《 訪問国別レストラン一覧 》   

アイルランド(Ireland)個人旅行 レンタカー情報

アイルランド島全体の8割強を占めるのがアイルランド共和国で、通貨はユーロ(€)、道路標識は日本と同じキロメートル単位。北部の2割弱は、つい10年ほど前までは何かと物騒な話題が多かった北アイルランドで、英国ポンド(£)マイル単位。
この両国を3泊5日の強行日程でレンタカーで回ってきた。
ここではアイルランドでの個人旅行者向けドライブ情報を中心に取り上げようと思う。

ダブリンの空港でレンタカーを借り、まず最初にお世話になるのがダブリン郊外を環状に走る高速道路 M50号線。アイルランドの高速道路は基本的には無料だが、一部だけ有料区間がある。その路線の利用価値がもっとも高い区間を有料化して、全体を補おうというスタンスに見えるが、料金自体は今回乗った4区間いずれも €1.90~€2.90 と安い。
しかしだ。ここでレンタカー利用者にとって困難が待ち受けている。それが、今回取り上げるM50線にあった有料区間だ。(空港から南部や西部に向かう場合は、必ずお世話になる地図のA~B間が該当)


大きな地図で見る

何が困難かというと、料金所が存在しないのだ。無線とナンバー読取機で対応し、日本でいうETC登録が無い車は、自分でインターネットサイト(http://www.eflow.ie/)にアクセスし、翌日午後8時までにクレジットカードで支払う必要がある。
つまり、レンタカー利用者は、後でネットアクセスしなけれならないし、自分のPCでなければ共有PCでクレジットカード情報の入力をしなければならない。翌日午後8時までという期限も短すぎる。

電話番号も道路標識に記されてはいたが、相当の英語力が必要だろうから普通の旅行者には厳しいだろう。
また、インターネットサイトには支払い可能場所が多く記されていたが、これらも事前情報無しでは難しいし、ただでさえ時間の少ない旅行者には現実的でない。

この手の有料道路は、豪州でも経験しているが、入り込む前にはしつこいぐらいの注意標識が存在していた。ところが、有料である旨の標識はいくつもあったものの、該当区間に入るまではセンサー方式であるといった事前警告的なものが無いに等しい状態だった。該当区間に入ってから、料金支払い方法の標識がたくさん出ていたので、なんとかURL(アドレス)を記憶して支払うことが出来たわけだ。
ダブリン居住者ならともかく、外国人はもちろん、ダブリン以外に住む人たちにとっても極めて不親切だ。

私の場合はPCを持っていたものの、このためにインターネット接続料金£5.99(≒810円/90分)の支払いまで余儀なくされてしまった。さらに、標識では €2.00 と記されていたのに、ネット支払では €3.00。豪州でもネット払い料なるものを別途徴収されたが、なんだか割り切れない。

アイルランドの人たちは、こんな仕組みに黙って従っているのか疑問だが、余計なコストを掛けずに低料金かつ渋滞を招かない手段で運用するアプローチと考えれば分からないでもない。実際日本と比べて極めて安い通行料金であるという結果が伴っている以上は、無駄を省く効率運用には強権発動も仕方ないだろう。トータルコストを考えれば間違いなく安く済むのは確かだ。(日本の首都高速のように、この方式に近い手段を導入して料金も値上げしようというのは言語道断だ!)

参考までに、レンタカーの約款に、こういった料金や駐車違反等の反則金支払い義務を怠った場合は、該当料金のほかに1件毎に規定手数料を加えてクレジットカードから事後引き落とす旨の記載があるので、無視するわけにはいかない。Hertz での手数料は €25.00 だったので約3千円。馬鹿に出来ない金額だ。

高速道路の料金所手前の標識
▲高速道路料金所手前の標識

M50号線以外は料金所があるが(将来的には全部センサー方式になるかも?)、コイン専用ゲートは無人化されていてお釣りが出ない仕組みになっている。大きなザルに向かってコインを投げ入れるとゲートが開く仕掛けだ。日本でも日光宇都宮道路の大沢料金所に同じアプローチがあるが、お釣りも出るところが日本的で高コスト体質の典型。
この方式は米国でもよく見かけるが、困るのは空港近くにあるとコインを持ち合わせていないことが多いので、お手上げになることがある。アイルランドでは有人ゲートがあるので問題ないが、米国では無いのが普通なので厄介だ。(大昔にデンバー空港の近くで失敗した)

高速道路の交通量は M50号線を含むダブリン市周辺地域を除けば交通量も少なく快適に走れる。
今回利用した Belfast~Dublin を結ぶ M1号線 は、首都を結ぶ高速道路ということもあって、それなりの交通量はあるが、Dublin~Galway 間の M6号線と M4号線は極端に少ない。
M6号線は Google Map では全線が一般道「N6」で表示されているが、最近高速道路として開通したようだ。 ☞ Wikipedia

高速道路の最高速度は 120Km/h。途中で降りて Gort に向かう一般道の N66号線を走っていると、減速せずに大型車がすれ違うのは困難と思える道路に、しつこいほど 100Km/h の標識が立っていて驚かされた。もちろん、そんな速度で走っている車は皆無に等しく、70~80Km/h 程度で流れていた。

こんな道でも 100Km/h の標識! もっと狭い部分やカーブもあった
▲こんな道でも 100Km/h の標識! もっと狭い部分やカーブもあった

普通の人ならそんな速度を出せるわけがないといった逆手に取ったアプローチか? というのも、こんな極端な速度制限としつこいぐらいの標識の立て方は、他では見なかったからだ。ぜひとも、その成果(事故率が上がったのか下がったのか)を知りたい。

目的地に向かう時のルートを事前に調べておけば、主要道路には道路番号標識がかなりの頻度で立てられているので問題ないと思うが、ひとたび脇道にそれてしまうと標識は皆無に等しい状態となった。誤って1本違う道に入り込んだときは、はたしてどこを走っているのか分からなくなってしまい、方位磁石に活躍してもらったぐらいだ。

道路地図は Hertzの営業所でもらえたので、特に事前に用意する必要はないと思うが、細かい部分は Google Map を印刷して持っていくことをお勧めする。私のように年に何回も海外ドライブする場合は、Amazon.co.jp で道路地図を仕込んでおくと便利。洋書部門で「road europe」といった具合で検索すれば出てくるはずだ。もちろん、持っていくのは必要ページだけを切り取って。無駄な荷物は減らそう。

アイルランド共和国北アイルランドの間には国境らしき目印は無かった。
西海岸を北上して N13号線で Londonderry 近くの国境地点を通過した時は、いつのまにか越境していた。標識に記されている最高速度制限値が低すぎるなぁ・・と思って気づいたのだ。キロメートルからマイルに変わったわけだから、約2/3になる。その時、周囲の車のナンバープレートを見たら、全部英国ナンバー。一瞬、越境しては拙かったのかと不安がよぎるほど、しばらくの間英国ナンバーだけだった。
東側の A1号線を南下している時は気を付けて標識類を見ていたが、あったのは税関の案内だけ。もちろん路上に施設があるわけではないので、実態は不明。この時は、国境を越えてもアイルランドナンバーの中に英国ナンバーが多少混在していた。さすが首都どうしを結ぶ動脈だ。


最後に、食べ歩きブログである以上は、食の話題を。ホテルの朝食で出てきたアイルランド料理を簡単に紹介しよう。
泊まったのは、アイルランド側がヒルトンとクラウンプラザ、北アイルランド側がヒルトンと、大手チェーンホテルばかり。それでも、当地名物の豚の血が入った真っ黒なソーセージ(というよりは、太い腸詰ハンバーグという食感)は、ホテル毎に大きさも味もかなり違っていた。ほかに、生のマッシュルームをソテーしたものも必ずあったが、大きさはまちまち。日本のよりははるかに大きいが。
それ以外は、ソーセージが太くやわらかな食感であること以外、欧州や米国での高級ホテル系の朝食と大差はない気がする。違いは好物の焼トマトの焼が非常に甘い(つまり、ほとんど生)というぐらいか。

Crowne Plaza Dublin Airport の朝食
▲Crowne Plaza Dublin Airportのセッティングが一番豪華な雰囲気で良かった

Hilton Dublin Airport の朝食
▲Hilton Dublin Airportの朝食は、やっぱりヒルトンっていう感じ

Hilton Templepatric 朝食の豚の血入りソーセージ
▲豚の血入りソーセージ(サイズ的にもハンバーグだが、周りはちゃんと腸を使っている・・と思う

Hilton Templepatric 朝食のマッシュルームソテー
▲マッシュルームソテーは、ホテルの朝食だけでなくレストランメニューにも有った


in : 2010/5/27 成田[NRT 11:35→16:00 LHR]ロンドン[18:30→19:50DUB]ダブリン
  by 全日空 W(Y)クラス、ブリティッシュ・ミッドランド航空
out: 2010/5/30 ダブリン[DUB14:50-17:50CDG]パリ[20:00→14:40* NRT]成田
  by City Jet(Air France)、全日空 L(Y)クラス

テーマ : 海外レンタカー
ジャンル : 旅行

アイルランド.Dublin:The Chameleon

訪問:[2010/5/29 20:20]
評価点:総合★★★★☆★★★★☆サービス★★★★☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
アイルランドの首都ダブリンの飲食街でもっとも有名な Temple Bar
有名なアイルランドバーの店名を意味するものと思っていたら、そのバーのある地域一帯を指す地名だった。もちろんお店の「Temple Bar」(一種の屋台街になっていた)も覗いてみたが、身動き取れないほどの混雑で退散し、周囲をウロウロ物色して見つけたのがこのインドネシア料理店。店頭だけでなく、ドアにもいっぱい受賞の証が貼りつけられていた。

店頭には受賞の証がいっぱい

旅行先では郷土料理を食べる方針だが、こういった観光客が集まる場所での郷土料理は高いだけで量産手抜料理であることが常なので、直近を含むたくさんのアワードを受賞している店を探したのだ。この店は、ミシュランならぬブリジストン(Bridgestone Best Restaurants In Ireland)で1996年から15年連続して受賞しているし、その他複数のアワードも受賞しているから、前に紹介した過去の栄光で煽る店とは根本的に違う。

ドアにも受賞証が所狭しと 食べた料理は店頭にお勧めとして掲示されていた

店内に入ると、いかにも現地の観光客向けレストランといった雰囲気。ただし、現地のようにオープンエアではなく狭い空間。これは、都心立地だから仕方ない。2階に広いフロアがあるようだが、案内されたのは狭い1階席カウンター横。
テーブルにはナイフとフォークに加え、最初からお箸もセットされている。さらに中央には何やらコンロみたいな器具がデンと構えていたが、席に着くと同時に中にセットされたロウソクに点火。

テーブルセッティング

何に使うのかと思っていたら、その上に料理の皿を置いて冷めにくくするみたいだ。
でも、こんな弱々しいロウソクの炎で、皿の温度をキープできるのだろうか? 単なるパフォーマンスという感じも。

お願いしたのは、店頭にお勧めとして貼られていた7皿コースの Komodo(€25.00)
おひとり様でもOKとのことで助かった。

まず最初に薬味一式。

最初にセットされる薬味一式

ドライココナツみたいなもの、チリソース、醤油系のソース、ピクルスという構成。
料理はこの後に出てきた皿も含めて丁寧にひとつひとつ説明してくれたが、ココナツの部分が聞き取れなかったので予想ベース。

続いて、3品盛り合わせの皿が、例の疑似コンロの上に運ばれてきた。

3品盛り合わせ

手前から順に、
Kari Jawa(A rich flavoursome Javanese Lamb curry)は、タイのグリーンカレーを辛みを抑えてココナツミルクを増強してまろやかにした感じのもの
Babi ketjap(Babi kecap, confit of Fermanagh black poke in star anise、註:Fermanaghはアイルランドの地名)は、ソースだけややエスニック調だったが、中華の豚の角煮という感じ
Satay ayam(Free range chicken satay in our peanut sauce)は、マレー半島でおなじみのサテにインドネシア定番のピーナツソースでいただく
どれも期待以上に洗練された味で、さすがに連続してアワードを受賞しているだけあると思う。

実は、一皿終わって次の皿が出てくるわけではなく、上記3品盛りの写真を撮っていたら次々と他の料理も出てきてあっという間に全品揃ってしまった。ゆっくり時間をかけて食べる店ではないなと。

Cumi cumi goring(Crispy fried squid rings, lightly spiced)は、ちっともクリスピーではない単なるイカリングフライ。確かに少しだけスパイシー。Cumi cumi goring

Wok seared greens(Seasonal Irish greens, toasted sesame seeds, sautéed onions)は野菜炒めだが、炒め物にはあまり適さないと思える野菜が中心であるうえ、ちっともインドネシアらしくなく期待外れ
Wok seared greens

Asinan(A salad of Chinese leaf, with a galangal & shallot dressing)は、上の野菜炒めと同系列の素材だし、ドレッシングもインドネシアらしさが出ていない気がした。
Asinan

Bami goreng(Wok fried noodles with ginger, garlic & beansprouts)に至っては、完全に中華味の焼きそば。どうもインドネシア料理と名乗っているものの、半分は他のアジア諸国の料理に近いものだった。
Bami goreng

上記の料理群にJasmine riceを加え、焼きそばと薬味を除いた全料理を盛った皿がコレ↓
Bami goreng


これと、食べログ側に登録してあるインドネシアで食べた料理の写真と比較してみれば、インドネシア料理とはかなり趣が異なることがわかるだろう。
どうぜ、インドネシアなんてわかるわけないんだから、といった姿勢が見えてきてしまう。

ただし、調理技術水準としては優秀だと思う。インドネシアでもマレー半島でも、ここまで洗練された調理となると、ちゃんとしたレストランでなければ食べられないだろう。

さらに驚いたのは、他の客が頼んでいたビール。
当然、アイルランドを代表するギネスビールだと思っていたら、なんとアサヒの小瓶がデフォルトらしい。

聞いてみると、こちらの人に随分と好評なんだそうだ。日本の瓶ビールをアイルランドで見ることが出来るとは想定していなかったので驚いたが、ある意味純インドネシア料理店ではなく、アジア料理屋であることを示しているような気がした。

何も短期間のアイルランド旅行でアジア料理を食べに行く必要はないと思うが、現地滞在者や長い旅行で出かけている場合は、十分おすすめできると思う。
HPにメニューや受賞している各種アワードの情報など詳細情報が載っているので参考に。


店名:The Chameleon
電話:(01)6710362
住所:1 Lower Fownes Street, Temple Bar, Dublin

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

アイルランド.Doolin:Gus O'Connor's Pub

訪問:[2010/5/28 12:20]
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★☆☆雰囲気★★★★☆CP★★★☆☆
アイルランドのガイドブックで景観の良い場所とのことで必ず大きく取り上げられているモハーの断崖(Cliffs of Moher)は、世界中をあちこちレンタカーで旅している私にとっては、他にもっとすごいところがたくさんあると思えるようなガッカリな内容だった。高い駐車場代(€8.00)を取って立派な施設を作るよりも、自然体で残しておけば良いのに・・と思ってしまった。断崖の上に行けるわけでもなく、かなり欲求不満の観光名所だった。

モハーの断崖(Cliffs of Moher)

目指したのは、そのすぐ隣にある街 Doolin にあるこの店。
恐らく数百人といった程度の人口にモハーの断崖目当ての10軒程度の宿の客が店のターゲットになるのだろうが、あまりにも外観が立派で規模が大きいのには予想外。

O'Connor's 外観

地球の歩き方に「数々の賞に輝いており」などと煽られていたパブだが、そもそもアイルランドにはそういった賞がたくさんあるようで、賞の証を店の前にこれでもかとそれらのプレートを掲げている店が多い。この街でも、遠目で分かるほど十数枚ものプレートを掲げている店が中心部にあったので、こういったガイドブックに(広告料を払っているかは知らないが)掲載してもらうことで繁盛した店ではないだろうか。

Dining Pub of the Year 2002Irish Pub of the Year 2002

やはり、というか「地球の歩き方」の取材能力の無さを痛感した店だ。空港から街に出る個人旅行者には必須の交通機関すらロクに取材できていないガイドブックに、レストランの取材など望む方がおかしいだろうが、なぜ載せているのか不思議なぐらいだ。賞よりも暖炉や古いミシンをテーブルにしていたりする店内の雰囲気を取り上げるのが普通だろう。

店内の暖炉。冬季に使っているのかは不明 古いミシンを転用しているテーブルもある渋い内装

メニューにそれほど魅力的な料理が無いのはパブだから仕方ないが、その中に「Award winning Burren Smoked Salmon(€12.95)」というのが目につき、それをお願いした。
Salmon served with capers and salad. Server with home-made brown bread.と注釈が記されているが、セリアック病に対する注意書き(Bread is not Coeliac friendly)が記されていた。日本では見たことないなぁ。

  


かなり期待して出てきた皿がこちら。

Award winning Burren Smoked Salmon(€12.95)

厚切りのスモークサーモンがたっぷり。ケッパーも日本で食べるものよりもかなり大粒。
早速食べてみたが、ガッカリの味だった。というのも、最近こそ少なくなっているものの、昔の欧州旅行ではスーパーで大好物のスモークサーモンを買って食べていたが、そのものずばりの味だったからだ。
自家製ならもっと塩分が少なくても良いはずだが、これだけの量を塩分強めの味付けでいただくには、かなり頑張らないと難しい。ビールのおつまみだからこれで良いのかもしれないが・・

Home-made brown bread

アイルランドでは普通に出てくるブラウンパンは割と美味しかったが、わざわざ出かけて損した気分になったのは事実だ。

店名:GUS O'CONNOR'S
電話:065-7074168
住所:Fisher St, Doolin, Co. Clare

大きな地図で見る

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

   《 訪問国別レストラン一覧 》   
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 61ヵ国を訪問
42ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
8月:イギリス⑤,アイルランド
8月:台北/台湾
9月:リトアニアポーランド
10月:北東部/ポルトガル⑧、他
11月:北西部/フランス
12月:Stuttgart/ドイツ
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:セビリア周辺/スペイン⑭、他
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
イタリア/コルティナ [Cortina d'Ampezzo]: Ristorante Baita Son dei Prade 2017/07/19
イタリア/コルフォスコ [Colfosco]: Hotel Luianta 2017/07/18
イタリア/ヴァレス峠 [Passo Valles]: Rifugio Capanna 2017/07/16
イタリア/San Martino di Castrozza: Hotel Colbricon 2017/07/14
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Ritratti e Sapori 2017/07/12
イタリア/フィエーラ・ディ・プリミエーロ [Fiera di Primiero]: Gelateria Il Sorriso 2017/07/12
イタリア/ヴェローナ[Verona]: ヴェンキ [Venchi] Via Cappello-Casa di Giulietta店 2017/07/11
イタリア/ヴェローナ[Verona]: トラットリア・アルポンピエーレ [Trattoria Al Pompiere] 2017/07/09
台湾/桃園空港: 浮雲遊子大餛飩 2017/07/08
台湾/桃園空港: 鬍鬚張(Formosa Chang) 桃園二航店③ 2017/07/07
台湾/高雄・鹽埕埔駅:鴨肉本(二老闆の店) ③ 2017/07/07
台湾/高雄・市議會駅: 周記当帰鴨 [周記當歸鴨] 2017/07/06
台湾/高雄・市議會駅: (201)侯記鴨肉飯 2017/07/06
台湾/高雄・西子灣駅: 重慶涼麺 [重慶涼麵] 2017/07/05
台湾/高雄・巨蛋駅: 富民路無名鴨肉麵 2017/07/05
台湾/高雄・西子灣駅: 羅師傅麵食館 西灣店 2017/07/04
台湾/高雄・市議會駅: 三民市場鴨肉飯(三民街無名鴨肉飯) 2017/07/04
台湾/台南: 黄記鱔魚意麺 [黃記鱔魚意麵] 2017/07/03
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:ドバイ(DXB)⇒羽田(HND) 2017/07/02
ビジネスクラス機内食/エミレーツ航空:マドリード(MAD)⇒ドバイ(DXB) 2017/07/01
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
18位
アクセスランキングを見る>>