もたっぷり買い込んだ)

香腸・叉焼

前回食べた「經典三賓飯」に、左側の香腸が加わっただけのもの(小菜が変わるかも?)が、今回食べた「招牌四賓飯」だ。
値段差10元なので香腸の量は少ないものの、お味の方はまずまず。

香腸と同じ系統の味である蜜汁叉焼も、好みのお味。
これ、前回の「經典三賓飯」は付いていなかったものだが、現在は「經典三賓飯」にも含まれることになっている。やっぱり、ちゃんと品目が明記されるようになったのはいいね。

油雞・烤肉

油雞と烤肉は、前回も出てきたものだが、こちらは味の浸み込みが足りない感じなので、タレが欲しくなる。
カウンターにタレが置いてあったかも?(未確認)

小菜

最初、1品目増えた肉がこのホワイトソーセージみたいなものだと思っていたが、煮卵と共に小菜扱いのようだ。
ヤワヤワな食感が独特だが、普通に美味しい。



前回は餅抜きのぜんざいだった「甜湯」は、白木耳を薄甘シロップで煮込んだもの。
これは、イマイチだったかなぁ。ぜんざいの方が、日本人には馴染める。

ということで、香港的な味を楽しめるLCCが発着する第一ターミナルのお勧め店の紹介でした。


※前回の訪問:2016.10.16昼

【店舗詳細情報】
店名:麥記
電話:03-393-2798
営業:10:00~20:00
場所:桃園空港ターミナル1地下「新東陽美食廣場」


以上で、台湾マンゴーかき氷食べ歩き2017年度第三弾の日程はすべて終了。(☞ 台湾マンゴーかき氷店ランキング
全部で12軒のマンゴーかき氷を食べ比べた訳だが、今回は手薄な台北周辺ということで新店中心に回ってみた結果、値段こそ高雄平均の5割増ではあるものの、水準の高い店も多いことが判明した。

来シーズンは3回の訪台は無理そうなので、7月上旬に1週間かけて台北・台南・高雄の3拠点を一度に回り、優秀店を中心に再訪して食べ比べてみようと企んでいる。
過去一度もやっていない、同じ時期の地域間比較が出来るようにレビューしたいと思っている。

■今回の旅の費用
 往復航空券: 16790円+10500mile/JAL(成田<>台北桃園; 往路CX特典、復路JWコミコミ)
 現地宿泊費: 7992円+25000pt/IHG(NT$2129/4泊;うち特典2泊、朝食付3泊)
 現地交通費: 1652円(NT$440)EasyCardチャージ+桃園MRT
 飲食雑費等: 12684円(NT$3379)飲食費+中華電信SIM 5日用(NT$300)
 国内交通費: 2826円
 旅費合計:  41944円+10500JALマイル+25000IHGポイント

この後は、バルト三国訪問の残りであるリトアニアをメインとした食べ歩きを、現地からレポートしたいと思う。最初は、JAL(日本航空)の短距離路線との比較が懸案だった、ANA(全日空)の香港線ビジネスクラス機内食からスタートする予定だ。

なお、中断しているイギリスアイルランド旅行については、その後に掲載する予定にしている。
セミリタイアして1回の海外旅行での滞在日数が増えることから、ブログが追いつかなくなるという新たな問題が発生しそうだが、62歳まで年間180日の海外旅行ペースを維持するつもりなので、真剣に対策を考えねば・・

台湾のレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

台湾/桃園夜市: 草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯)

訪問:2017/8/17 21:10
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★★
草山食堂

今度こそ、本当に夕飯をいただこう。
天下奇冰と同じ通りを、桃園夜市のメインストリートを横切って1分ほどの所に、気になる文字を発見。
「鴨肉飯」は大好物だけど、「鴨香飯」って何だろう?

ということで、唯一のメニューである店頭に置いてあった注文伝票の内容を確認したうえで入ったわけだが、そこそこ客は入っているようだ。


草山食堂
鴨香飯(NT$40≒150円)

出てきたのは、どうみても普通の鴨肉飯。違いは、ごはんが見えないほど気前よく盛ってくれている点だろうか。
この量だと、お気に入りの高雄の鴨肉本を価格比例で比較して上回る。
まさか、注文伝票を受け取った厨房のおばちゃんが日本人かと聞いてきたので、そうだと答えたらニッコリしていたので、サービスしてくれたとか??

鴨香飯の断面

しかし、肝心の鴨肉のお味がよろしくない。鴨肉であることは間違いないのだが、味付けがシンプルなのは良いとしても、肉の旨みが出ていないのだ。単に茹でただけっていう感じのもので、かけ汁も本来あるべき鴨肉の旨み不足で味しくない。
塩分濃いめのかけ汁だけでご飯をいただくことは出来るのだから、セルフサービスの辛いだけのつけダレも不要。
鴨肉を生かし切れていないなぁという印象だ。


皮蛋豆腐
皮蛋豆腐(NT$40≒150円)

もう1品は、同じくおすすめマークの付いていたピータン豆腐。
何のことはなく、冷奴にピータンが付いているだけだったが、冷奴にかかっている台湾の甘醤油が意外に良かった。
日本では、くめ納豆に付いているタレ醤油で食べているが(納豆には辛子と数滴の醤油しか入れないので、付属しているタレ醤油が余ってしまうのだ)、台湾の甘醤油でも合うことは新発見。6月に買ってきているので、さっそく試してみよう。


さて、表看板には出ていなかった正式名称だが、注文伝票に「草山食堂」とあったので、住所を調べるためにググってみたものの該当なし。電話番号でもヒットしない。
仕方なく別のアプローチで調べたら、昨年11月に桃園市政府衛生局から「鴨香飯」から基準以上の大腸菌が検出されたとして公表されていた。
ちなみに、桃園空港T1のバーガーキングのワッパーも同じ理由で公表されている。

その後回避しているようだし、このレベルの衛生検査結果など気にしていたら東南アジアの屋台飯など食べることはできないので、大騒ぎしすぎなような気もしないでもないが、それが原因でググってもヒットしなかったのだろう。
過剰反応であることと、日本の当局の甘さ(悪い情報を事実上何も公表しない事)を改めて認識できた良い事例となった。

【店舗詳細情報】
店名:草山食堂(鴨香飯・瓜子肉飯)
電話:0932-019302
営業:12:00~23:00
定休:無休
住所:桃園市桃園區正康一街134號
GPS:25.002656, 121.306651


台湾のレストランレビュー&ランキング

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ミャンマー②,他
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Petisqueira Belmar 2019/11/19
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Tavirense +焼き栗@屋台 2019/11/18
ポルトガル/モンテゴルド[Monte Gordo]: Vasco da Gama Hotel 2019/11/17
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Restaurante Zeca Da Bica 2019/11/16
ポルトガル/ファーロ[Faro]: Taberna Modesto 2019/11/15
ポルトガル/ファーロ[Faro]: À do Pinto 2019/11/14
ポルトガル/Holiday Inn Lisbon: Restaurante Vasco da Gama+国立鉄道博物館 2019/11/13
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: O Forninho 2019/11/12
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: Cervejaria Sagres 2019/11/11
ポルトガル/ビゼウ[Viseu]: Tasquinha da Sé 2019/11/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>