《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »

アイルランド/ダブリン [Dublin]: Gourmet Food Parlour(Santry店)

訪問:2017/8/12 18:00
評価点:総合★★★☆☆★★☆☆☆サービス★★★★☆雰囲気★★★☆☆CP★★☆☆☆
16泊18日の英国旅行+アイルランド古城ホテル宿泊旅行も、実質最終日。
個人的には英国の高い入場料を払って見る古城やマナーハウスなんかよりも良かったカブラ城をチェックアウトして、適当な道を選んでドライブしたものの、無計画だと見どころ無いなぁ・・(☞ 今日のルート実績

Gourmet Food Parlour Santry

最後の夕食は、翌日早朝発の便に備えて泊まった空港近くのホテルのお隣にあった店。
軽食中心の店で、ディナータイムはタパス表記になっていたうえに、後で調べたらチェーン店だった。

ドリンクは、例によって水道水(Tap Water)だけ。カラフェの水もしっかり冷やされている。
さらに、無料なのに氷とレモンを入れたグラスを出してくれた。これは、カラフェ形式で出す店では日本も含めて経験が無いサービスだ。



Mezze plate(€12.00)
red pepper hummus, herbed feta, tomato & olive tapenade, sundried tomatoes, roast peppers, grilled aubergine, garlic stuffed olives, warm artisan breads


Antipastiからは、プレート物を選んだ。シェアでいただくと言っておいたので、皿もちゃんと2つ用意してくれた。
店名からもメニュー構成からもカフェ系と思っていたが、出てきた皿は予想通りカフェ仕様。きれいに盛られている。



基本は出来合い品を盛り付けただけという感じで、料理として見たら魅力に乏しい内容。



ただし、左の皿にあるペースト類3種類は自家製っぽい。
特に、最近何度も食べる機会のあったフムスは、ひよこ豆の主張が非常に強いもので独特で美味しいし、トマトペーストもペストと合わせると美味。



Slow roast lamb(€11.00)
spiced couscous, beetroot & goat's puree


メインは、Small PlatesとLarge Paltesが用意されていたが、Large側にハンバーガーがあったので、Smallの量は相当少ないだろうと予想できた。でも、食が細ってきているので(半分ウソ)、二人とも Small側からチョイス。



ラムは豚肩ロースの蒸し焼きみたいな味わいで、本当にラムかどうか微妙な印象。
そこに、山羊のチーズとビートルートを合わせた独特なソース(というか付け合せのマッシュポテト代わり)を合わせると、結構ハマる味。もちろん羊系全滅の家内は舐めただけで拒否反応を起こしていた。



Tiger prawns pil pil(€11.00)
garlic, chilli, lime, smashed avocado dip, toast


家内が頼んだ海老のビルピルは、英国側のレストランで隣のテーブルが頼んでいたものを盗み見したのと違って、ほぼスペイン料理の海老のアヒージョ仕様。



これで1500円。ちょっと高すぎ。



アボカドディップ(ワカモーレ)は、普通にいただけるお味。

Gourmet Food Parlour Santry


概して飯の不味い空港ホテルで食べるよりはマシかもしれないが、車が無ければここで食べるしか無い気がするので(徒歩圏の他の店は、もっとダメそう)、適量で腹を満たせばよいかと思う。
部屋に湯沸しポットがあるので、日本からカップ麺持参という手もアリだろう。


※メニュー:Tapas Menu(夜用メニュー)

【店舗詳細情報】
店名:Gourmet Food Parlour Santry店
電話:01-968-5400
営業:8:00~Late(月火は8:00~17:00、土日は9:00~)
住所:Northwood Avenue, Santry Demense, Santry, Dublin D09 P832
GPS:53.404121, -6.242573 (☞ Bing Map



翌日は、朝7時の便でダブリン空港からヒースロー空港を経由して羽田まで、英国航空のビジネスクラスに乗って全行程終了。
航空券代が事実上タダであることと、食に期待できない英国南部ということで食費もかけなかったことが、16泊18日で1人20万円強で済んだ理由だろう。(高額な入城料も、ツーリングパスを購入したナショナルトラスト以外では家内だけにした)
しかし、アイルランド分を除けば家内の趣味である古城・廃城巡りが主目的で、私にとってはおかかえ運転手兼秘書に徹した疲れた旅行という印象だ。もうこんな旅行は無しにしたいと強く思ったのは事実だ。

■今回の旅の費用(注:家内と出かけたので総額の半分で表示)
往復航空券: 23700円(成田>ロンドン>ダブリン>ロンドン>羽田、85000マイル消費)
現地宿泊費: 100977円(£507.70+€116.05+US$35/16泊;うち2食付4泊,朝食付6泊,IHG特典1泊)
現地交通費: 39478円(£258.77+€8.94)レンタカー(英国2週間分のみ)&燃油・駐車場・渡し船
飲食雑費等: 40762円(£190.16+€63.00+4304円)飲食・入城料・National Trust 14日券・雑費
国内交通費:  2446円
旅費合計:  207744円...2人で約42万円+17万マイル消費/JAL

この後は、帰国便のビジネスクラス機内食レポートを2本お届けしてから、今週火曜日に帰国したポルトガル・スペイン旅行を1日1本ペースでお届けしたい。

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

アイルランドの古城ホテル:カブラ城 [Cabra Castle]

訪問:2017/8/11~12(Room Type: Double Room(No.24)、€198.00/朝食付)
評価:総合★★★★☆、味★★★☆☆、サービス★★★☆☆、雰囲気★★★★★、CP★★★☆☆
宿泊:総合5.0、予約個室5.0、建物全体5.0、サービス3.0、CP4.5
HPCabra Castle
Cabra CastleCabra Castle

英国のぼったくり空港税を逃れるためにアイルランドを往復してから帰国することにしたのだが、実質1日だけの観光として選んだのは、物価の高いアイルランドとしては比較的安価に泊まれる立派な古城ホテルだ。

Europcarの会員特典利用で無料でレンタカーを借りて、空港から1時間強(80Km)のドライブでホテルに到着。(☞ 今日のルート実績
ここまで英国の古城やマナーハウスを見てきたが、そこで見てきた平均よりも内装が立派で、ロープで遮られること無くすべてを見たり、椅子やテーブルは使ったりも出来て大満足の古城ホテルだった。

今回は、アイルランド居住15年以上というティファニーカイリーさんのブログ(☞ 素敵!だけど。。。Cabra Castle Hotel(カブラ・キャッスル・ホテル))を参考にさせていただいた。

【インデックス】
城内レストランでのディナー
朝食の紹介
泊まった部屋の写真
宿泊客しか入れない城内の写真
カブラ城 [Castel Cabra] の風景
  



夕食会場は、城内本館側にあるレストラン。(朝食も同じ)



予約しなかったので、窓側席は取れず微妙な席に案内されてしまったが、女性好みの明るい雰囲気の部屋だ。

渡されたメニューを見ると、プリフィックスコースもアラカルトも価格表記が無い。
唯一あったのが、アラカルトメニューの最終部分にあった Price €46.00 と、Minimum Cover Charge €34.50 per person Maximum Two Courses

どう解釈してよいのか分からず、前菜・スープ・メイン・デザートの4皿コースでお願いしたら、しっかり €46.00請求してきたので、メインを肉と魚の2皿にしても同額だったのだろう。
非常に分かりづらく不親切な表記だ。



注文を終えると、パンとバター。



それに加えて、部屋にも置かれていた城のロゴ入りの水。(無料だった)
部屋のと違って、冷えているので美味しい。



Crispy Duck Spring Roll

前菜から家内が選んだのは、鴨の春巻。



味見していないが、中身は中華春巻とかなり違うようで、微妙だったみたい。


Award Winning Hand-made Black Pudding(from Ardee)

私は、入賞したという自家製ブラックプディングを頼んだはずだが、残っている写真はこのサラダだけ。下に隠れていた記憶は無いので、忘れられてしまったのかなぁ。

その時に気付かないのも情けないけど、メニューが置かれていないと何を頼んだのか覚えていられないのだ。



左:Home-made Soup of the Day
右:Tanquery Gin Sorbet

2皿目は、家内はスープ、私はシャーベット。
スープの代わりの選択肢がシャーベットっていうのは、アイルランドでは普通なのだろうか?
お味の方は、忘却の彼方。



Hyssop & Rosemary Crustered Lamb Rack(Irish)

メインは、お得意のラム肉をチョイス。



英国北部で食べたラム肉の美味しさが忘れられないのだが、アイルランド産なのか微妙に違うものの、日本で普通に食べられるオーストラリア産のラム肉よりは断然美味しい。
ただし、ちょっと焼きすぎな感も無きにしも非ず。



付けあわせに別皿で茹でじゃがいもが出てきたが、なんとも大胆かつ大量!



Our Signature Salmon

家内はサーモンを頼んでいたが、生臭くなく(欧州のサーモン料理は、鮮度が悪いのか生臭いことが多いことからの感想)美味しいと。



こちらにも大胆な野菜盛りが付いてきた。



Sticky Toffee Pudding

キャラメルプリンのつもりで頼んだデザートは、全然予想と違うものが出てきた。
これ、プリンって言わないよなぁ。美味しかったけど。


Homemade Ice Cream Slice Terrine

家内は自家製アイスクリームを頼んでいたが、水準低いと一蹴。
確かに、見た目も安っぽい。

いつも採点だけ先に付けてインデックス側にComing Soon!!と書いて先行発表しているが、この時の料理のメモを書き忘れたのか残っていなかったため、曖昧なレビューになってしまったのはご容赦を。旅行終盤の訪問店では、よくあることなんだけど・・


※メニュー:Prix Fixed Dinner前菜メインデザート
  

続いて、朝食の紹介。
メニューから1種類チョイスし、残りはバフェ形式だった。



注文を済ませてから、パンやフルーツを取ってきた。


左:Scrambled Eggs with Smoked Irish Salmon

家内が選んだのは、アイルランドサーモン。
うーん、これが1品チョイスのメニューと考えると魅力無いなぁ。

右側のヨーグルトは、日本で言うプレミアム品のようなお味で美味。



Grilled Kippers

私は、最初に紹介したティファニーカイリーさんのブログコメントでお約束していた「燻製ニシン」をチョイス。
日本の皿の供し方と違って、ライムを手前に置かれたが、ここは日本風に逆に置いて撮影してある。



このニシン料理、マリネしたものは先に登録したリトアニアでもたくさん食べたが、燻製タイプは初めて。

マリネも美味しいが、量をいただけないのが難。その点、燻製だとこの程度の量は楽勝だ。
味は失念してしまったが、ご飯が欲しくなる印象を持ったのは確か。

朝食メニュー


【店舗詳細情報】
店名:Cabra Castle
電話:042-966-7030
住所:Carrickmacross Road, Kingscourt, Cavan A82 EC64
GPS:53.913707, -6.775089 (☞ Bing Map

Recommended Day Trip from the Castle
宿泊した古城ホテル・シャトーホテル一覧
 

【泊まった部屋(No.24 The Wishing Well)の写真】
安い部屋だったにもかかわらず、良い部屋を割り当ててくれたようだ(☞ 本館2階配置図



※あまり好きではないが、夕食中にターンダウンもあった。


▲無料の水は城の名称入りのガラス瓶。最近は少なくなったレターセットも完備。



▲バスルームは超広々。バスタブとシャワーブースが単に別々だけでなく半別室。


 

【宿泊客しか入れない城内の写真】











▲英国だとロープで区切られて触れないよになっているが、古風な椅子にも座れてしまう










▲ここからは向かって右側の棟続きの増設部分で、宴会場とカフェがある。披露宴開催中。






▲城の裏側横にある別の宿泊棟(安い部屋はこちら側が割り当てられる)


▲左:別棟側から城の裏口に通じる通路  右:城の裏口



▲裏口から入ると、緑基調の通路。趣が異なるので、こちらも増築部分だと思う
 

【カブラ城 [Cabra Castle] の風景】

▲正面入口


▲左:子連れ客への注意書き(いいね!)  右:ロビー


▲正面右手の宴会場とカフェ部分外観&入口


▲その右横に別棟に続く道路がある

テーマ : 古城ホテル・シャトーホテル
ジャンル : 旅行

アイルランド(Ireland)個人旅行 レンタカー情報

アイルランド島全体の8割強を占めるのがアイルランド共和国で、通貨はユーロ(€)、道路標識は日本と同じキロメートル単位。北部の2割弱は、つい10年ほど前までは何かと物騒な話題が多かった北アイルランドで、英国ポンド(£)マイル単位。
この両国を3泊5日の強行日程でレンタカーで回ってきた。
ここではアイルランドでの個人旅行者向けドライブ情報を中心に取り上げようと思う。

ダブリンの空港でレンタカーを借り、まず最初にお世話になるのがダブリン郊外を環状に走る高速道路 M50号線。アイルランドの高速道路は基本的には無料だが、一部だけ有料区間がある。その路線の利用価値がもっとも高い区間を有料化して、全体を補おうというスタンスに見えるが、料金自体は今回乗った4区間いずれも €1.90~€2.90 と安い。
しかしだ。ここでレンタカー利用者にとって困難が待ち受けている。それが、今回取り上げるM50線にあった有料区間だ。(空港から南部や西部に向かう場合は、必ずお世話になる地図のA~B間が該当)


大きな地図で見る

何が困難かというと、料金所が存在しないのだ。無線とナンバー読取機で対応し、日本でいうETC登録が無い車は、自分でインターネットサイト(http://www.eflow.ie/)にアクセスし、翌日午後8時までにクレジットカードで支払う必要がある。
つまり、レンタカー利用者は、後でネットアクセスしなけれならないし、自分のPCでなければ共有PCでクレジットカード情報の入力をしなければならない。翌日午後8時までという期限も短すぎる。

電話番号も道路標識に記されてはいたが、相当の英語力が必要だろうから普通の旅行者には厳しいだろう。
また、インターネットサイトには支払い可能場所が多く記されていたが、これらも事前情報無しでは難しいし、ただでさえ時間の少ない旅行者には現実的でない。

この手の有料道路は、豪州でも経験しているが、入り込む前にはしつこいぐらいの注意標識が存在していた。ところが、有料である旨の標識はいくつもあったものの、該当区間に入るまではセンサー方式であるといった事前警告的なものが無いに等しい状態だった。該当区間に入ってから、料金支払い方法の標識がたくさん出ていたので、なんとかURL(アドレス)を記憶して支払うことが出来たわけだ。
ダブリン居住者ならともかく、外国人はもちろん、ダブリン以外に住む人たちにとっても極めて不親切だ。

私の場合はPCを持っていたものの、このためにインターネット接続料金£5.99(≒810円/90分)の支払いまで余儀なくされてしまった。さらに、標識では €2.00 と記されていたのに、ネット支払では €3.00。豪州でもネット払い料なるものを別途徴収されたが、なんだか割り切れない。

アイルランドの人たちは、こんな仕組みに黙って従っているのか疑問だが、余計なコストを掛けずに低料金かつ渋滞を招かない手段で運用するアプローチと考えれば分からないでもない。実際日本と比べて極めて安い通行料金であるという結果が伴っている以上は、無駄を省く効率運用には強権発動も仕方ないだろう。トータルコストを考えれば間違いなく安く済むのは確かだ。(日本の首都高速のように、この方式に近い手段を導入して料金も値上げしようというのは言語道断だ!)

参考までに、レンタカーの約款に、こういった料金や駐車違反等の反則金支払い義務を怠った場合は、該当料金のほかに1件毎に規定手数料を加えてクレジットカードから事後引き落とす旨の記載があるので、無視するわけにはいかない。Hertz での手数料は €25.00 だったので約3千円。馬鹿に出来ない金額だ。

高速道路の料金所手前の標識
▲高速道路料金所手前の標識

M50号線以外は料金所があるが(将来的には全部センサー方式になるかも?)、コイン専用ゲートは無人化されていてお釣りが出ない仕組みになっている。大きなザルに向かってコインを投げ入れるとゲートが開く仕掛けだ。日本でも日光宇都宮道路の大沢料金所に同じアプローチがあるが、お釣りも出るところが日本的で高コスト体質の典型。
この方式は米国でもよく見かけるが、困るのは空港近くにあるとコインを持ち合わせていないことが多いので、お手上げになることがある。アイルランドでは有人ゲートがあるので問題ないが、米国では無いのが普通なので厄介だ。(大昔にデンバー空港の近くで失敗した)

高速道路の交通量は M50号線を含むダブリン市周辺地域を除けば交通量も少なく快適に走れる。
今回利用した Belfast~Dublin を結ぶ M1号線 は、首都を結ぶ高速道路ということもあって、それなりの交通量はあるが、Dublin~Galway 間の M6号線と M4号線は極端に少ない。
M6号線は Google Map では全線が一般道「N6」で表示されているが、最近高速道路として開通したようだ。 ☞ Wikipedia

高速道路の最高速度は 120Km/h。途中で降りて Gort に向かう一般道の N66号線を走っていると、減速せずに大型車がすれ違うのは困難と思える道路に、しつこいほど 100Km/h の標識が立っていて驚かされた。もちろん、そんな速度で走っている車は皆無に等しく、70~80Km/h 程度で流れていた。

こんな道でも 100Km/h の標識! もっと狭い部分やカーブもあった
▲こんな道でも 100Km/h の標識! もっと狭い部分やカーブもあった

普通の人ならそんな速度を出せるわけがないといった逆手に取ったアプローチか? というのも、こんな極端な速度制限としつこいぐらいの標識の立て方は、他では見なかったからだ。ぜひとも、その成果(事故率が上がったのか下がったのか)を知りたい。

目的地に向かう時のルートを事前に調べておけば、主要道路には道路番号標識がかなりの頻度で立てられているので問題ないと思うが、ひとたび脇道にそれてしまうと標識は皆無に等しい状態となった。誤って1本違う道に入り込んだときは、はたしてどこを走っているのか分からなくなってしまい、方位磁石に活躍してもらったぐらいだ。

道路地図は Hertzの営業所でもらえたので、特に事前に用意する必要はないと思うが、細かい部分は Google Map を印刷して持っていくことをお勧めする。私のように年に何回も海外ドライブする場合は、Amazon.co.jp で道路地図を仕込んでおくと便利。洋書部門で「road europe」といった具合で検索すれば出てくるはずだ。もちろん、持っていくのは必要ページだけを切り取って。無駄な荷物は減らそう。

アイルランド共和国北アイルランドの間には国境らしき目印は無かった。
西海岸を北上して N13号線で Londonderry 近くの国境地点を通過した時は、いつのまにか越境していた。標識に記されている最高速度制限値が低すぎるなぁ・・と思って気づいたのだ。キロメートルからマイルに変わったわけだから、約2/3になる。その時、周囲の車のナンバープレートを見たら、全部英国ナンバー。一瞬、越境しては拙かったのかと不安がよぎるほど、しばらくの間英国ナンバーだけだった。
東側の A1号線を南下している時は気を付けて標識類を見ていたが、あったのは税関の案内だけ。もちろん路上に施設があるわけではないので、実態は不明。この時は、国境を越えてもアイルランドナンバーの中に英国ナンバーが多少混在していた。さすが首都どうしを結ぶ動脈だ。


最後に、食べ歩きブログである以上は、食の話題を。ホテルの朝食で出てきたアイルランド料理を簡単に紹介しよう。
泊まったのは、アイルランド側がヒルトンとクラウンプラザ、北アイルランド側がヒルトンと、大手チェーンホテルばかり。それでも、当地名物の豚の血が入った真っ黒なソーセージ(というよりは、太い腸詰ハンバーグという食感)は、ホテル毎に大きさも味もかなり違っていた。ほかに、生のマッシュルームをソテーしたものも必ずあったが、大きさはまちまち。日本のよりははるかに大きいが。
それ以外は、ソーセージが太くやわらかな食感であること以外、欧州や米国での高級ホテル系の朝食と大差はない気がする。違いは好物の焼トマトの焼が非常に甘い(つまり、ほとんど生)というぐらいか。

Crowne Plaza Dublin Airport の朝食
▲Crowne Plaza Dublin Airportのセッティングが一番豪華な雰囲気で良かった

Hilton Dublin Airport の朝食
▲Hilton Dublin Airportの朝食は、やっぱりヒルトンっていう感じ

Hilton Templepatric 朝食の豚の血入りソーセージ
▲豚の血入りソーセージ(サイズ的にもハンバーグだが、周りはちゃんと腸を使っている・・と思う

Hilton Templepatric 朝食のマッシュルームソテー
▲マッシュルームソテーは、ホテルの朝食だけでなくレストランメニューにも有った


in : 2010/5/27 成田[NRT 11:35→16:00 LHR]ロンドン[18:30→19:50DUB]ダブリン
  by 全日空 W(Y)クラス、ブリティッシュ・ミッドランド航空
out: 2010/5/30 ダブリン[DUB14:50-17:50CDG]パリ[20:00→14:40* NRT]成田
  by City Jet(Air France)、全日空 L(Y)クラス

テーマ : 海外レンタカー
ジャンル : 旅行

   《 訪問国別レストラン一覧 》     前の記事 »
プロフィール

R923E

Author:R923E
海外旅行に目覚めて25年。
現在 62ヵ国を訪問
43ヵ国 をレンタカーで走り、
米加豪仏伊独西全州走破
価格は常に税サ込で表記。

プロフィール詳細
RSS RSS

今後の旅行計画
11月:フーコック島/ベトナム
12月:Stuttgart,他/ドイツ
12月:台北/台湾
年越:ペナン,他/マレーシア
1月:レイキャビク/アイスランド
2月:メキシコ
3月:Sevilla,Málaga/スペイン
3月:台湾㉚、ベトナム
4月:マルタ②、イタリア
5月:ポーランド
6月:クロアチア②,スロベニア
7月:イタリア⑰、スイス
8月:台湾
8月:英国⑦,北アイルランド
丸数字:累計訪問回数

国内の食べ歩きはこちら
カテゴリ
最新記事一覧
フランスのシャトーホテル: アヴァントン城 [Château d'Avanton] 2017/11/21
フランス/ポワチエ(ポワティエ)[Poitiers]: Toqué! Cuisine Bistro 2017/11/20
フランス/ニオール [Niort]: La Belle Etoile 2017/11/19
フランス/ラ・ロシェル [La Rochelle]: Les 4 Sergents 2017/11/17
フランスのシャトーホテル: ヴェリー城 [Le Château de la Vérie] 2017/11/15
フランス/ロシュフォール・アンテール [Rochefort-en-Terre]: L'Ancolie 2017/11/13
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Restaurant Gilles 2017/11/10
フランス/サン・マロ [Saint-Malo]: Kouign Amann de Saint-Malo 2017/11/09
フランス/フジェール [Fougères]: Le Haute-Sève 2017/11/07
フランス/ル・マン [Le Mans]: Restaurant Le Beaulieu 2017/11/05
フランス/ラ・フェルテベルナール [La Ferté-Bernard]: Le Marais Café 2017/11/04
ポルトガル/シンファンイス [Cinfães]: Hotel Porto Antigo Restaurant 2017/11/01
ポルトガル/アマランテ [Amarante]: Pardal-Padaria 2017/10/31
スペインの古城ホテル: Parador Castillo de Monterrei 2017/10/30
スペインの古城ホテル: Parador de Baiona(Castillo de Monterreal) 2017/10/28
スペイン/ア・コルーニャ [A Coruña]: A Pulpeira De Melide 2017/10/26
ポルトガル/Viana do Castelo: Pousada Monte de Santa Luzia 2017/10/25
ポルトガル/ポルト・Lavra: O Filipe de Angeiras 2017/10/24
ポルトガル/メアリャーダ [Mealhada]: Churrasqueira Rocha 2017/10/23
ビジネスクラス機内食/英国航空[British Airways]:ロンドン(LHR)⇒羽田(HND) 2017/10/22
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>