FC2ブログ
   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

ルーマニア/ブカレスト[București]: Sindbad

訪問: 2019/9/15 15:40
評価: 総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★☆☆
ルーマニアの最後は、前夜大混雑していた滅茶苦茶口コミ数が多くて評価もまずまずの「Caru' cu bere」というルーマニア料理店にオフピークを狙って出向いた。それでも7割ほど席が埋まっていたうえに、儲からない(?)おひとり様は歓迎しないみたいで無視されてしまい、店を出てしまった。ガイドブックで煽られているだけでは説明できない混雑ぶりが気にはなるものの仕方ない。



ということで、裏の通りにあったレバノン料理の店に行くことにした。日本では食べることが出来ないに等しい料理で、その国に行きたいと思わない場合は、近隣諸国の店で食べるしかない。
今度は、男女2人のサービススタッフ共にフレンドリーで丁寧。すごいギャップだ。



店内席がシンプルだったので、写真撮影に好都合の明るいテラス席をゲット。
ドリンクは、お決まりのペプシ・マックス。東欧では本当にコカ・コーラ社のシェアが低いなぁ。



Adana Kebab(45Lei≒1150円)
Spicy Ground Meat|Cataif Libanez


まずは、ラム肉の挽肉で作ってあるというアダナケバブという料理。Google Mapに投稿されていた写真を見せて注文し、何という料理なのかメニューの中から示していただいた。

調べて見たら、トルコのアダナという都市発祥の料理だそうで(☞ wiki)、レバノン料理では無かったけど・・



串刺しの挽肉に山々を付けて焼かれていたが、かなり硬めの焼き上がり。
で、スパイスに加えて、ここまでのルーマニア料理で不足している旨味成分が加わり、美味しい。
やっぱり、ルーマニア料理は旨味不足に加えてスパイス使いも出来ていないんだなぁと。



添えられていたご飯が独特で、細い揚げ麺を砕いて混ぜてあった。
こちらは薄味だが、肉のスパイスと合わせていただくにはちょうど良い。

皿の右上にアイスクリームみたいに乗っているのは、チーズに近いサワークリーム。
東欧料理の定番だけど、トルコ料理から東欧に広がったのだろう。
刻んだパセリも大量に乗っていて、良いアクセント。



Osmalia(22Lei≒570円)
Pastry Noodles with Milk Cream


もうひとつも、投稿写真を見せて注文したもの。
こちらはデザートだという事で後に出していただいたが、この独特な形状に惹かれたわけだ。

セルクルで揚げ固めたような円形の極細麺の中央部分をカットして、間にココナッツクリームベースのライスプディングみたいなもの(メニュー上では、単にミルククリームと書かれている)を挟み、中央上にもトッピング。
緑色の粉末は、中東特産のピスタチオだろう。



断面は、こんな感じ。
かなり細い揚げ麺だが、これ、トルコのデザートであるバクラヴァに俵状のものがあったなぁ。
バクラヴァと同じように甘いシロップが控えめにかかっていたが、もう少しシロップが多い方が美味しくいただけたはずだ。というのも、ライスプディングの甘さが超控えめだったので、デザートらしい甘さが足りない印象だったからだ。




お会計は、全部で76Lei(≒1950円)也。
首都中心部の店だと良いお値段になるのは仕方ないか。

そうそう、テラス席にいた別々の2組が水タバコを吸っていた。
1組は中東系の人達ではなかったので、それを目当てに来る店なのかもしれないが、私は酒もタバコも賭け事も金のかかる娯楽系も一切やらないので関係なし。このケチぶりで老後資金が楽に貯まったのだ。


※メニュー:表紙・冷前菜温前菜・スープ・サラダメイン・サイドドリンク・デザート

【店舗詳細情報】
店名:Sindbad
電話:021-317-7788
営業:11:00~24:30
定休:無休
住所:Lipscani 19, București 030031
GPS:44.432633, 26.097987(☞ Bing Map


ルーマニアの訪問レストラン一覧
 

【ブカレスト [București] の風景】(☞ 歴史地区の地図掲示

▲圧巻のルーマニア議事堂宮殿[Palatul Parlamentului]


▲Piaţa Unirii駅前の噴水も見事



▲ラドウ・ヴォダ修道院[Mănăstirea Radu Vodă]


▲左:凱旋門[Arcul de Triumf]  右:隣接するKing Mihai I Parkにて


▲Monument I. L. Caragiale(右は、ホテルの部屋から)












▲Nation's Heroes Memorial[Mormântul Ostașului Necunoscut]




▲公園の遊具が半端ない(日本の公園は安全対策という名目での責任逃れでつまらなくなった)

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ルーマニア/ブカレスト[București]: Aubergine Restaurant

訪問: 2019/9/14 17:30
評価: 総合★★☆☆☆★★★☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
僻地のクラウンプラザから中心部のインターコンチネンタルホテル(以下、インタコ)に移動。
来年度のIHGスパイアエリート会員維持のために(☞ IHGスパイアエリート会員 宿泊アップグレード記録(2019年版))、1泊5000ポイント付くというボーナスポイントパッケージで連泊予約した。5つ星のインタコも、週末宿泊だとかなり安く泊まれるのだ。(と言っても、万札は飛ぶけど・・)

インタコのアンバサダー会員は無意味だったのでやめてしまったが、IHGスパイアエリート会員はアンバサダー会員と同様にウエルカムフルーツと菓子類が届けられたうえに、ミニバーが無料になる部屋にアップグレードということで、ランチを食べに行く理由が無くなってしまった。



ということで、早めの夕飯は茄子料理に特化した珍しい店に行くことにした。
店のHPに写真&価格付メニューが載っていたので、目星を付けてから向かったのだが、店で渡されたメニューはタブレットでHPの内容を見せる形式。これで日本のチェーン店みたいに注文まで通るのかと思ったら、そうではなかったところが個人店らしい。(そこまで出来ていたら、ルーマニアのIT技術進歩を絶賛するところだったんだけど・・)



Vinete cu creveti si calamari(45Lei≒1150円)

久しぶりに海鮮系を食べたかったので、海老と烏賊の料理をチョイス。もちろん茄子がベースだ。



巨大な米ナスみたいな茄子を開いてたっぷりの油でソテーし、その上に海老と烏賊だけを乗せた料理。値段が高いのは、余計なもので量を誤魔化していないからだろう。



イカも海老も、お決まりの香辛料が使われていて好みの味付け。
世界中で共通の味なので自宅で色々試しているものの、同じタイプの香辛料を見つけることが出来ていない。絶対に調合調味料だと思うのだが、この店の場合は、ベースの香辛料に加えて、メキシコのタヒン[Tajin]も使っていた気がする。



Paine de casa(8Lei≒210円)

パンは要るかということでお願いしたが、予想外の高価格。(当地としてはだけど・・)
そうか、価格表記しないもので稼ぐということか。



米ナス(?)の部分をパンに乗せていただいたが、海鮮系の味はばっちりだったのに、こちらの茄子の方はほぼ味無し。
ディップ代わりにはならなかった。



Babaganush(22Lei≒570円)

パンも余っていることで、茄子のペーストらしきものを追加注文。
中央部分にオリーブオイルと刻みパセリを乗せてあるが、ベースの味付けはニンニクと別のハーブ(忘れた・・)。



こちらもパンに乗せていただいたが、もう少し味を決めてくれれば美味しいのに、大蒜やハーブが融合せずに単独で主張しあっている感じ。やっぱり何らかの旨味成分が欲しいところだ。




以上にコーラ代を含めたお会計は、83Lei(≒2150円)也。結構高いなぁ。
おまけに、現金が余っていたので現金払いしたら、釣銭を勝手にチップだと減額してよこしてきた。請求書の下に、「Service is not included! Good service 10%, Exelent it's up to you」なんて書いてあったが、何もサービスしていないんだから0%だろう。当然ノーチップだと言って支払い拒否したけど、採点は厳しくせざるを得ない。
チップが慣習化している北米じゃないんだから、食堂レベルの店でチップを取りたいなら、それなりのサービスをしなさい!


※メニューはHPと同じものをタブレット表示で見せる形式なので、撮影不可

【店舗詳細情報】
店名:Aubergine
電話:021-313-7548
営業:12:00~24:00(月~22:00)
定休:無休
住所:Smârdan 33, București 030073
GPS:44.431129, 26.099874(☞ Bing Map


ルーマニアの訪問レストラン一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

ルーマニア/ブカレスト[București]: Citronelle@Crowne Plaza Bucharest

訪問: 2019/9/13 19:25
評価: 総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★☆☆CP★☆☆☆☆
シギショアラ[Sighişoara]から急行列車で5時間強(IR347/57.10Lei≒1450円)、2度目のブカレストに夕方到着。
当初インタコ3連泊を予約していたが、今月から始まったIHGキャンペーンで最初の滞在はノーカウントと制約が付いていたので、急遽最寄りの地下鉄駅から3Km離れた場所にある、超不便な立地のクラウンプラザに1泊目を変更した。不便なのに宿代の差がほとんど無いのは何故だろう?



クラウンプラザはIHGスパイア会員への優遇度が高い傾向にあるので優先的に利用しているが(☞ IHGスパイアエリート会員 宿泊アップグレード記録(2019年版))、予想通り広い部屋に2段階アップグレードしてくれた上にラウンジアクセス権も付けてくれたので、いつもの通りお礼を兼ねてホテルのレストランでいただくことにした。(っていうか、周辺にレストランが無いに等しいので、車が無ければ選択肢がほぼ無い・・)

メニューは2本立てで、片方はテラスレストラン扱いの写真付。どちらでも頼めるとのことで、本家から2品とテラスレストランから1品をチョイス。ドリンクは、ウエルカムアメニティで選んだクーポンでお願いした。(今までの店と比べて倍価格、コーラが410円もするので正解!)




まずは、パンとバター・オリーブオイルにバルサミコ・ドライトマトペーストが出てきた。
このバルサミコが安物すぎて、全然使えなかった・・



Baked aubergines(200/30g)(42.00Lei≒1100円)
Cake Parmigiana with mozzarella cheese and Tomato Gratin sauce


前菜からは、焼きナス。
詳細表記部分にパルミジャーノケーキって何だろうと思って頼んだわけだが、ほぼラザニアというべきものだった。



ラザニアと違う点は、パスタ生地を使う部分が茄子をスライスしたものになっていたこと。
結構薄切りにして何層にもして作られていたが、やっぱりラザニアだ。お味も自分で作るラザニアと同様に、普通に美味しい。
薄い板状のラザニア用パスタが無い時に、茄子で代用するのも良いかも。って、茄子の方が無い可能性が高いか。



Sweet potato and pumpkin bisque(360g)(25.00Lei≒640円)
Served with pumpkin toasetd seeds


前菜とメインの総重量が430gと少なかったことから、朝昼抜きでは持たないと思い、360g表記のスープを頼んでみたが、これは失敗。360gも無いだろうし、味がお題通り薩摩芋と南瓜の混合で、どちらも甘さが無いしクリームも少ないので不味い。

トッピングはローストしてあるパンプキンシードとの表記だったが、半分は安いヒマワリの種。
高級ホテルで、こういった事をやっていいのかと言いたくなるが、ルーマニアだからなぁ・・



Shrimps Linguini with bisque, wild rocket and 'Arrabiata' sauce(110/60/30g)(46.00Lei≒1200円)

最悪だったのが、メイン替わりの海老パスタ。
見ただけで、茹ですぎソフト麺であることが分かるものが出てきて、ガッカリを通り越してウンザリだ。



乾麺リングイネを茹ですぎてもソフト麺にはならないので、茹ですぎ乾麺を放置したものを再加熱したものだ。
超懐かしいアメリカの缶詰スパゲッティみたいに、腰の無い茹で置きうどんを食べているみたい。

海老はそれなりに入っていたが、入っているだけというレベルで下味の付け方がダメ。
海鮮系なので、ビスクは当然甲殻類のソースだと思っていたのだが、単なるトマトソースでも、これも話にならない。
スープのビスクとこちらのビスク、ちゃんと使い分けしているんだろうけど、酷いなぁ。




お会計はドリンク抜きでも113.00Lei(≒2900円)と、ルーマニアらしからぬ金額。その割には、サービスはいい加減だし(テーブルクロスが無いことに気づかないなど、とても高級レストランとは思えないレベル)、店内は明るくキレイなものの、日本のファミレスに毛が生えたレベル。
周囲に何も食べるところが無い僻地に立地するので強気なんだろうが、車利用のIHG上級会員でなければ、お勧めできないホテルということになるだろう。

しかし、日本を含む一部の国を除けば、世界どこでもIHG系ホテルのレストラン水準の低いこと!
大幅アップグレードのお礼という位置付けでなければ、お金を出して食べに行きたくないなぁ。


※メニュー:前菜パスタ・メインサイド・デザートFast & FreshドリンクSummer Days on the Terrace表紙

【店舗詳細情報】
店名:Citronelle
電話:021-202-1114
営業:12:00~23:00
定休:無休
住所:Crowne Plaza Bucharest, Bulevardul Poligrafiei 1, București 013704
GPS:44.479497, 26.064670(☞ Bing Map


ルーマニアの訪問レストラン一覧

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて30年。
現在 67ヵ国を訪問
49ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:ミャンマー②,他
12月:台湾㊳:宜蘭・羅東
年越:ベトナム⑩:ハノイ周辺
1月:メキシコ③、台湾
2月:マレーシア⑮、ベトナム
3月:マレーシア
4月:イタリア⑲~ドイツ
5月:アメリカ⑮:ナイアガラ
6月:台湾㊵:(芒果かき氷)
7月:イタリア⑳:南チロル
丸数字:累計訪問回数

カテゴリ
最新記事一覧
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Petisqueira Belmar 2019/11/19
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Tavirense +焼き栗@屋台 2019/11/18
ポルトガル/モンテゴルド[Monte Gordo]: Vasco da Gama Hotel 2019/11/17
ポルトガル/タヴィラ[Tavira]: Restaurante Zeca Da Bica 2019/11/16
ポルトガル/ファーロ[Faro]: Taberna Modesto 2019/11/15
ポルトガル/ファーロ[Faro]: À do Pinto 2019/11/14
ポルトガル/Holiday Inn Lisbon: Restaurante Vasco da Gama+国立鉄道博物館 2019/11/13
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: O Forninho 2019/11/12
ポルトガル/フィゲイラ・ダ・フォス[Figueira da Foz]: Cervejaria Sagres 2019/11/11
ポルトガル/ビゼウ[Viseu]: Tasquinha da Sé 2019/11/10
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
45位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
16位
アクセスランキングを見る>>