《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

スペイン/マドリード:El Rincón de El Bierzo

訪問:2016/1/11 21:15
評価点:総合★★★☆☆★★★☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★★★☆
カナリア諸島からの帰りも1泊しなければ戻ってこれない。(早朝便を選べば戻ってこれたが、無理と判断)
ということで、11月に続いてマドリードで泊まることになってしまったが、夕食はホテルと同じブロックにあったこの店でいただくことにした。ホテルでお勧めを聞くと、月曜日だとみんなお休みだということで断念。



バルカウンターでメニューを見ていたら、テーブル席を勧められてしまった。
テーブル席だと違うメニューがあるようで、種類も格段に多くなった。英語併記のメニューもあったので大助かり。

タダタパ

注文を終えると、頼んでいないタパスが出てきた。
カウンター席の状況を見ていると、どうもドリンクを頼むと無料で出てくる通称「タダタパ」のようだ。

普通なら、オリーブだけとか簡素なピンチョスだけなのに、両方が乗ってきたのには驚き。グラナダの Bodegas Castañeda] 以来の感動のタダタパだ。
特に、炒めたオリーブを食べたのは初めて。
安物瓶詰オリーブとは違って、塩だけで漬けたオリーブを炒めてあるようで、なかなか美味しい。

パン
PAN(€1.00)

続いて、頼んだパンが出てきた。
ちゃんとパンは要るかと聞いてくる点では良心的。

Callos a la Madrileña
Callos a la Madrileña(€9.00)
Madrid-Style Tripes


メインにお願いしたのは、前菜のページに載っていたマドリードスタイルのトリッパ。
こういったご当地地名の入った料理を見つけると頼んでしまうのはいつものことだし、トリッパとなれば大好物。

しかし、前菜のつもりだったのにとんでもない量で出てきた。
ポルトガルのレストランなら話は分かるが(例:Abadia do Porto)、スペインにも大盛で出てくる店があるんだ。

小皿に盛ってみた

小皿に盛った写真の量で、だいたい5分の1ぐらい。
トリッパの他に、少しチョリソなんかも入っているが、煮込み汁がコラーゲンたっぷりでトロトロ。

お味的には普通にいただけるものの、脂身に準ずるコラーゲンはだんだん苦手になってきているので、完食出来なかった。

お会計店頭外観

お会計をお願いすると、コーラ代が€2.20で、あのタダタパが付いてしまったようだ。さらには、トリッパも1ユーロ安い€8.00で請求されていたので、テーブル料金ではなくカウンター料金を適用してくれたみたい。
凄く良心的な店だ。

※メニュー:カウンター用テーブル用前菜①メインデザート

【店舗詳細情報】
店名:El Rincón de El Bierzo
電話:914 741 878
住所:Calle Toledo 171, 28005 Madrid
GPS:40.403050, -3.713020



翌日はイベリア航空のラウンジ食(マドリード)と、ロンドンの英国航空(ブリティッシュ・エアウェイズ)ラウンジ食を楽しみにしていたので、これで今回の旅でのレストラン訪問はおしまい。
今回は航空券代が突出して高いが、レンタカー代が激安(Europcarで3日間€59.62)だった。

■今回の旅の費用
往復航空券: 141550円(成田>HEL>テネリフェ南>MAD>LHR>羽田、19358マイル獲得)
現地宿泊費: 38406円(€356.50/5泊、うち2食付3泊・無料1泊/5000pt:IHG)
現地交通費:  9256円(€85.92) レンタカー・燃油・駐車場・マドリード空港往復(renfe)
飲食雑費等: 11297円(€104.86)
国内交通費:  2455円
旅費合計:  202963円(円高時調達の107.73円/€で換算)

スペインのレストラン with 各州の風景
マドリード空港から旧市街へ安くて速いスペイン国鉄[Renfe]でのアクセス方法

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スペイン/マドリード:Taberna el Arco

訪問:2015/11/22 19:30
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★★雰囲気★★★★☆CP★★★★★
今回のマドリード旅行の最後の晩餐は、前日入れなかったこの店に出向いた。

外観店内奥から入口側を見る

トリップアドバイザーで海老のアヒージョが食べられる店という事で選んだそうだが、大当たりだった。
食べログではレビュアの傾向から上位店のリスクは概ね読めるが、トリップアドバイザーでは高得点の吟味が出来ないので、当たり外れが大きくなる。

入口のバルコーナーの奥にテーブル席があるとは知らなかったが(ということは、昨日の混雑はサッカーの試合を見る人達が入口付近にたむろしていただけだろうから、奥は空いていたのかもしれない)、当地のディナータイムとしては1時間以上も早い時間ということで閑古鳥。
でも、若いスタッフは非常にフレンドリーで、新しいカフェという雰囲気もあって居心地は良い。

パン

注文を終えると、お決まりのパンがやってきた。
当然課金されると覚悟していたのだが、課金してこなかったのだ。確かにメニューにも表記されていない。
これは、マドリードで食べたレストランでは唯一だ。素晴らしい!

Croquetas de Jamón
Croquetas de Jamón(€4.20/tapa)
Ham croquettes


1品目はお決まりのハムのコロッケ。
揚げ物用のザルに入れた状態で出てきたが、過去何度かこの供し方を経験しているので、当地では珍しくないのかもしれない。

コロッケの断面コロッケの下にはフレンチフライ

お味の方はオーソドックスなものだが(ハムコロッケは、それほど差がでないみたいだ)、クリーム分が多いので好み。
コロッケを取ったら、下にフレンチフライが隠れていた。これも美味。
スペインのフレンチフライは、ジャガイモの種類が合っているのか、美味しいことが多い。(どうもオリーブオイルで揚げてあることも美味しさにつながっているみたい)

Gambas al Ajillo
Gambas al Ajillo(€8.40/ración)
Garlic prawns


お次は、家内のお目当てである海老のアヒージョ。
これは2サイズでなく1サイズでの提供だったが、日本で慣れ親しんだサイズの海老で出てきた。
見ての通り、唐辛子をかなり放り込んであるので辛めだが、ベストではないものの十分満足できる料理だ。


Gambas a la Plancha(€6.50/tapa)
Grilled prawns


最後は、海老のグリル。
こちらはタパサイズでお願いしたのに、大きな海老が4尾も乗ってきたので間違えたのかと思った。

でも、お会計はちゃんとタパサイズで来たので、それだけアヒージョの割高感を感じてしまった。(でも、他の店と同等サイズで安いのだから、このグリルの安さが突出している)

お会計

いや、お値段は安いし、サービスは良いし、居心地は良いし、それなりに美味しいしと、高い割には大して美味しくないマドリードのレストラン巡りの最後に当たりを引いて満足満足。
この店を探し出した家内の殊勲だ。

※メニュー:英語版①

【店舗詳細情報】
店名:Taberna el Arco
電話:917 56 89 14
営業:13:00~24:00(週末は25:00)
定休:無休(?)
住所:Calle de Las Huertas 7, 28012 Madrid
GPS:40.414072, -3.700970




翌日は早朝から空港に移動したので、これで今回の旅はおしまい。

例によって旅費の紹介となるが、4泊6日で1人15万円。3泊した旧市街ど真ん中の4つ星ホテルのジュニアスイートルームを通常ベースのホテルにすれば、13.5万円で済んだことになる。
これに獲得したマイルの価値等を加味すれば実質1人10万円前後。激安ツアーよりも安上がりだ。
じっくりマイペースで美術館鑑賞を楽しめた家内にとっても、価値ある支出になったと思う。

■今回の旅の費用(家内と出かけたので、総額の半分で表示しています)
往復航空券: 96810円(成田<>ヘルシンキ<>マドリード、19949マイル獲得)
現地宿泊費: 37921円(€352.00/4泊)
現地交通費:   560円(€5.20) 空港往復(renfe利用)
飲食観光等: 13973円(€129.71)飲食・観光・雑費
国内交通費:  2826円
旅費合計:  152090円...二人で約30万円(円高時調達の107.73円/€で換算)

※台湾・高雄のホテルから登録しました。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

スペイン/マドリード:El Asador de Aranda(Madrid Preciados店)

訪問:2015/11/22 13:45
評価点:総合★★☆☆☆★★☆☆☆サービス★★☆☆☆雰囲気★★★★☆CP★☆☆☆☆
実質3日目は、朝から家内は蚤の市と王宮に行くと言うので、ランチを一緒に食べることになった。

店頭店内

今度の店は私の選択だが、ホテルの目の前にあった子豚の丸焼きの専門店だ。(と思っていた)

店頭メニューで値段をチェックしたところ、かなりの高級店という印象を受けたが、入口右側にバルコーナーも構えていたので、値段を除けば普通のレストランという感じだ。(後で調べたら、チェーン店だった)

予約なしで入った段階ではガラガラだったものの、2時を過ぎる頃から続々と客が押し寄せて、あっという間に満席。飛び込み客を断る状況になってしまった。この段階では期待がふくらんでいた。

Pan especial
Pan especial(€4.00/2人分)
Special Bread


注文を終えてお願いしたドリンクと共に「注文していないパン」が出てきた。
ここまでの店で、マドリードではイタリアのコペルト方式でパンを出してくると知っていたので、当然無料ではないとは思っていたものの、1人2ユーロも取っている。さすが高級店?

でも、お味の方はまずまず。
メニューにスペシャルブレッドと記されているだけある。

Ensalada(Lechuga, tomate y cebolla)
Ensalada(Lechuga, tomate y cebolla)(€7.00)

野菜不足を痛感していたのでサラダをお願いしたのだが、どうみても頼んだスペシャルサラダと異なるので確認したところ、やはりだ。
これで7ユーロというのだから、この段階で高くてしょぼい店であることを悟ってしまった。

Ensalada Especial
Ensalada Especial(Lechuga, tomate, cebolla, ventresca y huevo duro)(€12.00)
Special Salad


出し直していただいたサラダはこちら。
5ユーロの差で、これだけレベルアップされるのだから、単なるサラダを頼まなくて良かった。
トッピングの細長いものは、チキンハムの類かと思ったものの、ツナだった。おもしろい出し方をする。

お味の方は、まったくもって大味。野菜不足を補う価値しかないだろう。

Cuarto de Cochinillo
Cuarto de Cochinillo(€41.00)
Roast Suckling Pig


お目当ての子豚の丸焼き(ではなく子豚の窯焼きだった)の登場。
店内が中途半端な明るさだったことから、約6千円(!)の皿ぐらいはフラッシュ撮影しても良いだろうと勝手に判断して3枚ほど撮影させていただいた。

Cuarto de Cochinillo

こちらの写真の方が分かりやすいと思うが、皮が意外に厚く、極薄でパリパリという食感は楽しめなかった。
歯が折れるのではないかと心配しながら割って食べるという感じ。
故に美味しいはずの皮目が、まったく美味しくなかった。

子豚の丸焼きの本家であるセゴビア[Segovia]でも食べているが(☞ Restaurante asador El Bernardino)、それと比べると、ちょっと大きい豚という感じで、肉の方も柔らかさが足りず、大枚はたいた割には満足度の低い皿だった。

足の部分

セゴビアの店のレビューでは、足と耳が付いている部分をお見せしたので、こちらでは足の部分をアップで。
皮を無理矢理剥ぎ取って食べる以外に可食部が無く、単に乳飲み豚であることを主張しているだけだ。
セゴビアのものと比べると、やっぱり大きめの足。

子豚を焼く窯奥の壁にある壁画
▲左:子豚は丸焼きではなく、8~16等分ぐらいにカットしてピザ窯のような窯に入れて焼いていた

この店に入る目的は、ポルトガルやセゴビアで食べた「子豚の丸焼き」の再現だったのだが、前述の通り、丸焼きではなくカットした物を窯に入れて焼いていたのを、食べた後に発見してしまった。

てっきり丸焼きしたものをばらして出しているものだと思っていたので、この窯を見た段階で納得。
つまり、勝手な思い込みが生んだ失敗だったわけだ。

お会計ところで、お会計をチェックすると、ドリンク代を二重請求してきた。

Coke light をお願いしたのに普通のコーラを持ってきたので交換してもらったのだが、その分も請求してきたのだ。

まさか、立派なチェーン店がこんなミスを犯すとは思えないのだが、やはりお会計のチェックはどこで食べても必須だろう。

サラダも交換しているので、そちらも二重請求されたら怒りまくっただろうが、すぐに対応して新しい伝票を持ってきてくれたので、とりあえずは「単純ミス」ということで理解しておきたい。

※メニュー:コース前菜生ハム・チーズ・焼き物・サラダデザート・ワイン


【店舗詳細情報】
店名:El Asador de Aranda(Madrid Preciados店)
電話:91 547 21 56
営業:12:00~24:00
定休:月曜日(夜のみ)
住所:Calle Preciados 44, 28013 Madrid
GPS:40.419857, -3.707545

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イタリア/サン・カッシアーノ [San Cassiano]: Hotel Gran Ancëi 2017/07/21
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
イタリア/ヴァレス峠 [Passo Valles]: Rifugio Capanna 2017/07/16
イタリア/San Martino di Castrozza: Hotel Colbricon 2017/07/14
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Ritratti e Sapori 2017/07/12
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Gelateria Il Sorriso 2017/07/12
イタリア/ヴェローナ[Verona]: ヴェンキ [Venchi] Via Cappello-Casa di Giulietta店 2017/07/11
イタリア/ヴェローナ[Verona]: トラットリア・アルポンピエーレ [Trattoria Al Pompiere] 2017/07/09
台湾/桃園空港: 浮雲遊子大餛飩 2017/07/08
台湾/桃園空港: 鬍鬚張(Formosa Chang) 桃園二航店③ 2017/07/07
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ③ 2017/07/07
台湾/高雄・市議會駅: 周記当帰鴨 [周記當歸鴨] 2017/07/06
台湾/高雄・市議會駅: (201)侯記鴨肉飯 2017/07/06
台湾/高雄・西子灣駅: 重慶涼麺 [重慶涼麵] 2017/07/05
台湾/高雄・巨蛋駅: 富民路無名鴨肉麵 2017/07/05
台湾/高雄・西子灣駅: 羅師傅麵食館 西灣店 2017/07/04
台湾/高雄・市議會駅: 三民市場鴨肉飯(三民街無名鴨肉飯) 2017/07/04
台湾/台南: 黄記鱔魚意麺 [黃記鱔魚意麵] 2017/07/03
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒羽田(HND) 2017/07/02
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>